すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

後期17節 vs 佐川急便東京SC (AWAY 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場) ~その1~

最終節
佐川急便東京SC 1-1 FC刈谷


前期2節、ホーム開幕戦で0-6と大敗した相手によくやったかと。
しかも現在21試合無敗、8連勝中だったということも加味すれば。
押し込む時間も有り、勝てるゲームでもあったが。

20061204232224.jpg

中盤の底で攻守に活躍。浮氣不在の穴をきっちり埋めた酒井康平
------------------------------------------------------------
試合前
20061204234652.jpg

栃木戦以降「闘志なき者は刈谷を去れ」断幕をはずして3連敗。
勝てる試合を落とし続け、開幕権を逃した。
今回最終戦にあたり、相手の佐川東京ラストゲーム、最後の最後で無様な試合をするわけにはいかないので断幕を掲げた。

メンバー表
20061204235308.jpg

メンバー表を見て愕然。
審判「北村央春」・・・・最後の最後で北村・・・・・
行きのバスの中でホームのロック戦、西村退場など不可解判定をビデオで見ながら来ていたので、なんというめぐり合わせかと思った。
それで、試合前スタジアムのアナウンスで審判の名前が出たとたん、佐川東京サポ側からブーイングが。
どうも向こうも痛い目に合わされているらしい。
ただ、こちら側は、ブーイングせず「北村」コールで持ち上げる大人の対応(笑)
試合中も全員で不可解判定にも「(北村の)挑発に乗るな」「持ち上げろ」などなどで対応した。
ソレが功を奏したのかどうか判らないが、試合のジャッジは刈谷よりだったように感じられた。

そんな流れの中試合開始。
20061205000111.jpg



20061205000601.jpg

最初から刈谷は相手に厳しく寄せて守る。
攻撃もいつもの形で前線の選手にボール入れ、パスを回して展開。
相手ゴールに迫る。

20061205000613.jpg

中でも調子がよかったのが先発出場の宮田。
キレの有る動きで先制点を演出する。
前半16分。
左から伊藤→秋田→加藤→宮田とパスが渡り、宮田がうまく相手DFをかわしてシュート。先制点を上げた。

20061205002821.jpg

20061205002830.jpg

20061205002838.jpg

20061205002847.jpg

20061205002858.jpg

20061205002907.jpg


しかし、この後落とし穴。
わずか1分で同点に追いつかれる。
クリアボールを取られやられてはしまったが、集中力がかけていた感が否めない。
この辺りは来年の課題といえる。
20061205003159.jpg

選手・サポ呆然。

この後もシュートシーンなどのチャンスを両軍共に作る。
若干、佐川東京の方が多かったが、頼みの大久保がこの日ブレーキであった。
20061205003801.jpg

宮田のシュート。ナゼか本数に計上されず。

20061205003812.jpg

20061205003823.jpg

20061205004225.jpg

伊藤、厳しい体制からシュートも枠を外す。

20061205004237.jpg


20061205005110.jpg

原賀、ゴール前ヘディングでクリア。
この日、DFラインではゴール前でギリギリのクリアなど一番貢献した。

前半は、両軍なんとかしのぎきり、1-1のまま後半へ。


更新は後日行います。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク