すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL後期12節 TDK vs FC刈谷(AWAY 仁賀保運動公園多目的広場)

TDK 1-0(0-0、1-0) FC刈谷


こらえきれず。


試合を通じてはどちらともいえない展開で、失点シーンは後半劣勢の流れで耐えていたが、ついにこらえられずに失点した。
終了間際押し込みエリア内で松元が倒されるも取って貰えなかった。
主審恩氏もラフプレイを取らずに、間接FKのポイントなどやたら細かいところで笛を吹きゲームをコントロール出来ていなかった。
試合vsTDK
後半ロスタイム、カンの右からのクロスに松元が裏へ抜け胸できれいにトラップ。
さあシュートといったところで倒されるもノーファール判定。

試合vsTDK1

試合vsTDK2
服が引っ張られて、首の所下のアンダーシャツが見える。

試合vsTDK3

試合vsTDK4
相手選手に手をかけられて後ろから倒されているのだからファールだと思うが・・・

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録


※大石が倒されたと思っていたんですけど、写真見たら松元でしたね・・・試合直後で結構頭に血がのぼっていたようです自分(汗)
ちなみに終了間際5分くらい前から雨が強く降ってきていました。この日は一日降ったりやんだりでした。
試合vsTDK5
この日朝から雨が降ったりやんだり。試合開始1時間前ぐらいから雨がやみ晴れ間が差してきたものの、後半開始直後ぐらいから曇ってきて、試合終了間際は豪雨に。

試合vsTDK6
入場。斬新なところから。

試合vsTDK7
記念撮影。


フォーメーション

   カン  大石  中山

     日下   高橋
        西原

庄司  内薗  斉藤 松元

        山本

前節と同じFW3枚が並ぶ。
石川が出場停止で斉藤が戦列に復帰。
メンバー表を見るとわかるが、GKの控えがいない。


試合開始直後はTDKのペースで試合が進む。
刈谷が守らされることが多いが、内薗と斉藤が空中戦ではじき返し、庄司、松元らサイドバックの選手も深い位置で何とか守る。
しかしながらこの日は、やや集中力に欠けるシーンが見られた。危ない位置で相手につきそこね、シュートを打たせてしまったり、ビルドアップ時にパスミスをして奪われてしまったり、山本が取ってボールを投げる際にフィールドの選手が誰も投げるところを見ずに前を向いてしまってボールを奪われ危ないシーンを出してしまっていた。
幸いTDKの方もシュートの方に精度を欠きバーをかすめながら外れたり、ポストに当たったり、枠を外してくれていた。

試合vsTDK10
試合序盤は守る展開が多かった。

試合vsTDK8
CBで出場内薗、ツインタワーで相手の浮球をはじき返す。

試合vsTDK16
CBで出場斉藤、復帰戦だがフル出場。空中戦だけでなく、試合終盤FKを蹴ったりほぼ万全に出来てきた感じ。

試合vsTDK9
サイドバックで出場、庄司。この日は知り合いの家族の方が応援にきていて、球際に厳しくいって頑張っていた。

そうこうして試合が進むにつれて刈谷の方に流れがやってくる。
刈谷の方はカンがサイドから切り込み角度がないところからドリブルシュートを2度放つなど見せる。
また前半30分過ぎには高橋が左からパスを受けフェイクを入れてドリブルシュートを放つ。
相手DFに当たったので簡単に止められてしまったが、惜しいと思わせるシーンだった。

試合vsTDK11
前半10分過ぎ、カンがエリア内左からシュート。

試合vsTDK12
相手GKが止めたが、初の枠内シュート。

試合vsTDK13
前半20分ごろ、カウンターで右から切り込みカンがシュート。

試合vsTDK14

試合vsTDK15
GKがなんとかはじき、この後CKを得る。このあたりから刈谷の方がいつものようにショートカウンターで押し込み出す。

試合vsTDK17
FWで出場、カンヒョイル。この日の出来は良かった。キレのあるドリブルシュートで相手を脅かしたり攻撃の起点となった。

試合vsTDK18
前半30分過ぎごろ、高橋がシュートを放つ。

試合vsTDK19

試合vsTDK20
上手く相手DFをかわしてシュートに行った時は、決まったかと思った。

徐々に刈谷がペースをつかんではいたが、シュート本数が少なく決定的に流れをつかむところまではいかずに前半が終了した。


後半開始時、選手交代は無しでスタート。
後半も立ち上がりは刈谷が攻める。
カウンターで前線の選手が前に走ったりして遠目からでもシュートを打っていた。
ただ、ボールを奪う所がやや低く、自陣の中央当たりで奪って長い距離を走っているせいかシュートに勢いがないので決定的とまではいかない。
また中山らスピードのある選手がドリブルで切り込むも相手最終ラインがエリア内で辛抱強く守ってきて、得点を奪うまでには至らない事が続いた。

試合vsTDK22
立ち上がり5分ごろカンから中山へ

試合vsTDK23

試合vsTDK24
中山にパスが行くも相手DFのスライディングに止められる。

試合vsTDK26
そのしばらく後、リスタートから、中山へ渡り

試合vsTDK27
中央のカンがボールをなんとかためてパス

試合vsTDK28
そこに松元が来てシュート、これは入らなかったがこの時間帯の一番惜しいシュートシーンだった。

試合vsTDK29
後半15分ごろ、カウンターから中山がもちこみ、相手にとられたところ奪いかえして、カンが遠目からシュート。GKに捕られる。

試合vsTDK25
後半20分ごろ、大石とのワンツーから日下がシュート。これも弱く、GKに捕られる。

試合vsTDK30
後半30分手前ごろ中山がドリブルで持ち込みCKを得て攻めるがはじかれる。

攻めきれずにいるうちに、またTDKの方が盛り返してきて、刈谷は押し込まれだす。
後半25分過ぎあたりから相手の攻撃がシュートまでいくつか来るようになり、DFが相手につききれずにフリーでシュートを打たせたりして流れを持っていかれた。

試合vsTDK31
後半30分ごろ、相手に競り負けているが、ボールは外に。

試合vsTDK32
後半35分ごろ相手のシュートを山本がなんとかはじく。

試合vsTDK33
後半39分、接触プレーで倒れた山本が接触プレーの相手につっかけ黄紙を出される。
この日は接触のラフプレーを流すことが多く、後半はそれでお互いにプレーが荒くなって止まるシーンが増えた。中山のもらった黄紙も相手ラフプレーに対する判定への異議だった。
そうしたところに徐々に耐えられなくなったのか、後半40分についに失点する。

試合vsTDK34
後半40分

試合vsTDK35

試合vsTDK36
相手が左サイドへ切り込み中央へ入れ中央から後ろへ走り込んできた選手へパスを出されフリーでシュートを打たせてしまった。
DFが前の選手につられて、バイタルエリアを完全に開けてしまった。
ここで、一旦切れかけたが・・・

この後、相手が守りを意識しだし、西原を下げアマラオを投入した刈谷が必死の猛攻を始める。
相手ゴール前で何度もシュートを放つが相手にブロックされはじき返される。
このあたりに何度かCKも取るが得点に至らない。
そうした中、ロスタイムあたりではじき返されたボールをカンがひろいサイドからクロスを上げて中にいた松元が倒されたが、ノーファール。

試合vsTDK37
大石がくさびになり、カンへ

試合vsTDK38
カンは中にクロスをすかさず入れる。

試合vsTDK
松元は綺麗に受けたが・・・

試合vsTDK39
倒されたあと、アマラオや浮氣監督は抗議していたが覆らず。

試合vsTDK40
その後、ボールを奪ってアマラオが競る。

試合vsTDK41
そのこぼれ球を庄司がシュート。

試合vsTDK42
その後、カンが切り込みクロスを上げ中に松元が飛び込んだ。

試合vsTDK43

試合vsTDK44
相手DFにクリアされCKを得る。

また、その後もペナルティエリアやや外側からFKを得たりして斉藤が蹴るも、豪雨でボールが浮かずDFにはじき返されたりして最後まで点を奪えなかった。
試合vsTDK45
中山がエリアのやや外側で倒される。

試合vsTDK46

試合vsTDK47
斉藤がシュートを狙う。

試合vsTDK48
相手DFに当たり、跳ね返ったボールを斉藤が必死に取ろうとして、最後中山が取る。
中山から高橋へ渡り中へボールを入れようとするも相手にはじかれたところで終了。

試合vsTDK49
1点を取ることができずに敗戦した。

試合vsTDK50
最後の挨拶。


最後の猛攻のシーンは迫力があり、流れの中からもだいぶシュートまで打つことができた。
最初からその気持ちでできていれば・・・
気を抜いていたわけではないだろうが、やや集中の欠けたプレーがあったのが残念。
最後まであきらめないことを忘れずに残り5試合戦ってほしい。
残留は他力本願に近いところもあるが、入れ替え戦も十分に視野に入れ覚悟しないといけない。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク