すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL前期第9節 vsソニー仙台FC(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷 0-1(0-0、0-1) ソニー仙台FC


泥沼の連敗。


とにかく歯車が合っていない。
攻めきれない、守りきれない。
今日はフォーメーションを4-5-1にしてやり方も変えなんとか打開を図ろうとしていたのはわかる。
しかしあまりにも点が取れない。
得点の匂いがほとんどないのが虚しい・・・

試合1
後半33分、右からのグラウンダーのクロスがゴール方向へ行き、誰も触ることなく枠へ行って入ってしまう。

試合2
FWで出場加藤。トップ下の位置からボランチの位置までよく上下動して球際にくらいついていた。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
----------------------------------------------------------------------------------------
試合3
天気は晴れで観戦日和だった。

試合4
記念撮影

       中山

          加藤
小林  日下       カン
        高橋

庄司  酒井  酒匂  石川

       山本
フォーメーションは4-5-1
両サイドに小林とカンが張り、中央を高橋を底にしてトライアングルを形成するように日下とFW登録の加藤が入った。実質中山のワントップ。
   
前半、刈谷の入りはそんなに悪くなかった。
中盤の高橋にボールを集め両サイドに散らしたり加藤が下がってきてボールを刈谷が保持。
10分過ぎぐらいまではある程度形をつくれていた。
ただ、ここのところの傾向でもあるのだが、それから先がない。
トップの中山がつぶされることが多く、フィニッシュに至れていない。
もともとそれほどフィジカルに強い選手ではないので、くさびにいれても相手に奪われるシーンが目立った。
そうこうしているうちにチャンスが単発になって相手ペースとなっていく・・・

試合5
立ち上がり、右からクロスに小林が入る。

試合6
加藤が上下に動いて攻守に顔を出す。

試合7
トップで出場の中山。くさびにするよりウィングでスペースに入るもしくは前を向いてドリブルする方がやはり持ち味か・・・前半35分で途中交代。

試合10
前半25分ぐらい、カンのスルーパスから裏へぬけシュートする中山。オフサイドを取られたが、動きはよかった。

試合8
CBで出場酒井。酒匂とのCBも急造コンビだった割に安定していた。

試合9
ボランチで出場高橋。ここでボールをキープして散らせると攻撃になる。

試合12
中盤で出場の日下。スルーパスなどを出して攻撃。

試合11
前半35分前後、守る刈谷。

試合14
前半40分過ぎ、ボールに飛びついてキープする山本。

試合13
その直後、加藤がエリア内角度のないところでシュート。GKにはじかれる。

前半は0-0で折り返した。


後半、前半のうちに中山→小島と交代していたほかは特に交代なしで進んだ。
試合はなかなか思うような展開にはならなかった。
トップに入った小島を起点にサイドからソニー陣内へ攻め入るがゴール前までボールがつながらない。
全体が間延びしフォローが遅れ単独突破を図ってもつぶされる。
試合17
立ち上がり5分、石川がサイドからシュートを放つ。

試合20
FWで途中出場小島。くさびに入り起点となろうと頑張るが孤立しがちだった。

試合21
後半10分過ぎ、庄司がサイドからドリブル突破を試みるが、相手DFに抑えられる。

試合16
サイドで出場小林。思い切って両サイドが張って展開するというのは悪い案ではなかったが・・・

試合18
後半10分ごろ、相手にシュートを打たれる。

試合19
山本がそれを防ぐ。

試合23
中盤ではボールの奪い合い。ソニーに厳しく守られた。

試合22
ピッチの外でアップする今季初スタベン那須。

そうこうしているうちに、パスミスから1対1のビックチャンスを作られたり、ゴール前で危ないシーンを作ったりしてしまう。
試合24
後半25分ごろ、パスミスから中央で奪われGKと1対1だったが、相手がシュートを外してくれた。
流れはソニー仙台へ。

そして後半33分にサイドへの寄せが遅れたところクロス気味に入れられたボールがそのままゴールへ入って先手を取られる。
試合26

試合27
左サイドから右サイドへボールを振られて、右サイドのチェックに行くのが遅れて体勢十分でボールを蹴られて失点した。

その後はここ最近のパターンで酒匂を前線に出してパワープレーに入るものの、フォローが全くなく孤立するばかりで得点の匂いがなくなる一方。
試合28
酒匂が前線で競る。
この時間帯に小林→川崎、酒井→岡戸と投入されるが、流れを押し戻せなかった。

試合29
ロスタイム、エリア内で相手にシュートを打たれるがこれは守備陣が防いだ。
しかし、結局そのまま0-1で試合を落としてしまう。

試合30
終了の瞬間。

試合31
試合後に挨拶に来る選手達。


ちぐはぐな内容で結局競り負けた。
攻めるのか、守るのかどちらに重心がかかっているのかイマイチ不明。
二兎を追って一兎も取れなかった感じ。
ずるずる順位が下がり14位。正念場の時がやってきている。
また、最近はお客さんもなかなか増えず、内容で呼べていない。
イベントをしたり、ビラを配ったり努力は見られるのだが、試合があまりに・・・
まずはホームで1勝をしたいところ。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク