すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL入れ替え戦第1戦 vsツエーゲン金沢(AWAY 津幡運動公園陸上競技場)※更新しました

ツエーゲン金沢 1-0(0-0、1-0)FC刈谷


勝負どころで決め切れず・・・


今年度を象徴するような試合。
前半は刈谷が完全に攻勢。金沢を押しこんで決定機を何度か作った。
後半、立ち上がりに相手に攻められセットプレーから数少ないチャンスを生かされた。
その後、引きこもる金沢を攻めあぐね焦りから決定機を作れない今年の弱い刈谷がかげを見せた。
結果相手の倍以上のシュートを放ち、完全にポゼッションで上回りつつも敗れてしまった。
土曜日は何が何でも勝利が求められる。
残留をかけた最後の闘いで自分たちのサッカーをやりきれるか・・・

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢1
前半20分ごろディフェンスの間をスルーパスで抜けカンがGKと1対1でシュートを放つもGKに止められた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢2
前半35分過ぎ、中山が倒され得たFKを日下が蹴るもクロスバーに当たる。
絶対的なチャンス2つを生かしきれなかったのが痛い。

公式記録
公式記録。
試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢3
天候は曇り。
最初はそれほど寒くなかったものの、後半に入ると冷えてきていた。


フォーメーション


  中山 大石 カン

   日下  高橋
     西原

篠川 石川 斉藤 庄司

     山本

サブ:河合、小林、酒井、加藤、森山、アマラオ。

琉球戦の時と比べてややメンバーを変えてきた。
最後に勝利したメンバーで極力やる方がよかったと思うが・・・特に加藤や小林の出来は良かっただけに。
結果論ではあるが・・・

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢4
入場シーン

試合は前半立ち上がりから刈谷が攻める。
戦前は地域決勝で見た金沢の出来と、リーグ戦終盤の刈谷の出来を考えれば十分に想定できる範囲内の試合内容がそのまま表れた。
個人技のみで押す金沢はビルドアップもパスミス連発でつながらない。
方や刈谷はパスをつないで、前線の速い選手を使って相手をかき乱す。
スピードのないDFラインを攻め立てスペースをついてチャンスをうかがう。
カンや中山、庄司ら味方がボールを持ったら前へ前へ走り出す。
その対応に金沢守備陣がだいぶ混乱している模様。
あまりにも想定通りの試合に、金沢は様子を見ているのではないか?とかいろいろいぶかってしまう状態だった。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢5

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢7
立ち上がりから攻める刈谷。ボールを前を向いて持つとそれに呼応するかのように何人もの選手が走り出す。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢6
前半10分中山のシュート。中山にマッチアップしたのが相手の8番サイドバックビジュ。完全に中山に翻弄されていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢9
CKでクリアする金沢。相手GK木寺はかなり当たっていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢8

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢16
左サイドバックで出場篠川。左サイドは中山はじめ相手DFのスピードのなさをついてかなり押しこんでいた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢10
FW大石。くさびとなり攻撃の起点としてプレーして相手のプレッシャーに負けず味方にボールを落としていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢12
FWで出場カン、前半惜しいシュートがあった。また相手のDFをスピード豊かなドリブルなどでゆさぶった。
後半19分で交代したが、一番プレーで得点の匂いのあるプレーをしていたと思う。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢13
攻める刈谷に守りを固めてくる金沢。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢14
前半40分過ぎドリブルで切り込んでシュートする庄司。
サイドバックで出場だが、前半は相手のマッチアップした選手に負けずに押し込んでいた。
相手のサイドの選手のドリブルに何度か手を焼いていたが、だいぶ良かった。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢15
上のシュートをはじかれた後さらに篠川がこぼれをシュート。これも阻まれる。
決定的チャンスをいくつか作るものの物にはできず、相手GK・DFに阻まれたりして結局0-0で折り返しに。


後半は選手交替なしでスタート。
今度は立ち上がり、金沢がエンジンを入れ替えてくる。
厳しい寄せで刈谷にプレッシャーをかけてきてボールを奪い、刈谷陣内で試合を進める。
刈谷は前半あまりにも自分たちのペースで試合が進んで油断したか、ペースが落ちていた。
後半7分、CKから後ろへ戻されたボールに相手の選手がシュート。
それがそのまま入ってしまい、金沢が先制点。
トルシエジャパンがよくやっていたトリックプレーにしてやられた。
試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢18
後半立ち上がりはじいて出す山本。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢19
ボランチで出場西原。攻守に球際に来ていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢20
後半7分相手右CKからボールを下げられ後ろからシュートを打たれる。


失点後刈谷は立ち直りの兆しを見せるも、金沢は自陣に引きこもりスペースを与えてくれない。
またボールは持つものの、うまくいかない焦りからかプレーが雑になりだす。
シュートも無理やり打って正面へいってしまうか枠を完全に外すか。
ほとんど得点の臭いがしない、いつぞやの刈谷の内容だった。
試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢22
守りを固めてくる金沢。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢24
金沢陣内での刈谷ボールホルダーには厳しく来る。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢23
時折カウンターで人数をかけずに攻めてくる。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢21
中盤で出場日下。惜しいFKがあったが・・・

また、後半になると主審のファールをとらないジャッジに金沢のプレーが荒くなり、レイトタックルやハンドなど見逃し放題に刈谷の選手が削られたりしていた。
試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢25
レイトタックルでこの後倒れる石川。

こういったジャッジに恵まれないところも今年を象徴してしまっていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢32
センターバックで出場石川。機を見て攻撃参加したり精力的に動いていた。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢27
高橋のシュートに詰める大石。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢29
中盤で出場高橋。2戦目は攻める意味でもボランチで出てほしいところだが。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢28
後半40分ごろ斉藤のヘディングシュート、枠をかすめていく。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢26
センターバックの斉藤。相手FWにふりきられてファールを与えてしまうところもあったが、その他は見せ場が少なかった。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢30
結局、終始守りを固められ焦って攻めてシュートしたりして効果的な攻めがないまま、そのまま1-0で敗れてしまった。

試合入れ替え戦第1戦vsツエーゲン金沢31
最後の挨拶。


形的には前半0-1で折り返しとなった。
相手のプランどうりになってしまったというところ。
次節ホームで何とか挽回してほしい。
さすがに相手も残り90分引いて守ってくることは考えにくい。
ホームでの試合の前半45分のうちに何が何でも1点取って追いついておきたい。
少なくとも、チームの総合力は間違いなく刈谷の方が上。
やれることをきちんとやれば出来ると思う。
また、こういった高い緊張感をもつ大一番ではやはりベテランの加藤などを使って欲しいところだが・・・
勝負は土曜日に決着がつく。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク