すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2009JFL前期第3節 vsジェフリザーブズ(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷0-0(0-0、0-0)ジェフリザーブズ


内容は良くなっているのだが・・・


この日は勝った前節に比べれば内容はいい。
守備陣はもちろんのこと、攻撃に関しても選手もボールも良く動いて攻めていた。
ただ、フィニッシュがない。
シュートがないから相手に脅威を与えられないし、点を取れる雰囲気にもならない。
この日得点の匂いがしたのは後半のカンの惜しいシュートぐらいだったか・・・
山本はじめ守備陣はかなり頑張っていただけになんとかして欲しかった。

試合1
前半20分過ぎ、エリア内で打たれたシュートを山本が体を張ってゴールを守った。

試合2
GK山本、大柄の割に至近距離からの反応もなかなか。ゴール前での競り合いは迫力。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
-----------------------------------------------------------------------------------------
試合3
この日は快晴、あまりの天気の良さに陽に焼けすぎて次の日までぼーっとなってしまった。

試合4
記念撮影。
スタメン、サブともに前節と同じ。


前節と全く同じであったので、苦しむかな?と思っていたところ、思ったより選手・ボールが動いていて相手陣内に攻め込むシーンが格段に増えた。
ピッチを広く使いサイドをついて攻める。もしくはトップに張る中山に当てて展開。
中山は相手DFによくつぶされながらも頑張っていた。

試合5

試合6

試合7
前半立ち上がり、セットプレーのチャンスで酒井ヘディングも惜しくも入らず。
この後、CKだったから相手DFの頭に当たっていたのかも・・

試合8
その後CKから最終的にカンのシュート。惜しくも入らなかったが立ち上がり攻め立てる。

試合10

試合12
サイドが中心の攻め。

この後も刈谷は複数人が攻撃にからみながらサイドから攻め相手陣に行くことは行くのだが、なかなかシュートまでが遠い。高さがないのと、前線の納めるところがないというところが手が限られているのもある。
試合14

試合11
トップに張る中山。競りあいになると苦しいのでスペースに出す展開が望ましいが、あまりそういうシーンは少なかった。もう少し両サイドのスペースを使う展開にしてもよかったような。


攻撃に決定打がない分、刈谷は全員守備全員攻撃で、トップ1人を残してほとんどが、攻撃・守備に参加して相手の攻撃を防ぎきっていた。

試合13
複数人で囲む。

試合17
前半20分、前半危なかったシーン。サイドからクロスボールを入れられ、競り合いでこぼれたところをシュートされる。これはGK山本が防いだ。

試合9
DFの池上。相手のスピードに乗った突破をうまく体を入れて防ぐ。かなり安定した守備を見せる。

試合15
サイドの石川、ボールをクリアしたシーン。なかなか攻撃に見せ場がなかったか。

試合16
ボランチ出場の酒井。広範囲に守備に顔を出している。


結局のところ、前半は両チームとも最後のシュートまで至ることが少なく0-0で折り返した。
両チームとも守備陣が頑張っていたと言っていい。


後半交代なしでスタート。
後半も前半と同じく刈谷はグラウンド中心にサイドからジェフリザを攻める。
後半になってもペースダウンすることなく、パスが回っていた。
ジェフリザは守備を固めてカウンターで来るため、ゴール前の人数が多くスペースがない。
そのため刈谷はなかなかシュートを打たせてもらえなかった。


試合19

試合20
後半立ち上がり、サイドから石川がクロス、カンがシュートを打つもブロックされ、そのボールをカン→宮田→高橋と渡すもやはりブロックされる。

試合21
その後カウンターを浴び、FKを与えるも守る。

試合22

試合23
後半15分ごろ、右サイドから中央、逆の左サイドへボールが渡り日下が突破を図るも、ゴール前阻まれる。

試合24
後半20分少し手前、裏へのスルーパスに中山反応するも相手GKが飛び出して防ぐ。

試合26

試合27
後半25分少し手前、ボールの競り合いから、カンが抜けだしエリア内でシュートを放つ。
惜しくも枠を逸れたが、これが一番惜しかった。
逆に言うとこれしかなかった気が・・・

試合28
その後も攻めるが・・・

試合25
形的にはFW?で出場の宮田。攻めも守りもよく走って顔を出した。

試合34
サイドバックで出場、庄司。ドリブル突破に目を見張るものがある。なかなか技術もあり、徐々に慣れてきたか?

後半30分ごろに中山→森山、カン→川崎と立て続けに選手を変える。
後半30分前後からはいくつか攻められるシーンも。
試合29

試合30
後半30分ごろ相手選手にエリア内でシュートを打たれる。ここのこぼれたボールはなんとかクリアした。

試合31

試合32

試合33
後半35分過ぎ、日下が浮球パス→森山走ってエリア内に入るが、相手に防がれる。

試合35
結局一進一退あったものの、どちらも最終的に無得点で終了した。

試合36
試合後の挨拶。

0-0のスコアレス。守備面ではかなり頑張ったし、攻撃面でも今できる最大限のことはしている感じは受ける。
しかしながら点が取れないのも現実で、ここからどうテコ入れするのか・・・
次は町田、波に乗り切れていないようなので、確実に勝って欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク