すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL後期第15節 FC刈谷 vs 三菱水島FC(HOME ウェーブスタジアム刈谷)

FC刈谷 3-1(2-0、1-1)三菱水島FC
得点者:カン(前半20分、前半37分)、森山(後半29分)


内容に差が。


結果だけ見れば快勝。
後半に入って2点のリードからか相手に合わせたような試合運びをしてしまったのが残念。
相手は最下位を突き進むだけあって、攻守ともに精彩を欠いていた。もっと内容で圧倒していい。
寄せが厳しいわけでもなかったから、ワンツーのパスをもっと出していってもよかったし、安易なロングボールをただ放り込むなんてのはもったいなかった。
ジェフ戦の時ぐらいの内容であったならもっと点差がついていたと思う。
ただ、先制、追加、ダメ押しが出来たのは良いとすべきか?
入れ替え戦の可能性がある以上、内容にはもっとこだわって結果も欲しいところ。

試合vs三菱水島1
この日2得点のカンヒョイル。先週も今週もドリブルのキレはある。このままの調子を維持して欲しいところ。

試合vs三菱水島2
後半29分、FC刈谷3点目。代わって入った森山がファーストタッチでゴールを決める。

試合vs三菱水島3
最後全員で万歳。いつのまにか100試合も出場の篠川。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
試合vs三菱水島1-1
この日の天気は良好。日差しが暑いくらいだった。
ただ、前日からの雨でピッチには水がたまっていた。

フォーメーション

   カン  大石  石川

     日下   高橋
        西原

庄司  内薗  斉藤  松元

        山本


前節と同じフォーメーション。
サブも同じメンバーに中山が加えられた。

試合開始、前半からFC刈谷の方が相手陣内で試合を展開することが多い。
水島はボールを回して来たりしているものの、効果的でなく刈谷守備陣を振り切れていない。
山本が時々飛び出してボールをさわれない事や相手を倒してしまったりしたものの、フィニッシュにまでは行かせていない。
また、守りに関してもチェックが厳しいわけでも、組織的に守ってくるわけでもなく微妙に穴がある。
そのため、刈谷がいつものようにやろうとしているものの相手陣内で試合を進める格好になっていた。

試合vs三菱水島2-1
滑り込んで防ぐ斉藤。

試合vs三菱水島10
水しぶきがいろいろなところで上がっていた。

試合vs三菱水島11
クリアする内薗。守備陣は気を抜いた失点時以外はよく守っていた。

試合vs三菱水島3-1
攻めるシーンは多かった。ボールを持てる試合はそうないだけに違和感が(笑)

そうした中、前半20分にあっさり先制。
右サイドからドリブルで切り込んだ石川がグラウンダーのクロスを入れ、中にカンが詰めてゴールを決める。
試合vs三菱水島5
右サイド石川から

試合vs三菱水島6
カンが中で相手DFより速くボールに合わせる。

試合vs三菱水島7
ゴールが決まる。

試合vs三菱水島8
FW登録の石川。前節と同じく右サイドならどこにでも現れる。

37分にも石川→カンと渡って追加点を上げる。
試合vs三菱水島12

試合vs三菱水島13

試合vs三菱水島14
角度のないところから見事ゴールを決めたカン。

試合vs三菱水島9
相手をペナルティエリア内で倒してしまったがノーファール。この日はついていた。

試合vs三菱水島4
GK山本、前半は安定感がいまいちなかった。飛び出し時にはボールを触ってほしいが・・・

それでも、前半を2-0で折り返した。


後半選手交代なしでスタート。
後半に入ると、刈谷の方が相手に合わせたようなサッカーをしだす。
油断というのもあると思うが、立ち上がり3分にいきなり失点する。
右サイドから切り込まれ中央へわたりあっさりGKと1対1をつくられ失点。
集中を欠いていた感じだった。

試合vs三菱水島20

試合vs三菱水島21
相手選手が中央から流れながらシュート。山本がかわされ万事休す。2-1となる。

その後、刈谷の方も攻めに行くのだが、ややラストパスに精度を欠いて得点を奪うまでには至らない。
後半9分に西原→酒井と交替。
後半28分にカン→森山と代えていく。

試合vs三菱水島22
前線でボールを取りに行く大石。基点になることが出来る”異質”のストライカー(会社の方の作成段幕より(笑))でもほんといい働きを見せます。

試合vs三菱水島24
ゴール前でパスを出す高橋。この辺りまでは行くのだが。

試合vs三菱水島25
後半20分過ぎ、大石がパス出しするも意図が合わず・・・

試合vs三菱水島26
ボールが外にそれていく。

試合vs三菱水島27
後半25分手前、サイドバック庄司のミドルシュート。枠をとらえきれず。
失点してからこの時間帯までミドルシュートも全員が何本か打ったが、弱い正面シュートか枠をおもいきり外すのが多かった。

試合vs三菱水島23
西原に代わり出場の酒井。最近中盤が盤石なためなかなか出番が無い。

試合vs三菱水島28
後半28分ごろ松元のヘディングシュート、これはGKに止められ惜しかった。

この直後、カンから森山に代わり得点を決める。
試合vs三菱水島29
酒井→日下→森山とパスが通る。

試合vs三菱水島30
スルーパスに森山反応。

試合vs三菱水島31

試合vs三菱水島32

試合vs三菱水島33
ポストに当たりゴールに入った。

試合vs三菱水島34
バク転をする森山

その後はようやくエンジンが入ったか、水島を容赦なく攻め立てる。
試合vs三菱水島35

試合vs三菱水島36
後半35分過ぎ、斉藤がFKを蹴る。この後足を引きずっていたので篠川と交替、気になるところ。

試合vs三菱水島37
後半40分過ぎ森山のシュートは相手GKが体に当てて止める。

試合vs三菱水島38
結局3点目以降は点は入らず、そのまま逃げ切りで3-1の勝利になった。

試合vs三菱水島39
挨拶に来る選手たち。

試合vs三菱水島40


17位が確定し、残留は上位陣の結果次第になってしまった。
今節で北九州が勝ち、鳥取が負けたため、北九州はJ参入を果たしそうだが鳥取が5位に転落し入れ替え戦の様相を呈してきた。
今できることは万全の戦いが出来るように選手に調整してもらうしかない。
最後まであきらめることのないようにして欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク