すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL前期第10節 vsホンダロック(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷 0-0(0-0、0-0) ホンダロック


4試合連続無得点・・・


負けはしなかったが、勝つこともできなかった。
先週の内容よりは良かったが、点を取れる感じではなかった。
ボランチで出場した酒井がほぼ最終ラインに吸収されるような形で5バックに近く、攻めの際の迫力がない。
リスクを最小限にしたとみられるが、ホンダロックも5バックどころか6バックと見ていいようなくらい、守りを固めていたためほとんど崩すことができなかった。
もどかしい耐え所が続く・・・

試合1
前半40分過ぎ、GK山本がパンチングで逃れる。

試合2
出場停止明けの池上。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
---------------------------------------------------------------------------------------------------
試合3
今回はナイトゲーム。
天候は晴れだった。

試合4
記念撮影

試合は前節と同じ4-5-1のフォーメーション。
ただ、ボランチに酒井が入りかなり守備的な布陣。
攻めより守りを重視した戦いが見て取れた。
守備時には酒井が最終ラインに吸収され5バック。
守備のセットプレーでは全員が自陣に戻りとにかく守り、一人も残さなかったおかげではじき返した際に通常いるFWがいなくてボールを奪えないシーンも・・・

試合5
ワントップ加藤。
ホンダロックが6バックかと見間違うくらい守備的に引いていたので、相手陣で試合が展開。

試合6
サイドの小林が中に入るシーンがいくつか。
先週はサイドが張り付いていたが、今週は中へ中への指示があったか?

試合7
ボランチの酒井、やや引いていたため、中盤の前と底が先週より開いてつながりがいま一つ・・・
守備を優先したため致し方ないと思われるが。

試合8
サイドバック石川、後半にサイドでの連携からいい上がりを見せた。

試合10
右サイド中盤で出場カン。この日はやや目立てなかった。

試合11
センターバックで出場、酒匂。守備陣は頑張ったと言える。

試合9
エリア内でシュートを打たれるがDFがはじいてクリア。
山本も良く守った。
前半0-0で折り返した。


後半選手交代なしでスタート。
後半に入っても基本的な流れは変わらず試合は進む。
刈谷も押してはいるが決定的に押し込めない。
そうした中、後半15分に小林に代わり宮田が入って2トップのような形になると、宮田が裏へのスペースへ抜けだし惜しいシーンを作ったり、押しこんだ。
その流れで何とかゴールを割って欲しかったが、結局は得点につなげることが出来ないままだった。

試合13
後半立ち上がり、CKなど続いて攻め込むもロック守備陣に守られる。

試合14
サイドバックで出場庄司。いつものように豪快に切れ込むシーンを見せたが・・

試合15
通常の攻撃は難なくはじき返す刈谷守備陣。

試合16
後半10分くらい裏へのボールへ日下が走るも相手DFにさえぎられ間に合わず。

試合17
後半20分ごろセットプレーの流れ、左からのクロスに飛び込むロックFW。
ボールはぎりぎりそれていく。

試合18
後半25分ごろ、同じくセットプレーからゴール前混戦、なんとかはじき返した。

試合19
後半30分ごろ、CKから宮田がヘッドも惜しくもそれていく。

試合21
後半35分ごろ、宮田が裏へぬけシュートを放つもGK正面。

試合20
途中出場した宮田。攻撃で光るところを見せた。次節なんとか得点を。

試合22
その後も押し込んだが・・・

試合23
結局0-0のまま終了した。

試合24
試合後の挨拶。


結局シュート本数も少ないまま無得点で引き分けた。
コンセプトはわかる。
ここ最近守り切れていなかったので、まずは守りから手をつけた戦い方だった。
しかし、得点が取れなさすぎるのも・・・
無いものねだりだが、長身のポストができるFWが欲しい・・・・
次は難敵横河、アウェイの利をいかして?勝ち点を取って欲しいところ。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク