すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

ブログらしくつれづれなるままに ~その21

国体に行ってきました。
一年ぶりのゆめりあでしたが、特に変わってませんでした(あたりまえ)
男子の部、愛知県選抜vs岐阜県選抜
女子の部、岐阜県選抜vs三重県選抜
の2試合を見ました。
女子の部はちょっと愛知県選抜vs静岡県選抜の方も見ましたが。

男子愛知県選抜はFC刈谷の選手で構成され、岐阜県選抜はFC岐阜セカンドの選手で構成。
見ようによってはFC刈谷vsFC岐阜セカンドという対戦(笑)
面白い試合を期待しましたが・・・
結果は愛知0-3(0-1、0-2)岐阜(※35分ハーフ)と振るわない結果に。
押してはいるけど攻めきれず、守れてはいるけどところどころでミスって失点。
どこかで見たような試合でした。

ちなみに男子もう一試合は
三重選抜1-0(延長)静岡選抜
女子は
三重選抜8-0岐阜選抜
静岡選抜6-0愛知選抜(5-0だったかも)
という結果で、愛知は男女とも初戦敗退という結果になってしまいました。

国体1
試合前の駐車場。
どこかで見た千早苑のバスが・・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
国体2
試合前の練習はサブグラウンド(フットサル場)でやっていました。

国体3
ゆめりあサッカー専用グラウンド。
愛知県選抜はこちらではなくて・・・

国体4
ザ・ピッチレベル!の多目的グラウンドの方で試合でした。

国体5
キング那須の試合前練習。

国体6
急遽登録された西原

国体7
登録の無い山本はじめ、他のFC刈谷の選手も全員来ていて試合前ピッチで汗を流していました。
試合中はグラウンドの周りで声を出して応援していました。

愛知県選抜のフォーメーション

スタメン

     森山  加藤

小林  庄司  日下  宮田

那須  内薗  酒井  岡戸

        盛田

サブ
西原、中山、高橋、斎藤

いつもの通りの4-4-2。
ソニー仙台戦と同じく庄司がボランチの位置に。
内薗がCBで両サイドに那須と岡戸が入った。

立ち上がりは愛知。
ショートパスをつないでサイドから中央へつないで中央加藤らがはたいて展開、愛知ペースで試合が進む。
ショートパスをつないだ時はいつも相手陣内の途中までは行くのだが、フィニッシュまでいかない。
いわゆる”手数をかけすぎ”て相手に守り切られてしまう。
岐阜の方はトップの松江に速く出して松江がくさびになってサイドの裏のスペースへボールを出し、サイドの選手が走っていく。
松江に至るまでに刈谷守備陣に止められたりしてつながらなかったりしてほとんど攻撃になっていなかったが、徐々にその回数が増えていきシュートに至るシーンがいくつか。
それでも相対的に見たら刈谷の方がボールを持っていた。
しかし、前半30分ごろにミドルレンジ中央でシュートをフリーで打たせてしまい、見事に決められる。
守りが寄せ切れていないため、やられてしまった。
前半は愛知0-1岐阜で折り返しとなる。

国体8
前半立ち上がりのCK。中で誰も競れずにクリアされる。
この辺はリーグ戦も・・・・

国体9
前半出場の小林。サイドで出場だったがあまり見せるシーンがなかった。

国体10
前半20分前くらい、裏へぬけだしゴール前まで行くが、切り返しを入れてシュートする宮田。
その一瞬で相手DFが戻ってしまい、シュートが相手DFに当たってクリアされてしまう。

国体11
サイドハーフで出場宮田。やや動きに精彩を欠いた感じ。チャンスは20分近くの1回しかなかった。

国体12
サイドバックで出場キング那須。スピードのある相手サイドに必死に食らいついていた。

国体13
ボランチで出場庄司。ソニー仙台戦の時みたく攻めの基点となることができなかった。
全体的に中盤でのフォローがなく、中盤の底のビルドアップ時に寄せられボールを奪われることもしばしば・・・

国体14
CBで出場内薗。長身のCBがいなかったからここになったのか?
やや手を使った守りが多くファールを取られることがしばしば。ここで使うには少し怖い。

国体15
FWでフル出場ゲームキャプテン加藤。全員に指示を出していた。
くさびになりボールをはたいていたが、後半運動量が落ちて、動きが鈍く見えた。

国体16
宮田が持ち、走り込む加藤。


後半ハーフタイムに日下→高橋、小林→中山と交代。
巻き返しを図る。
しかし、立ち上がり6分に後ろから足をひっかけられ倒された中山は斉藤と交代し攻め手を欠くようになる。
岐阜はカウンターから数的優位を幾度か作り出し、フィニッシュにまで持ってくる。
2点目は愛知右サイドでカウンターから数的優位を作られ、最後エリア内で1対1を決められ失点。
3点目は相手ゴールキックからワンタッチでゴール前まで来て、DFが前に出たところをかわされGKと1対1、これも決められ勝負が決した。
最初から最後まで決め手を欠いた愛知は点を取ることないまま試合が終了した。

国体17
FWで出場森山。ピッチ所狭しと走り回りかつ中央で空中戦にかかんに挑むなど精力的であった。

国体18
なかなか空中戦では勝てなかったが・・意気込みは感じる。

国体20
GKで出場盛田。去年の水色の方が良かった。この日はあまりいいところは見せられなかった。
1点目のミドルシュートとか1対1とか止めたら奇跡みたいなシーンが多かったからやむをえないが。

国体19
2点目相手FWに切り込まれファーサイドへシュートを打たれる。
盛田飛びつくも届かず・・・

国体23
後半20分ごろ、加藤がこの位置からシュート。

国体24
シュートはやや弱く、相手GKに止められる。後半もシュートは少なかった。

国体21
後半出場フィードをする斉藤。数的不利とかややいたしかたない所が多かった。

国体22
サイドバックで出場岡戸。必死に食らいつくシーンを随所に見せたり、とられて全力で戻り、ゴールマウスの中でクリアしたり、頑張っていた。

国体25
中央で受ける高橋、相手DFが中央を固めてなかなかこちらの思う通りにはさせてくれなかった。

国体26
試合中バック側で登録外選手が見ていた。石川が必死に声を出して応援していたのが印象的。

国体27
結局無得点のまま終わってしまった。

国体28
最後バックに挨拶に来る選手たち。

悪い時の流れをそのまま見せてしまった。
控え中心とはいえ、それほど強いとは思えない相手に多くない決定機を決められまくり、こちらはその決定機を作れなかった。
僕の後ろお客さんに”(愛知は)あの辺まではいくのに・・・”とかカウンターで手数をかけずにやられて”(愛知の方が)やりたいはずなのに・・・”とか言われてしまった。
攻めてはいるけど・・・いつものパターンすぎた。
ここらで点を取れないようだとなかなか辛いものがある。
天皇杯はどこまで戦えるか、いきなり試練の中京大学戦が土曜日にやってくる。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク