すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL後期第13節 FC刈谷 vs 町田ゼルビア(HOME ウェーブスタジアム刈谷)

FC刈谷 1-1(0-1、1-0)町田ゼルビア
得点者:高橋(後半44分)


執念の同点弾。


最近の刈谷の試合は勝っても負けても引き分けても最後の最後でドラマが(笑)
ロスタイムラストプレーで日下からのパスを高橋が見事に決めた。
前半の刈谷は最悪の出来であったが、後半石川が入ってから変わった。
走る選手が入ったことで、右サイドが活性化。後半最後の粘りにつながった。
シュート本数が少ないのは残念だが、上位を争う町田を自ら引きずり下ろした価値ある引き分けだった。

試合vs町田ゼルビア1
後半44分、FKからこぼれだま日下のパスを受けた高橋がシュートを放つ。

試合vs町田ゼルビア2

試合vs町田ゼルビア3
同点弾を決め吠える高橋。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
試合vs町田ゼルビア4
この日は曇り。暖かく観戦日和だった。

試合vs町田ゼルビア5
試合前、スタメンの選手を送り出すベンチ前。

フォーメーション

  カン 大石 車

   日下  高橋
     西原

庄司 内薗 斉藤 松元

      山本

中山は出場停止、中山に代わり車が入って3トップ。
フォーメーション自体は前節と変わらず。


試合は町田ペースで進む。
好調なだけあってプレッシャーもなかなかよく、攻撃もボールを奪ったら相手の裏のサイドスペースを突いて前線を走らせるというやることがはっきりさせて攻めてきていた。
町田の戸塚監督はポゼッションでじっくり駒を進めるような戦い方をしてくるのがベースかと思っていたが、この日の戦い方はやや違っていて引出しを感じた。
一方の刈谷は何をやりたいのかわからない攻め方をして、全くゲームになっていなかった。
ビルドアップで2つとボールがつながらない。
中盤の選手と前線の選手の意図が合わず、中盤の選手は前の選手が走っても出さない、前線の選手はボールを受けられる位置へ走らない。
結局、やみくもにボールを出すだけで簡単に相手にボールを奪われる。
そんな流れが前半45分続いた。

試合vs町田ゼルビア6
立ち上がりエリア内でシュートを浴びる。

試合vs町田ゼルビア7
西原クリアする。西原は何度かゴール前でクリアしていた、だいぶ守備に時間を割かれていた。

試合vs町田ゼルビア8
攻撃は意図の合わないパス出しが続いて、ほとんどチャンスがない。

試合vs町田ゼルビア9
前半5分、松元が競ってボールを奪いに行く。

試合vs町田ゼルビア11
サイドからの攻撃が多い町田。

試合vs町田ゼルビア10
体を張る斉藤。立ち上がりから防戦一方になる。

試合vs町田ゼルビア12
前半10分過ぎ、山本が飛び出して防ぐ。

試合vs町田ゼルビア13
前半20分前、シュートを打たれる。大石がついているが、大石も守備に割かれる時間が多く攻撃に絡めない。

試合vs町田ゼルビア14
前半22分、ゴールキックを取られてあっさり裏を取られ失点する。

試合vs町田ゼルビア15
ここからシュートを打たれる。

試合vs町田ゼルビア16
山本飛び出すも間に合わなかった。

その後もピンチが続く。

試合vs町田ゼルビア17
前半30分手前、エリア内フリーで打たれるが、山本の足に当たって勢いが弱まりクリアできた。

試合vs町田ゼルビア19
前半40分手前、山本飛びついてはじく。

試合vs町田ゼルビア20
GK山本、前半はかなり危ないシュートを浴び、見せ場が多かった。この日はだいぶ安定していた。

前半はなんとか0-1で折り返した。


後半開始時、西原、車を下げ石川、アマラオが入る。
前半守備に貢献していた西原を代えてボランチに日下が入り攻撃にシフトを入れ勝負に出た。
この交代は当たり、サイドバックに入った石川の縦突破とその前にいるカンもようやく縦にドリブルで走り生きてくる。
ようやく刈谷はパスが効果的に回るようになった。
しかしながら、町田の方も粘り、町田陣内で展開するようになってもシュートを打たせることなくしのいでくる。刈谷の方もひと押しが出来ないまま試合が進んだ。

試合vs町田ゼルビア22
後半立ち上がり、切り込むカンヒョイル。前半はほとんどボールに絡むことなかったが、後半は本来の持ち味を生かして攻撃に切り込んだ。

試合vs町田ゼルビア23
右サイドバックに石川。途中出場で流れを変える働き。縦に勢いよく走り、右サイドでボールを持つことができた。

試合vs町田ゼルビア27
後半から入ったFWアマラオ、車の出来が良くなく、交代は納得。
前線で複数に寄せられることが多く、大きな活躍とまではいかなかったが、相手を引き付けてくれたとも言える。

試合vs町田ゼルビア28
ゴール前競り合うアマラオ。

試合vs町田ゼルビア24
後半30分ぐらい石川がサイドで持って、後ろからカンが入ってくる。

試合vs町田ゼルビア25

試合vs町田ゼルビア26
カンはボールを受けて中に切り込みシュート。
シュートはGKに止められたものの惜しかった。

後半40分ぐらいから町田は時間稼ぎにくる。
ボールを持つとサイドの奥深くまで来てキープに入る。
試合vs町田ゼルビア29
コーナーでボールキープに入る町田。

何度か時間稼ぎされ、ロスタイムも進みだすと刈谷はGKの山本もFK時にゴール前に上がってきた。
最後のFKははじかれ、スローインを取るもそれもはじかれた、しかしそれを日下がボールを取って人のいないファーサイドフリーでいた高橋に浮球でパスを通し高橋はそのままシュート。
そのシュートは見事にゴールに突き刺さり最後の最後で追いついた。

試合vs町田ゼルビア33
バイタルエリアでFKを得る。

試合vs町田ゼルビア30
GK山本が上がってくる。

試合vs町田ゼルビア31
日下が蹴ったボールははじかれる。

試合vs町田ゼルビア32
はじかれたボールはいったん外に出る。それをスローインする石川。

試合vs町田ゼルビア34
それもクリアされるが・・・

試合vs町田ゼルビア35
そのボールを取って日下が浮球でパスを出す。

試合vs町田ゼルビア36

試合vs町田ゼルビア1
ボールを受けた高橋はうまくトラップして、シュートを放つ。

試合vs町田ゼルビア37
GK飛びつくが取れない。

試合vs町田ゼルビア38
喜ぶ選手たち。

試合vs町田ゼルビア39
そして、試合は直後に終了し1-1の引き分けに終わった。

試合vs町田ゼルビア41
MF日下、前半はほとんどいいパスはなかったが、最後のパスは芸術的だった。

試合vs町田ゼルビア42
MF高橋、後半はカン、石川とともにボールに絡み攻撃できた、最後のプレーはよく落ち着いて決めた。

試合vs町田ゼルビア40
最後の挨拶。


町田が早い時間から逃げに入ったおかげで、最後つけ入る隙ができた。
また終盤間際の攻勢を2試合続けてみることができた。
刈谷の立場からは北九州・鳥取以外の上位争いするチームは少しでも落としておかなければ先がない。
そういう意味では貴重な勝ち点奪取となった。
次のジェフ戦にもぜひとも繋げて欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク