すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

後期14節 vs Honda FC (HOME KARISO(刈谷総合))

FC刈谷 1-2 HondaFC


惜しいところまではいきました。
けれどさすがはJFLの盟主、簡単には勝たせてもらえませんでした。



「来季こそは勝つぞ!」




vsHonda1.jpg

相手DF13番のクリアボールに加藤が足?を差し出したところボールがふんわりゴールに吸い込まれ一旦は同点に追いついたが・・・・
----------------------------------------------------------------
曇り空の中、スタジアム外ではキックスピードを測るイベントや、踊りのイベントなど盛りだくさんの試合前は良い雰囲気に包まれていました。

vsHonda2.jpg

試合前の踊りイベント。


20061119223427.jpg

メンバー表

FW:伊藤、中山
MF:日下、篠川、加藤、秋田
DF:吉田、西原、西村、原賀
GK:来栖

サブ:ルーカス、小林、岩元、酒井、宮田

vsHonda3.jpg

記念撮影

日下、篠川、加藤の3枚トップ下に秋田のボランチというような感じで始まった前半。
試合は戦前の予想通り、Hondaがボールをキープして攻める割合が多かった。
シュートなども打たれはしたが、エリアぎりぎりの所で踏ん張り跳ね返す刈谷。
決定的チャンスがいきなりFC刈谷に訪れる。
前半7分過ぎ
ゴール前クリアし、カウンターから篠川→伊藤とわたりGKと1対1絶好のチャンスを作った。

vsHonda5.jpg

vsHonda6.jpg

vsHonda7.jpg

vsHonda8.jpg

vsHonda9.jpg

絶好の大チャンスを逃してしまう・・・

それからも、Hondaが攻め懸命に守る刈谷というシーンが多かった。
vsHonda10.jpg

前節、今節と徐々にサイドバックに慣れつつある原賀。
懸命なDFが好感。監督も前節試合後、働きを評価していた。

守る中で切れ味鋭いカウンターで時折チャンスを掴んではいた。
vsHonda11.jpg

右サイドを切れ込んだ中山のクロスに合わせヘディングを打つもGKに取られてしまう。

そして前半25分、中央、DFからの裏へのフィードに相手FWがいち早く反応、裏へ抜け出しシュートを見事に決める。
vsHonda12.jpg

vsHonda13.jpg

ゴール左隅へきっちり決められました・・・

その後、クロスバーに2度ほど助けられながらも34分に同点に追いつく。
vsHonda14.jpg

この助けられた後、すぐ同点になったが・・・
36分、DFの隙を突かれあっという間に勝ち越されてしまう。

vsHonda15.jpg

vsHonda16.jpg

右サイドの選手が中央へ切れ込みシュート。
吉田が前に出てボールを奪いに行ったスペースにボールを出され、西原がカバーするもかわされ中央に切れ込まれる。そのスペースを埋め切れずに失点した。

前半は1-2で折り返しとなる。
vsHonda17.jpg


後半、FC刈谷は何度か攻めるシーンは見せるものの、相手の巧みなディフェンスの前になかなかシュートまで持っていかせてもらえないシーンが目立つ。
Hondaも後半はそれほど攻撃の厳しさがなく、追加点の無いまま試合はすすむ。
vsHonda18.jpg

vsHonda19.jpg

赤い壁が最後の最後で行く手を阻む。

vsHonda20.jpg

相手にフリーで打たすも
vsHonda21.jpg

来栖キャッチ

vsHonda22.jpg

エリア左からシュート
vsHonda23.jpg

GKきっちりキャッチ

後半15分に篠川→酒井
後半23分に中山→宮田
速めにカードを切るも戦況は回復せず、どっちつかずの展開。
Hondaが後半雑だったともいえるが・・・

vsHonda24.jpg

これはブロックした。

後半42分日下→小林
小林ボランチなんてのも出たが
vsHonda25.jpg


vsHonda26.jpg

結局1-2で押し切られてしまった。
さすがはHondaという感じ。
前期の試合の様に手立てなく敗れたわけでなく、何度かチャンスも作り相手の試合にはさせてはいなかった。しかし、DFの巧みな体の使い方を始めとした技術、最終ラインでのほころびを作らない寄せの早い組織、2点目のときのこちらのDFが前に出て空いたスペースをきっちりついて得点するなど、取れるところできっちり取る試合巧者ぶりは健在だった。
逆に言うと刈谷は失点を防ぐ為に最後誰が空いたスペースを埋めるかなどのところが最後の最後しっかりできていなかったとも言える。
守備意識の強い浮氣、もしくは酒井なら埋められたかもしれないがたらればになってしまう。出ている選手がみんなでやらなければならなかったが・・・
残り3試合絶対に負けられない、特に次節は来季の開幕権をかけた順位を左右するアルテ高崎と直接対決。
ここが本当の踏ん張りどころ。絶対に勝って10位以内を!

20061120000105.jpg

公式記録
シュート本数は6本。少ないです。この辺の数字にきっちりでるなぁ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク