すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

ブログらしくつれづれなるままに ~その6

昨日サッカーを見にいけなかったので、今日は朝から夕方までサッカーを3試合観に行ってきました。

FC刈谷の試合と違って黙って観てるだけなんですが、3試合はやっぱり疲れました。
この辺に年齢を感じるのは僕だけなんだろうか・・・

とりあえず今日観て来たのは

1.愛知女子ユース 決勝 名古屋FCレディースvs豊田レディース
2.東海地域リーグ第2節 中京大FCvs矢崎バレンテ
3.   同       春日井クラブvs静岡FC

順を追って感想など。

20070520204330.jpg

今日、一番目立ってた選手。中京大FC14番(赤)本田竜馬選手。
キラーパスと正確なFKで矢崎バレンテを脅かす。
-----------------------------------------------------------------

トップの写真はともかく、とりあえず1試合目は朝10時から口論義で行われた女子ユースの試合名古屋FCvs豊田から。
中学生なんでどうかな?と思いつつも観に行って見ました。
でも決勝なだけあって、実力も近く試合はそこそこ楽しめました。

会場の口論義はかの立てこもり事件の長久手ですぐ傍に有って、行きの際近くを通ったらまだ警察官がなんかやってました。
またマスコミもカメラ持っていましたしヘリも飛んでました。

20070520205211.jpg

口論義公園の入り口

20070520205220.jpg

となりは愛知学院大

20070520205227.jpg

スタンド内。ぼちぼちお客さん(保護者)が。名古屋FCはビックフラッグも出てました。。。
で、名古屋FCの特徴有る声の応援の人も声が聞こえていました。
トップチームでもユースでも来るなんてサポの鏡です。

20070520205531.jpg

グラウンド。天気はいいのですが、芝はめちゃくちゃ。
あと3ヶ月しかない天皇杯県予選でもこの状態だったらやだなぁ・・・

試合は30分ハーフで行われ、結果は2-0で名古屋FCが勝ちました。
全国レベルを狙える愛知県唯一のチームのユースなので順当といえば順当でしたが、豊田も惜しいところまで食い下がりました。
両チームともサイドを基点として攻めていましたが、勝った名古屋は前線の選手の個人能力の高さでより高いチャンスを作っていました。
くわしくはそのうち「女子サッカーを見に行ってみよう~」でやってみます。
気が向いたらですけど(笑)

20070520210459.jpg

名古屋10番(白)片桐を思わせるような俺王ドリブルが魅力

20070520210510.jpg

名古屋(白)と豊田(水色)のキャプテン同士の競り合い

20070520210518.jpg

決定的な2点目を上げ喜ぶ名古屋FCの選手

20070520210525.jpg

表彰式

・・・とここまで見ていたら11時25分。
次の試合は中京大豊田学舎。ほんとは表彰式まで見るつもりは無かったのですが、予想に反して面白かったのでキリのいいとこまで見てしまいました(笑)

20070520214216.jpg

で、中京大学へ移動。

20070520214236.jpg

ちょうど駐車場についたところで12時になり、選手が入場しはじめたところです。
30分で口論義→中京大の移動成功。計画通りでした(笑)

20070520214228.jpg

それはともかく、なかなかいい感じのクラブハウスです。

20070520214643.jpg

人工芝のピッチですが、近くて見やすい観客席もあり一私立大学の持ち物としては贅沢ですね。さすが中京大、金持ってます。

東海リーグの1試合目は中京大FCvs矢崎バレンテ。
去年リーグ3位の矢崎と中京大の2軍、面白そうな試合が期待もてましたが、この日一番の実力伯仲で白熱した試合でした。

中京大は4-4-2(赤)
FW:20,11
MF:35,26,14,2
DF:24,12,27,8
GK:17

矢崎は3-5-2(青)
FW:19,18
MF:7,12,8,17,4
DF:6,3,5
GK:21

試合は前半立ち上がりは矢崎が猛攻。
早いショートパスから中京大ゴールへ迫る。
個人的に前の試合が前の試合だったので、スピードがいつもよりやたら早く感じました(笑)
片や中京大は右サイド裏へのロングボールで深く攻めるがいっぱいな立ち上がりでした。

20070520220255.jpg


20070520220516.jpg


20070520220724.jpg


20070520221532.jpg

矢崎、何度かセットプレーでいいシーンを掴む。

しかし、矢崎の中央・右サイドを中心とした攻めを中京大が早い寄せとパスカットでつぶし徐々にペースを握りだす。
中京大はそこから中盤14番→サイド2番のホットラインを中心に攻め流れを掴んでいく。

20070520220730.jpg

中京大2番のスペースへの早い走りこみがこの試合何度も見られた。

20070520221539.jpg

前半終了間際、矢崎後ろからのアフタータックル。
・・・これが一発退場にはならずFKのみだった。
これが大きかったと言えば大きい。
前半は、このまま0-0で終了。

後半立ち上がり、矢崎がやや優勢に進め、フィニッシュの一歩手前までは行くものの、最後の精度に欠く。
中京大は惜しいチャンスをつくりつつも得点が取れないまま進む。

20070520222127.jpg

このシュートは惜しかったが・・・

20070520222606.jpg

右サイド深くつきセンタリングを上げる。

そして、後半15分に矢崎の選手が2枚目の黄色で退場となる。

20070520222741.jpg

矢崎の選手に退場が命じられる。

11対10となり中京大が優勢になるかと思われた。
実際中盤での14番を中心としたパス回しが活性化しゴールの横を掠めるような惜しいチャンスが続いた。

20070520223137.jpg


20070520223536.jpg


20070520223545.jpg


ただ、そのあたりで点が取れず試合が進み、矢崎が逆に守りをきっちり固めてカウンターと中京大のやっていたようなプランを進めるようになった。

20070520223649.jpg


そして、矢崎は動きが良くなり相手スペースへ侵攻。
膠着していた試合を破り後半37分に得点を上げる。
また後半41分に立て続けに得点を決め試合を決めた。

20070520224104.jpg

20070520224111.jpg

1点目裏へ抜け出し7番ループシュート。


20070520224338.jpg

20070520224346.jpg

20070520224353.jpg

2点目、左サイドをえぐり、中央8番がシュート。

20070520224513.jpg

試合はそのまま終了
中京大FC 0-2 矢崎バレンテ
となった。


3試合目は春日井クラブ(緑)vs静岡FC(白)との対戦。
前半0-4、後半0-1、計0-5で静岡FCが快勝。
フィジカルの強さ、フィニッシュの精度がやはり上で前半で勝負ありました。春日井クラブも最終ラインでの厳しい守りなどはありましたが、少しのミスをきっちり突かれ失点を重ねてしまいました。
後半途中からかなりだれてしまいましたが、静岡の監督が最初から最後までテクニカルエリアで声を張り上げていました。
特に途中から入った3番「吉岡~!!!」の連発にはなんとなく笑ってしまいました。

20070520225435.jpg


20070520225408.jpg


20070520225419.jpg

この試合目立っていたのは静岡9番清野、さすがに元Jリーガー。

20070520225426.jpg

1点目春日井GKが前へ出てはじいたボールが後ろのフリーの静岡の選手へ・・・ヘッドで先制。

20070520225724.jpg

この4番山田も守りのリーダーとしていいプレーを見せていました。

20070520230409.jpg

静岡FCの監督。最初から最後まで声を張り上げていました。
「ココ大事」も何度かあって・・・・どこが大事なんだよとつっこみたくなりました(笑)


こんな感じでこの日は終わりました。
今日の満足度は
2試合目>1試合目>3試合目
3試合目は力の差が有るかなと最初から思って静岡の現状を見ておこうかなと思ってたのでまぁ致し方なし。
2試合目が試合として一番面白かったなぁ。


そして中京大の試合のときに東海リーグパンフレットも打ってました。
でも・・・コレすごい売り方だ(笑)

20070520230942.jpg

学生がビデオ撮ってる横にパンフが置いてある。僕ともう一人パンフ買ってました。

それでこの時に名古屋の選手も見に来ていました。
(あのUCCの練習着着ていました)
最後の試合にはいなかったなぁ。

20070520230757.jpg

学生が本田じゃないかといってたけど・・・誰?

20070520230949.jpg

中京大の元サッカーグラウンドのあったところ。
昔見たときは土のグラウンドで現在のグラウンドとは別のところにありました。
今はそこにあの「アイスアリーナ」が建ってました。

・・・・金持ってるなぁ。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク