すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL後期第3節 佐川印刷SC vs FC刈谷(AWAY 宇治市太陽が丘)

ひさびさにこちらで書きます。
折れたと思われるのは悔しいので。

佐川印刷SC 4-0(1-0、3-0)FC刈谷

完敗。
攻めきれず、守り切れず。
前半はまあまあの内容ではあったものの早い時間に失点。
後半は攻めるものの1対1など防ぎ切られ、逆に相手に効果的に追加点を奪われ点差が開いた。
主審のジャッジは確かに相手寄りで基準のわからないひどいものであったが、それを差し引いても相手の方が上だったと言える。

印刷戦試合1
後半35分過ぎ、車がエリア内でシュートを放つもGKにはじかれる。
後半は宮田の1対1のドリブルシュートなども止められ点にならなかった。
----------------------------------------------------------------------------------
印刷戦試合2
スタメンの写真。

この日は4-4-2のフォーメーション。
FW:車、カン
MF:小林、高橋、日下、宮田
DF:庄司、酒井、西原、石川
GK:山本

前半立ち上がりは印刷が攻勢。
ゴール前に飛び込んでくる相手を守備陣が捕まえ切れずフリーに近い形でシュートを打たれてしまう。
そうしたなか8分に右サイドから崩され中央でフリーにしてやられ主導権を取られた。
攻めでは初出場の車を起点に攻め、カンや宮田らが切り込む。
前の形ができつつあるものの、4-4-2と厚くしたはずの中盤が薄く、日下、高橋どちらかか最終ライン近くまで下がっていてボールを中盤で支配出来ない&こぼれ球を拾えない。
徐々に刈谷は攻めている感じではあるものの最後まで攻めきれないもどかしい展開が続いた。
結局前半は1-0で折り返しとなる。

印刷戦試合3
立ち上がりすぐ、CKから相手8番にヘディングシュートを打たれる。
これは枠を外れたが、DFが競ることができなかった。

印刷戦試合4
前半8分、右サイド(相手左サイド)8番が深いところクロス→9番がはたいて→中央飛び込んだ25番がうまくボールを抑えてシュート。

印刷戦試合5
山本とめられず・・・

印刷戦試合6
前半20分ぐらいカンがドリブルで切り込み、エリア内で後ろからきた相手DFに倒されるもPKならず。
ラフプレーに対するファールを取る基準があいまいだった。

印刷戦試合7
守る酒井、西原センターバックコンビ。
セットプレー時やクロスを入れられた時の空中戦は彼らだけの責任ではないので・・・


後半は点差ほど押し込まれた印象はない。
それどころか決定的なチャンスは何度かあった。
しかし、それをことごとく逃してしまい点にならなかった。
方や印刷の方はディフェンスの隙をきっちりついて加点していった。
シュートを打たれるシーンはほとんど相手の選手を捕まえられず、フリーで打たせてしまっている。
2列目からの飛び出しとかはもともと印刷お得意のパターンであるが、それを分かっていても止められなかったのが痛い。

印刷戦試合11
後半15分ぐらいカンが中に切れ込み中央へパス。

印刷戦試合12
車がシュートを放つもGK?DF?に当たりはじかれる。

印刷戦試合8
FWで出場、18番車。やや外に張りだしすぎるきらいはあるものの、足元のうまさやくさびになれる強さは見て取れた。元GMさんいわく強力なシュートもあり、試合経験さえ積めば期待できる。

印刷戦試合13
FWで出場カン。切り込みではいいところを見せるも点にならず。

印刷戦試合9
後半22分、刈谷右サイド(相手左サイド)のクロスから19番のヘッド。見事に決まり3点目。
ここで勝負あった。

印刷戦試合10
DFで出場石川。守備時にやや守り切れなかったところが・・攻撃には頻繁に参加してクロスも上げていた。

印刷戦試合14
宮田と交代で出場森山。最後の方は中央にかまえることが多かったような。
車があの辺りにいるといいのにと思うこと何度か。

印刷戦試合15
試合終了後挨拶に来る選手たち。


守備時に誰がどの選手につくのか徹底できてないような気がする。
遅れて守備に行ってやられてしまうパターンがほとんど。
リーグ戦も後期3節、この段階でチームの約束事がやり切れていないのはつらい。
試合ごとに課題が攻守に噴出している現状かなり苦しい。
他力本願と行きたくはない、一つでも上の順位を目指して降格圏を早く脱出して欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク