すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007 JFL前期第11節 vs 佐川印刷 (AWAY 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)

佐川印刷 0-1 FC刈谷



「結果はOK!」




この試合もなんとか勝ちました。
試合内容はフィニッシュまであまり持っていけず、よろしくなかったですが勝点3という結果が出たので良しとすべきでしょうか。
秋田選手が審判のミラクルジャッジで2枚黄色を貰ってしまい次の試合出場停止。
次の試合正念場ですね。

20070513223624.jpg

秋田の突破から貴重なゴールを奪う。

20070513223613.jpg

勝利し喜ぶ選手達。
-----------------------------------------------------------------

この日は雨が心配されましたが、蓋を開けてみれば天気はぐんぐんよくなり試合中は日差しがかなりきつかったです。

20070514201335.jpg

こんな感じ。


メンバー表
スタメンはケガをした伊藤に代わって平林がFWに入った以外は先週と同じ。

20070514201746.jpg


サブに中山、宮田、小林、酒井、西村、盛田。
スピードスターが揃う。

20070514203622.jpg

記念撮影


FC刈谷は試合前半、中央から攻める。

20070514203936.jpg

立ち上がりこそ平林、加藤を中心にして攻めるが、佐川印刷の堅い守りに攻めあぐね次第にペースを失っていく。
特にサイドからの効果的な攻めが無く、中央からが多い。
伊藤が居ないせいか、前線でボールがキープできていない為サイドの上がりが今ひとつ。左サイドはまだしも(すごい良かったわけではないが)右サイド高橋がかなり消えていた。

20070514204931.jpg

左サイド、ボールに絡む加藤と秋田。

20070514214235.jpg

左から何度か攻撃参加した原賀。

そうこうしている内に、流れが佐川印刷に移り秋田なども守備に回る時間が増えた。
そのため、一層攻撃に迫力が無くなる。
また集中力を切らしたようなシーンも少しあった。
しかしながら、佐川印刷の方もクロス精度の無さやFWの決定力の無さ(枠にいかない、力の有るシュートが無いなど)で刈谷を攻めあぐねていた。

20070514205544.jpg

エリア内で守る浮氣。

20070514205552.jpg

シュートを取る来栖。

結局両チームとも無得点のまま前半は終了した。


FC刈谷はハーフタイムに平林→中山と交代し、中山のスピードで相手を揺さぶりに行く。
後半に入ると刈谷の攻める時間が増え始める。
中山、加藤、秋田、高橋らが前へ前へと行き始める。

20070514210601.jpg

後半は高橋の右サイドの攻撃も活発化。

しかし、この日の後半目立ったのは審判。
セットプレー時の接触は全てファールで守備側ボール。
守備側にファールがあって攻撃側がボールを保持していてもプレーを止める。
遅延行為の取り方もめちゃくちゃ。
右側の線審もあいまいな判定で自信なさげにジャッジをする。

こうしたことからだんだん試合が荒れていった。

20070514211936.jpg

この日のセットプレーはちょっと接触が有るとすぐファール。
あんなんじゃCKなんてできない・・・

20070514211925.jpg

後半19分、佐川印刷側にファールがあり、セットプレー時に遅延行為があったとして19番が黄色2枚目を貰い退場。審判に怒る印刷19番。

そして刈谷は後半25分に篠川→宮田でさらに攻撃に出る。
そして後半30分、左サイドからボールが出て中央ボールの奪い合いから秋田が奪いゴール前切れ込みシュート。
相手DFに当たりそのままゴール。待望の先制点を挙げる。

20070514221010.jpg

20070514221024.jpg

20070514221048.jpg

20070514221102.jpg

20070514221121.jpg

20070514221132.jpg

20070514221144.jpg

20070514221154.jpg

20070514221205.jpg

20070514221217.jpg

監督と抱き合う秋田に駆け寄る選手達。


しかし、ゴールを挙げたその後トラブルが。
後半33分、秋田選手がオフサイドの判定のあとシュートを打って遅延行為をしたとして黄色2枚目で退場に。

20070514222054.jpg

この時点では判定が出てないのでGKと秋田は本気モード。
この後秋田はシュートを打つ。

20070514223200.jpg

しかしそれが遅延行為、審判退場を命じる。
ブービートラップみたいだ・・・

スタンドから見ててもオフサイドは判ったものの、線審の旗を上げるのが異常に遅かった。
そのため秋田が線審の方を見てからシュートを打ったのだが遅延行為ととられてしまった。
秋田選手に試合後聞いても「線審が上げてなかったので打った」とのことだったので、あまりにもずさんな審判であったと言える。

ただ、10対10となったものの、ここをFC刈谷は最後まで守り抜き勝利を収めることが出来た。
後半43分に加藤→康平と代え冷静に守りを厚くしたのが大きい。

20070514221955.jpg


20070514223356.jpg

挨拶に喜びながら来る石橋

20070514223346.jpg

喜ぶ選手達

20070514223519.jpg

試合は後半荒れまくったものの相手のシュートを1本に抑えた。
コチラも前後半4本ずつの計8本しか打ってないが。
ただ、両チームとも最後のところが堅かったので途中までは点の入りそうな気配がホントになかった。

秋田の次節出場停止は痛いけど、監督は「疲れもたまっているのでいい休養になる」とのこと。
中盤に戻ってからゴール量産の選手なんで大切に使って欲しいし、そういう意味では監督の言うとおりかなと。
次節は他の選手、特に平林選手の真価が問われる試合になりそう。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク