すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL後期第9節 FC刈谷 vs ガイナーレ鳥取(HOME 豊橋市岩田総合球技場)

FC刈谷 4-2(4-1、0-1)ガイナーレ鳥取
得点者:日下(前半24分)、車(前半34分)、松元(前半40分)、斉藤(前半43分)


未勝利記録にピリオド!


ようやく今シーズンホーム初勝利&リーグ戦22試合勝ち無しから脱却。
前節も内容が良かっただけに今日の勝ちは結構予想できた。
それでも試合はやってみないとわからない。
1点目の入り方が幸運だったし、それでそのまま流れが来た。
勝つ時はこんなもの(笑)
1点を取ってからの流れは完全に刈谷で、カウンター、セットプレーどんどん点が入った。
点が入るまでは鳥取ペースであったが、逆境をはね返した。
くさびの車も今日はいつものように外ばかりに行くのでなく、適度に中央で構えはたいたりして基点になったし、退場になってしまったが、中山の出来も良く攻撃陣はいい動きを見せた。
審判がカードを出しすぎるきらいがあったが、来週の天皇杯に流れはできた。
ここらで勝ち癖をつけて残り試合一つでも勝利を!!

鳥取試合1
前半34分刈谷2点目。カウンターから相手DFを振り切りシュートを決める車。

鳥取試合2
FWで出場、車。この日の出来なら完全にFWの一角を任せられる。
JFL初ゴールも決め、流れに乗れるか?

鳥取試合3
試合後、久々の万歳をする選手たち。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
鳥取試合4
天気は曇り。今にも雨が降りそうな感じ。
(使いまわしの段幕の裏が(笑))

鳥取試合5
記念撮影

フォーメーション

     車 大石

中山  日下 西原 高橋

庄司  内薗 斉藤 松元

       山本

実際4-3-3ぎみな感じで、西原がアンカーで最終ラインの前で守る。
中山も前目にポジション取りで攻める。

前半立ち上がり5分ぐらいは刈谷が攻めた。
車を中心に鳥取陣内へ攻め込むが、徐々に鳥取がボールを保持して攻めてくる。
ただ、刈谷は西原がうまくフィルターとして機能しているばかりでなく、内薗、斉藤らを中心にゴール前に鍵をかける。高橋、松元らも良くサイドで守っていた。
鳥取試合6
基点となる車。このあたりでボールを納めるところがあるとだいぶ試合が楽に展開できる。

鳥取試合8

鳥取試合9
バイタルエリアではきっちり守る刈谷。

鳥取試合10
結構当たっていた感じのGK山本。2点は致し方ないかな。

鳥取試合11
久々ボランチ出場の西原。中央近辺で守ることが多く、アンカーの働きができていた。

危ないシーンもないわけではなかったが、それほどシュートを打たさずしのいでいた矢先、前半24分に中山がゴール前カウンターで切り込み倒されPKを得る。
そのPKを日下が決めて先制点。そこから流れが一気に刈谷に傾いた。
34分にはまたもや裏スペースへのボールに相手DF2枚を振り切った車のゴール。
40分には右CKから一度ははじかれたものの松元がニアでヘディングシュート。
43分にはFKで斉藤が直接ねじこみ4-0としてゲームの流れを完全につかんだ。

鳥取試合13
前半24分、中山がこの位置で倒される。この日の審判の判定はかなり変だったが、ここは刈谷に運があった。

鳥取試合14
それを日下GKの逆をつききっちり決める。

鳥取試合16
2点目車。ボールがイレギュラーであまり落ち着かない中、シュートまで持っていく。

鳥取試合17
ガッツポーズの車。

鳥取試合18
3点目、CKからのゴール。

鳥取試合19
はじかれたものを日下がボールを入れる。

鳥取試合20
松元ニアでヘディングシュート。

鳥取試合21
4点目、ここでFKを得る。

鳥取試合22

鳥取試合23
斉藤のシュートは壁の間を抜け見事ゴールへ。
このあとロスタイムに1点を取り返されたものの4-1で折り返す展開に。


後半、刈谷の方は選手交代なしでスタート。
前半から審判のジャッジは取るべきところでとらなかったり、取らないでもいいようなところで取ったりややおかしなジャッジが多かったが、後半はさらにカードが乱発。
ゲームがおかしな方へ展開していく。
点差があるため、鳥取の方は前がかりになって攻めてくる。
ただ、雑な攻めからそれほどゴール前での危ないシーンは出てこない。
刈谷の方もサイド深くまで攻めるもののゴールを奪うまでには至らない。
しかし、中山が27分黄紙2枚目を貰ってしまい、完全に攻める鳥取、守る刈谷に流れが。
その直後に鳥取が1点を取り返すも、そのあとはのらりくらりと刈谷は守りきり4-2で勝利を得た。

鳥取試合25
後半5分CKからヘディングシュート。枠を外れたが惜しかった。

鳥取試合30
FW大石。シュートに積極的だが、この日は不発。勢いで点を取っておきたかった。

鳥取試合26
後半14分、中山がエリア内で倒されるがシュミレーションを取られる。
前半のPKは怪しかったが、ここは裏に抜けて手を掴まれて倒されたんだから、ここは間違いなくPKだったと思うが・・・

鳥取試合27
ポジション的にはウィングの位置でプレーした中山。守備にも奔走。

鳥取試合29
後半27分、後ろから中山相手を倒して黄紙2枚目で退場。

鳥取試合28
その後は守る展開が増える。

鳥取試合15
DF松元、余り高さはないが、この日はヘディングシュートも決めますます存在感が高い。

鳥取試合7
DFで出場内薗。斉藤とのコンビもなかなか良く守れている。

鳥取試合36
DF斉藤。やはりあのキャノン砲は魅力。セットプレーのバリエーションがあっていい。

鳥取試合35
MF日下。この日はアシストもあり得点もあり活躍した。

鳥取試合31
ドリブルする高橋。サイドに重きを置いた方が攻撃にいいプレーが見られる。

鳥取試合32
試合終了時。相手の選手ががっくり倒れる。

鳥取試合33
試合後のマイクパフォーマンス。山本

鳥取試合34
車にもマイクでアピールしてもらった。


リーグ戦、ホームゲームで勝利を得たのは去年の8月以来と1年ぶり。
失点シーンはやや気が抜けたような感じだったのが問題だが、勝ったのはやはり大きい。
チームの流れもだいぶ良く、開幕のころのような勝っても点の取れる雰囲気と形のないゲームから、点の取れる雰囲気と形が見えてきている。
ここでリーグ戦連勝して一つでも上を目指してほしい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク