すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

後期9節 vs SC鳥取 (AWAY 米子市営東山陸上競技場)

SC鳥取3-4FC刈谷


「打ち合いを制す!」



激しい点の取り合いの末、勝利を上げました!!
今日は点を取られても1,2分ですぐに取り返すこと2度、驚異的な粘りでした。(速報打つ側としては泣かされましたが(笑))

20061016022114.jpg

勝利を上げ喜ぶ選手達。

20061016022122.jpg

新加入秋田選手、競り合いに行く。
----------------------------------------------------------------
リーグ戦再開、新加入の選手も入り巻き返しを図るに絶好の相手SC鳥取。
試合は守りの安定感がなく、失点も中央をあっさり抜かれてしまったり、立ち止まったり手放しでは喜べないところもいくつかありました。
しかし、それ以上になんとかしようとする選手の必死さは伝わってきました。
それが点を取られても取り返すことの出来た要因だと思います。
この辺は良い傾向です。

20061016234924.jpg

試合前、初心忘れるべからず。
「闘志なき者は刈谷を去れ」掲げさせてもらいました。

メンバー表。
20061016234118.jpg

スタメン
GK:来栖
DF:吉田、西原、西村、小林
MF:浮氣、日下、酒井、秋田
FW:加藤、中山
サブ:ルーカス、岡戸、社本、宮田
サブメンバーは5人ではなく4人のみ。
伊藤・篠川と出場停止、怪我人もいたにはいたけど・・・
ベンチに入りたいと思うならば普段からより気持ちを見せることがないと入れない・・・チームの意気込みの表れのようでした。

20061016235304.jpg

入場

20061016235448.jpg

記念撮影

試合開始
FC刈谷は
中盤トップ下に秋田
中盤左に日下、右に酒井
中盤の底に浮氣を配する4-4-2のフォーメーション

前半、FC刈谷は伊藤を欠き、前線に高さを欠く為、相手の裏のスペースをどんどんついていく作戦に出ます。
ボールを持ったら、早く前へ出し中山を使いスペースをついていきました。
20061017000824.jpg

それが当たり、相手CBは中山のスピードに翻弄されついてきてませんでした。
また、ボールを持つと何度も勝負を仕掛け、相手をさらに脅かします。
そのため、前半から決定的チャンスをつくり相手ゴールを脅かし、ゲームの流れを掴みました。
ただ、相手にも守備の脆さから危険なエリアで時折シュートを打たせてしまってはいました。
20061017000844.jpg


そして、前半28分に一瞬の隙をつかれDFの裏をSC鳥取のFWが疾走し、GKと1対1を決め先制する。

20061017001324.jpg

来栖止められず・・・

しかし、2分後に、日下からのパスに相手DFとGKが譲り合いみたいになったところ中山がうまくループシュートを決め追いつく。
あっという間の同点劇でした。

20061017001811.jpg

中山のGKの頭上越しゴールは2回目ですね。

20061017002055.jpg

喜ぶ中山

20061017003151.jpg

そしてその後は、刈谷の攻勢あり、CKのピンチ有りとありましたが、刈谷の方がプランどおり押し気味に進めました。

20061017234632.jpg


20061017003016.jpg


前半はコレで終了。後半へ。

前半の最初の方は相手の裏を突くロングボールを多用して攻めていて、相手にも幾度かチャンスを与えていました。
しかし、試合がすすむにつれグラウンドのパス回しが増え、繋いでからトップ下秋田等によるDFとDFの間を通すスルーパスが増えてきました。
後半に入ると、よりその動きが顕著になり、中央突破から相手サイドの裏を突いたりDF中央の間を攻めて行きました。
その中でも秋田はボールを持つとドリブルで切れ込んだり、絶妙な間合いでパスを出したり、高い位置でポストとなり後ろからの攻撃を促していました。
また、中山も後ろから出るパスに幾度も反応。
サイドに流れる「間に合わないか?」と思われるようなボールにさえ相手DFを抜きさってボールをとり相手ゴールを果敢に目指していました。

20061017214851.jpg

切れ込む中山。この後倒されるが絶好の位置でFKを得る。

刈谷ではあまり見られなかったポストプレー↓
20061017214938.jpg

浮氣さんが右サイドから中央秋田へパス

20061017215014.jpg

秋田、相手DFのチェックに負けずボールを保持しパス

20061017215031.jpg

後ろから来た酒井がパスを受けそのままミドルシュート(惜しくも入らず)

試合は後半13分
中央ペナルティエリア前まで上がっていた吉田が、小林からパスを受けミドルシュートを放ち見事に相手ゴールに決め2-1と勝ち越す。
20061017215910.jpg

20061017215923.jpg

見事に決めました。

しかし、後半25分に右から崩され17番にシュートを打たれ失点、追いつかれる。
20061017220952.jpg

20061017220959.jpg


だが、刈谷はわずか1分でまたも勝ち越し。
20061017221307.jpg

エリア内右この位置から左足でシュート
(スミマセン、シュートシーンが・・・今日は中山選手のを撮り逃してばかり・・・・)
20061017221835.jpg

喜ぶシーン

そしてさらに39分中山と交代した宮田がカウンターから秋田の裏へのスルーパスに相手DFラインを抜け出しGKと1対1を決める。
20061017222404.jpg

20061017222417.jpg

20061017222805.jpg

きっちり決め、これで4点目。ボールがゴール内から跳ね返りがっくりとボールを取りに行くGKと喜ぶ宮田。

この後1点を取り返されるも、今までのように追いつかれること無くタイムアップ。
勝点3を得ることが出来ました。
20061017222656.jpg

憮然とする鳥取の選手と喜ぶ浮氣さん

20061017223126.jpg


公式記録↓
20061016234240.jpg

結局シュート本数は両チーム14本ずつ。1705人の観衆。
形はどうあれ最後の最後勝ちきることが出来たのが何よりの収穫。
試合後小林選手が「必死でした」と言っていたのが何より今日を物語ってました。
小林選手も守っていて相手に必死に喰らいついていこうとするシーンもみられました。
こういう戦いが今後も見られると、より皆の心を掴むことが出来ると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク