すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

後期11節 vs佐川急便大阪 (AWAY 大阪府鶴見緑地球技場)

佐川急便大阪3-2FC刈谷



「主審試合ぶち壊すな」




久しぶりに、ダメ審判見ました。
その名は北村央春(1級審判)
訳のわからんジャッジで決勝点くれて楽しいのか!

20061028221836.jpg

試合終了後、悔しがるFC刈谷の選手と審判団。
頼むから北村2度と刈谷の試合で笛吹くな。
----------------------------------------------------------------
試合前、到着して一番気になっていた芝状態。
ところどころぼこぼこしたようなところは有るものの、砂漠状態じゃなかっただけまだましだった。
20061028225813.jpg

20061028230006.jpg


20061028225846.jpg

今回はバスツアー総勢30名ほどの大?応援団でやってきた我々サポーター。相手サポより多かった。刈谷初のホームジャック!?(笑)
天候は怪しかったものの何とか試合後までもちました。

20061028230250.jpg

メンバー表。
FW:伊藤、加藤
MF:秋田、篠川、日下、浮氣
DF:吉田、西原、西村、小林
GK:来栖
サブ
ルーカス、岡戸、酒井、宮田、中山

20061028230757.jpg

記念撮影

試合開始2分、早々にFC刈谷が先制。
ゴール前、秋田が倒されFK。
ここで加藤が直接叩き込みます。

20061028231221.jpg

20061028231232.jpg

20061028231247.jpg

見事右隅へ!!

先制してからも、刈谷の動きは格段に良かったです。
全員が、走ることを惜しまずプレー、相手を上回る運動量。
パスワークもさえ、秋田を起点に相手を押していました。
ただ、何度かピンチを迎えたりもしましたが、浮氣さんを中心に高い集中力で抑えていました。

20061028232236.jpg

競り合いでクリアした浮氣さん

20061028232226.jpg

日下、競りに行く。

20061028232744.jpg

来栖パンチングでクリア。ちょうど構えてるところにきた。

しかし、25分に左からのクロスに中央でヘッドであっさり入れられ追いつかれます。
この時間帯何度か大阪にサイドを切り崩されシュートまで持っていかれていたので守りきれませんでした。

しかししかし、38分FC刈谷はパスワークで勝ち越しゴールを奪います。
(左サイド)日下→秋田→(中央)篠川→(左サイド深く)日下→(中央グラウンダーセンタリング)篠川シュート
と見事に繋ぎ決めました。

20061029113625.jpg

20061029113634.jpg

20061029113654.jpg

20061029113703.jpg

見事な流れでした。

その後、前半はそのままのスコアで折り返しました。
前半、秋田を中心に展開しパスワークで相手を切り崩す展開を見せたものの、佐川大阪はその中心である秋田を徹底的につぶしに来ていました。
また、佐川大阪は両サイドのスピードある選手が刈谷DFのサイドを何度もついてチャンスを作っていました。
押し気味でいい雰囲気では有るもののシュート本数で打ち負け(相手はシュート精度にかけるところがあった)リードしつつも、試合はどう転ぶかわからないところでした。
そして前半は普通のジャッジをしていた主審が後半、よくわからない判定を連発し刈谷サポーターの怒りを買うことになりました。


後半、試合開始そうそう伊藤が相手DFを振り切りPA内で倒されます。
しかしノーファールで試合続行。

20061029114829.jpg

20061029114840.jpg

20061029114847.jpg

ボールにいってなくて足をかけられてファールを取られないのは厳しい。

59分、中央への浮き球のパスを西原が空中戦で競り負け、ボールが裏へ抜けたところ相手FWが抜け出し1対1を決め同点に追いつかれます。
このとき周りのDFの足が一瞬止まってしまったのが悔やまれるところ。

20061029115621.jpg

20061029115632.jpg

来栖止められず・・・

この後66分吉田が、2枚目の黄色で退場。
タックルに行った所、倒してしまう。ボールにいってなくもないが今日の基準は厳しいのか緩いのかこの辺からよくわからなくなってくる。
この後急速に流れを失い、守るシーンが増えてくる。

75分、相手右CKでボールを入れてきたところ突然審判の笛。
何が起こったのかと思えば、いきなりPKの判定。
サポーター周り唖然。
試合後に佐川大阪サポに聞いてみても「ラッキーだった」なくらい判らない判定。
ボールが高い位置に有りに誰も触れる前のことで、どうも浮氣選手がファールを犯したらしいのだがよくわからない。
マッチコミッショナーも首をひねる判定だったようだがともかくPKをとられ、決められてしまう。

20061029120406.jpg

20061029120418.jpg

うーん。

試合終了間際、中山選手が裏へ抜けたボールを追い相手DFとマッチアップ。ボールを失いかけ、相手に13番に取られかけられたところ、後ろからきた別のDFに後ろからPAエリア内で引っ掛けられ思いっきり倒されるもノーファール。
この辺の判定基準はなんだったのか全く判らない。
浮氣さんがセットプレー時に相手にボールが無いところで倒したらしい判定でファールPKを取られ、ボールを触ってない時点でタックルで倒されノーファールってどういう判定だ?

20061029121824.jpg

20061029121832.jpg

20061029121839.jpg

2番ボールに全くいってません・・・(もちろんPA内)

20061029122032.jpg

20061029122651.jpg

結局試合は3-2でタイムアップ。試合を落としてしまいました。
試合は後半、10人になったところから両サイドを厳しく突かれ相手ペースになりました。また秋田が削られ、動けなくなってくると79分に交代。その後は裏に放り込み前線、宮田・中山を走らせるパターンだけになり相手DFにほぼ完全に押さえ込まれました。パスワークと運動量で相手DFを切り崩した前半の展開とはかなり遠くなってしまいました。

試合後は納得いかないものの、最後まで必死にプレーした選手に惜しみない拍手が贈られました。
ただ今後、吉田が2試合出場停止、秋田も微妙な様子。
苦しい展開を余儀なくされそうです。

20061029122852.jpg

公式記録
シュートの本数だけ見るとえらい差が。
試合内容では途中まで五分五分以上の試合運びで、満足感はありました。審判が違ったらどうだったんだろうか・・・

20061029123107.jpg

MF:秋田、もはやチームに欠かせない選手に。
攻撃の起点。佐川大阪もその辺はわかっていたようで完全に秋田つぶしにきました。

20061029123816.jpg

MF:浮氣、主に守りの面で活躍を見せるも、不可解な判定で残念な結果に。気持ちを切り替え次の試合も頑張て欲しいです。

20061029124124.jpg

DF:吉田、黄色2枚を取られ退場。次節から2試合停止なのが痛い。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク