すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007 JFL前期第7節 vs HondaFC (AWAY Honda都田サッカー場)

HondaFC 1-3 FC刈谷



「初勝利!!!」




今シーズン初勝利と都田での初勝利です!!!
立役者はやはり秋田!前線でいかんなく存在感を見せてくれました。

20070422204048.jpg

前線で攻撃の基点、かつ前からのチェイス。
攻守に走り回り2得点と勝利に貢献した秋田。

20070422204527.jpg

喜ぶ選手達。

20070422204534.jpg

牛丼”復活祭”のタオル(笑)を広げて喜ぶ加藤。
---------------------------------------------------------------

天気は曇り空。今にも降り出しそうな雨。
朝っぱらから個人的に大変な目にあい、やってきた遠征先都田。
さすがに日本でも屈指のサッカースタジアム。
ピッチの近さはいやがうえでも盛り上げてくれました。

20070423204746.jpg

メインから取ったバックのアウェー応援席。

20070423205145.jpg

ちなみにバックから撮ったメイン。手前の白線はタッチライン。
普通にこの距離で試合が見られます。都田はすごいなぁ。

FC刈谷のスタメンは

    加藤  伊藤
 
     秋田
 篠川      高橋
   西原  日下

 原賀  浮氣  石橋

     来栖

メンバー表だと秋田がFWに入っていましたが、位置的にはトップ下の
感じでプレーしていたと思います。
FC刈谷のメンバー表のフォーメーションはあまりアテにならないので有名ですから(笑)

20070423205949.jpg

メンバー表です。

20070423210143.jpg

入場・・・今回はチアガール無しです(涙)
パッサーロはいいっての!(爆)

前半、Hondaがやや優勢な感じで試合を展開。
サイドを中心的に攻めてきて、両サイドを鋭く突いてくる。
しかし刈谷は中盤の両サイド高橋や篠川、DFの両ストッパー石橋と原賀らがきちんと対応。決定機をあまりつくらせませんでした。

20070423214336.jpg

空中戦、競る原賀啓輔。個人的には前で使いたいんだけど。

20070423214346.jpg

出停明けの石橋。スピードがありかつミスも少ないので安心して見ていられます。

20070423221109.jpg

ボランチ西原と後ろが日下。

時折サイドからセンタリングまであげてはいましたが、中央の攻め上がりが遅かったりあまりHondaらしくない場面も見られましたが・・・
また、Hondaは遠目からのシュートが多く見られました。

そしてFC刈谷の攻めはビルドアップが早いパスのカウンター攻撃や秋田らのアクセントをつけたポストプレーからの攻撃など、バリエーションを見せてくれていました。

試合は前半17分刈谷が先制。
中央バイタルエリアでパスを受けた高橋がキープし、後ろからエリア内に走ってきた日下にパス、そしてそのままシュートを逆サイドのサイドネットに突き刺しゴールを決めました。

20070423215830.jpg

20070423215842.jpg

20070423215857.jpg

20070423215910.jpg

20070423215918.jpg

20070423215926.jpg

キレイに左隅に!!

こういう、後ろからの攻め上がりによってためを作った選手からのパス→シュートという形はとてもいい形です。
コレが出来るならホームでも点は取れるはず!

このままいけばいいのですが、前半31分にまたもCKからセットプレーで押し込まれ同点に追いつかれました。

しかし、この日の刈谷は前半の最後に勝ち越します。
43分秋田選手がドリブルで持ち込み、DFの間隙を抜いて見事にゴール。追加点を取りました。

20070423222557.jpg

20070423222606.jpg

20070423222618.jpg

20070423222627.jpg

20070423222640.jpg

見事ゴール!

20070423222652.jpg

抱きあって喜ぶ選手達。

前半はこのまま1-2でFC刈谷リードで折りかえしました。

後半は特に選手の交代無くスタート。
前半から刈谷は選手全体が良く動いてはいましたが、後半試合が進むにつれ全体が動けなくなっていきました。
そのため、だんだんラインが下がりだしエリアギリギリのところで守ることが増えていきました。

20070423224216.jpg


20070423224406.jpg


そして、攻めは最終ラインからのカウンターが増えていって前線が長い距離を走ることが増えたため決定的な形が出来てこなかった。

20070423225017.jpg

サイドを疾走、篠川。

20070423225031.jpg

加藤ロングボールを追って走る。

20070423225554.jpg

こういう伊藤のシュートもありましたが・・・

ただ、Hondaの方もいつもの出来ではなく、サイド攻撃のみといったところに苦しさが見えていたところ後半35分に相手選手に退場者が出ました。
そして、その2分後小林のFKから相手GKがキャッチミス
そこを秋田が押し込み追加点。勝負がほぼ決まりました。

20070423225355.jpg

小林のFK

20070423230149.jpg

それをこぼして・・・3点目

この後宮田がラフプレイで退場してしまいましたが、試合はそのまま終了。勝点3をとることが出来ました。
20070423230411.jpg


HondaはDFが若干不安定で、早い攻撃にてこずっているようでした。そういうところを見てもいつも”らしさ”は影を潜めていました。
ただ、それを差し引いてもこの試合に勝った意義はとても大きいと思います。
昨年の首位に点を取り、かつ勝つことで選手が自信をもってプレーすることが今後の下位対戦で期待できるからです。
今後の試合にもこの日のように戦っていただけることを期待したいです。

20070423230939.jpg

公式記録。シュートは打たせていますけど、あまり決定的なのは無かったかな。


20070423231138.jpg


20070423231124.jpg

最後に喜ぶ選手達
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク