すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

練習試合 vsFC岐阜(北西部グラウンド)

岐阜県の北西部グラウンドの岐阜との練習試合を見てきました。
結構きれいなグラウンドでした。
この日の意義はどこにあるかはわかりませんが、スカウティングだとか、相手さんが新加入の選手のt力量をはかるためなんでしょうかやっぱ。

試合はFC刈谷4-3FC岐阜(1-1、3-2)
前半:原賀
後半:森山、諸江、和多田

森山大地初ゴールシーンを見れたとか、中山君が後半出てきてやたら走るとか、なぜか岐阜戦力外の小峰が出ていたりとかなかなかカオスだったような気がします(笑)
まぁ、こちらもあちらも戦力落してやってますので、今後の参考程度でしょうか。

FC刈谷参加選手(全員出場)
GK:石川扶、盛田
DF:諸江、森山、笠木、田上、石川高、小林、岡戸
MF:酒井、高橋、原賀、中山、那須
FW:武末、宮田、和多田、加藤

試合1
FC刈谷3点目、CKから諸江(写真右の方)がヘディングシュート
----------------------------------------------------------------------------------

流して見ていましたので後でそこそこの更新になります。
試合2
この日初めて行った北西部グラウンド。JR西岐阜駅の北の方で、本巣より?のところでした。
作られたばっかりなのか、きれいな設備でした。

試合5

試合6
練習用グラウンドとしてはいいのではないでしょうか。

試合3

試合4
駐車場も広く、隣にもグラウンドがありました。写真はグラウンド南にある有料大橋、通行に100円かかるとか。

試合7
見学者はグラウンドの柵の所からピッチレベルで観戦というちょっとつらいロケーション。
試合中の指示とか会話とかはよく聞こえます。

試合は45分×2本で行われました。
最初3本で予定していたのか、3パターン用意していたようで、途中で選手やフォーメーションを入れ替えていました。

1本目3-5-2のフォーメーション。

    武末  宮田

       原賀
 田上         石川高
    酒井   高橋

   笠木 森山 諸江

       石川扶

こんな感じ。最近めったに見ない3-5-2です。
1本目は森山が最終ラインに入り、最近CBの笠木と諸江というお試しバリバリ起用です。
試合は最初のうちは5分と5分、サイドの石川高、田上らを縦に走らせて岐阜ゴールに迫っていました。ただ、前線でボールが保持できないのと、保持できないところからか信頼して動けなくなったのか、それほど厳しく寄せてくるわけでもない岐阜ディフェンスにあっさり守られボールを持たれて押し込まれる時間が増えていきました。
守りの方でも、笠木、森山がやや連携不足か距離が近すぎたり、サイドのディフェンスでおかしな動きが見られました。
1点目は笠木側から攻められ失点。先制点を取られました。
しかし、前半終了間際に原賀がドリブルからサイドに流れながら放ったシュートが入り、同点に追いつきました。
それまで、あまり刈谷側に前半シュートがなく無得点で終わりそうな雰囲気だったので、追いついたことだけはよかったかと。
ただ、練習ということを考えるとチームで崩したわけではないので、監督もお怒りでした。

試合8
諸江が守る、セットプレー時の空中戦ではやはり強いところを見せました。

試合9
CB笠木と隣にいるのは森山。これからですかねやっぱり。

試合14
セットプレーでゴール前で守る森山というのはなかなか斬新な画のような(笑)

試合10
サイドに流れるシーンが多かったような宮田。
中央中心に動いてフィニッシュに持っていってほしいな。

試合11
前半30分に石川高が中央へ切れ込んでシュート。後半にもそういったシーンあり。
シーズン中はあんまりみなかったかなあ。

試合12
前半終了間際の原賀のシュート。これが相手ゴールに入る。

試合13
シュートの際につったみたいで、後半5分で交代。
本人試合後は何ともなさそうなのでよかった。


前半の途中から4-4-2にフォーメーションが変更。
後半開始時には下のような感じで再開。

     武末  原賀

森山  酒井  高橋  宮田

田上  笠木  諸江  石川高

       盛田

試合16
円陣

で、5分後ぐらいに原賀→和多田
さらにしばらくして酒井→加藤、武末が酒井の位置に入りボランチ、加藤が前に入る。
ハーフタイムに浮氣監督から動いていなくて足元でもらおうとしているので相手に取られる、走って相手を崩してからなら足元でもらえるとの指示。
その指示通り走ってがどんどんしかけて相手を崩していました。

試合17
原賀交代直後に森山が裏へ抜けて1点を取る。

試合18
もみくちゃにされる森山。

試合19
その後の石川高のシュート。岐阜ディフェンスがずるずる下がりだす。

後半15分くらいで森山、高橋、石川高、田上が交代。
小林、岡戸、中山、那須が入りました。

     加藤   和多田

中山  那須   武末  宮田

小林  笠木   諸江  岡戸

        盛田

中山が試合に出ているのを見るのはずいぶん久しぶりで、やはり筋肉が落ちていてより小さく見えました(失礼!)
ただ、プレースタイルは健在でボールをもったら速くどんどん仕掛けるところは来年に向けてかなり期待が持てました。
本人まだまだと言っていましたし、実際よかった時のドリブルで仕掛けた時のスピードにはまだ及ばないなぁとは思いました。それでも岐阜ディフェンスが2枚ついたりして苦労していたのですごいなとは思います。
また、中盤で出た那須選手がよくボールに絡んで頑張っていたのが印象に残りました。
彼はやっぱりサイドで出るより中でプレーさせた方がいいですね。
和多田選手も出てから積極的にシュートを狙い、決勝点を奪ったので来年残るのであれば期待したいところです。

試合20
走って仕掛ける刈谷オフェンス。

試合27
ボランチの那須。コーチ兼業なるか。

試合29
FWで出場和多田。

試合22
中山は久し振りです。

試合21
20分ぐらいに惜しいシーンが・・・

試合23
30分過ぎに諸江のCK→ヘッドで得点。

試合24
その数分後に和多田のシュート。

試合25
それが入って4-3で逆転。

試合26
危ないシーンもありましたが・・・

試合28
そのまま終了。
結構後半は相手を圧倒してしまいました(圧倒というほどではないかもしれないけど・・・まぁこっちのペースのゲームでした。)
戦力外選手が多いとはいえ岐阜大丈夫かとよけいな心配してしまいます(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク