すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL後期第17節 vs栃木SC(AWAY 栃木県グリーンスタジアム)※更新しました

栃木SC 1-1(0-0、1-1)FC刈谷
得点者:平林(後半21分)


オレ達の誇り、オイサー伊藤また逢おう!


試合は後半点を取り合い引き分けで終了。
お互いに得点機会を作り、惜しいところを何度も見せた。
刈谷は前半は抑えぎみな立ち上がりだった。
後半立ち上がりに伊藤が得たPKを伊藤が蹴りふかしてしまうが、その後全員が頑張り攻勢にでて、同点に追いついた。
後半35分に相手に退場者が出て、逆転が期待されたが、栃木に粘られ同点で終了した。
内容としては良く、もう少しで勝つことができた試合だった。

試合1
後半3分ぐらい、PKを蹴るオイサー伊藤。力みすぎ(こちらから見て)ゴール右側枠外へ外してしまう。その辺も伊藤らしいと言えば伊藤らしい。

試合4
最後の試合となった伊藤。

試合5
試合後挨拶に来てうずくまる。

試合3
段幕、「オレ達のオイサー伊藤、また逢おう!」

試合2
試合後ゴール裏前でサポーター一同から花束(伊藤のゴール数の数(黄色(白っぽい)がデンソー時代のゴール数、赤がFC刈谷のゴール数の花))とタオルマフラーが伊藤に贈られた。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
----------------------------------------------------------------------------------
試合6
天候は晴れ、試合中雲がやや多くなっていったものの観戦日和だった。

試合7

試合8
試合前のアップの様子。

スタメン。

     原賀  伊藤

平林  日下  西原  高橋

田上  松田  諸江  石川高

       石川扶

この日は高橋がFW登録。
いつもよりやや前がかりととなり攻める。
また西原がアンカーとして中盤の底に入った。

試合9
入場。伊藤ゲームキャプテンを先頭に入る。


試合は栃木が攻勢に出てくる。
ホーム最終戦ということもあり、前がかりになって攻めてくる。
刈谷はやや抑えたような立ち上がりで守りを重視していた感じの立ち上がりだった。
そんな中、守備陣はかなり奮闘していたが、特に目立っていたのは西原。
アンカーとしてDFラインの前で相手の攻撃してくるスペースを消して栃木の思うとおりにやらせない。
攻める栃木、守る刈谷で試合は進行した。
ただ、防戦一方ではなく刈谷も攻める展開はありプラン通りにやれていた印象だった。

試合10
ペナルティエリア内で守る日下。

試合11
体を張って守る松田。センター2人も頑張っていた。

試合12
GK石川扶、1点はこの前のループのようなシュート、ボールには触ったが、こぼれて入ってしまった。
それ以外は守り切った。

試合14
栃木はやや刈谷の右サイドから攻めてくることが多かった。
田上はじめ、日下、平林らもよく守り最後のところで耐えていた。

試合16
ボールに飛び込むSBで出場の田上。よく頑張っていた。

もちろん刈谷も守るばかりではなく、カウンターから相手ゴールに迫る。
試合15
前半10分過ぎの平林のシュート。これは枠を外れていった。

試合17

試合18
15分過ぎ、ドリブルで突進する平林。エリア内で倒されるが流される。
試合通じてややホームアドバンテージがあったようなジャッジだったか。

試合19
20分過ぎ、伊藤選手がゴール前で競る。このあたりはきっちり跳ね返してくる。

試合立ち上がりから中盤までは守る展開が多かったが、前半の終盤に差し掛かってくると相手陣内で試合を進めることも多くなり、互角に渡り合っていた。

試合13
この日も体を張ったプレーが多いオイサー伊藤。
これは競り合いに行ってファールを取られた。

試合20
右サイドバックの石川高大。相手の攻撃をつんだ後の攻撃参加がよかった。

試合21
30分ごろ原賀がドリブルで切り込む。このあたりも跳ね返される。

試合22
ボランチで出場西原、よく動いて相手の攻撃をつんでいた。後半早々に交代したが、前半はかなりよかった。

試合23
終了間際、ボールを止めて飛びつく石川扶。
前半は何度か危ない枠内シュートがあったが、守り切った。
結果、0-0で折り返した。


後半、ハーフタイムでは選手交代がなかったが、3分に西原→酒井と交代があった。
この日の酒井は攻守にボランチの底として機能していた。
試合は後半立ち上がりいきなり栃木が先制。
石川扶のさわったボールがゴールにはいってしまった。

試合25
ボールをかき出したように見えたが、ゴールを割ったと判定され・・・

だが試合はそれで動き出す、その直後伊藤がペナルティエリア内で倒されPKを得る。
試合26
エリア内で倒され、PKの判定。
そして、そのまま伊藤がPKを蹴ることに。
しかし・・・

試合27

試合28

試合29
豪快に枠外へ外し、顔を覆う伊藤。らしいといえばらしい・・・
ただ、それで奮起したか皆の動きがよりよくなり栃木ゴールを脅かす。
また、後半11分に日下が負傷したため、そのまま宮田と交代。
宮田はトップに入り何度かゴール前まで迫った。

試合30
セットプレーにファーから走りこむ伊藤。
後半は何度かいい位置からFKがあった。

試合31
前へ走る原賀。

試合32
途中出場のFW宮田。カウンターからの勢いのあるドリブルとエリア内で惜しいシュートが2つあった。

試合33
同じく途中出場の酒井。この日は攻めも守りもうまくこなしていた。

試合34
後半20分ごろ、ゴール前の混戦で平林シュート。
後半は前半と逆転して、刈谷の方がこういうゴール前でのシーンが増え、セカンドボールも拾って攻撃できていた。

そして後半21分同点に追いつく。
混戦の後、ボールを奪い、平林につないで平林が角度のないところから見事なシュート。
相手ゴールにつきさした。

試合35

試合36

試合37

試合38

試合39
これで同点に!

試合40
MF出場、走る平林。この日もそうだったが、角度のないところからのシュートが見事すぎた。
来年はいるのだろうか・・・

その後も攻める時間が多かった。時折守ることもあったが、刈谷の時間だったと言える。

試合41
伊藤が外に開いて中に入れる。

試合42
そのボールを石川高がうけ攻める。

試合43
そのあと攻撃を受けるが、跳ね返す。

試合44
後半30分ごろ、宮田のシュート。ゴール前混戦伊藤が落としたボールに飛び込むが枠をとらえきれなかった。

試合45
そのしばらく後、栃木のシュートがクロスバーにあたる。
そして、後半34分相手の選手が宮田を倒して2枚目の黄紙で退場になる。

試合46
25番に赤紙。これで有利に。

試合47
その後のセットプレーは相手GKに取られる。
刈谷はその後も攻める。

試合48
相手陣内で寄せる高橋。

試合49
サイドから上がってきてドリブルする田上。

試合50
終了間際、宮田が左からドリブルしてきて、中に切れ込みシュート。これはDFに外にクリアされた。
この後CKラインぎりぎりのところでスローインかと思ったが、そのままタイムアップになってしまった。

試合51
倒れこむ平林。

そしてその後、ゴール裏に選手が挨拶にきて伊藤選手に花、タオマフが贈呈された。
試合52

試合53

試合54

試合55

試合56

試合57

試合58
ゴール裏でサポーターと握手して挨拶をして伊藤選手は帰って行った。

試合59
最後に浮氣監督もゴール裏に挨拶に来てくれて、サポーターと握手した。


今シーズンは8位でフィニッシュとなった。
先制されながらも今年の刈谷を象徴するように同点に追いつく強さを見せた。
来年はまた伊藤選手はじめ何人かの選手が入れ替わることが想定されるが、培った物を生かしてより上の順位を目指して頑張ってほしい。
開幕ホームでできるのは6年ぶりでかなり感動もの。
ホーム(ホーム5勝7敗5分、アウェイは8勝2敗7分。アウェイ2敗はリーグ最少の負け数)ではなかなか勝てていないので、地元でもサポーターに強いところを見せてほしい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク