すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL後期第16節 vsソニー仙台FC(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷 0-3(0-3、0-0)ソニー仙台FC


先週の流れはどこへ・・・


序盤に失点を重ね、大敗。
前半ミドルレンジからどんどんロングシュートを狙われ、それが簡単にゴールに吸い込まれてしまった。
相手のよせも厳しかったが何もできなさすぎた。
後半は選手全員がミスを恐れ消極的になってしまい、流れが上向くことないまま終了してしまった。
ホーム最終戦で1000人を超えるお客さんが来てくれたのにもったいない・・・
来シーズンの開幕権は今日でほぼ決定したが、内容が良くなかっただけに残念。

試合1
後半15分手前、エリア内でフリーになりシュートを放つオイサー伊藤だったが、枠を外れる。

試合2
最後引退セレモニーで挨拶する伊藤選手。
セレモニーの後、酒井キャプテンと浮氣監督の挨拶、その後サインボール投げが行われ、選手の見送りがあり一日が終了した。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録

--------------------------------------------------------------------------------
試合3
天候は晴れ。お子様サッカー教室が行われていた。

試合5
外にはコロッケ屋さんがまた来ていた。
スタジアムに温かい食べ物があることはいいこと。

試合6
試合前から結構埋まっていた客席。試合中には手前の席も埋まった。

試合4
記念撮影。

スタメン

     原賀  伊藤  

平林  日下  高橋  篠川

田上  諸江  西原  石川高

       石川扶


試合は立ち上がりからソニー仙台が積極的に攻める。
刈谷からボールを奪うと、中盤の緩いプレッシャーを逆手に取りミドルレンジからどんどんシュートを狙ってきた。
また、刈谷の方はソニーの複数人の厳しいプレッシャーから思うとおりに試合が進められない。

試合7
立ち上がり、相手ペースで試合が動く。

先制点は8分、ソニー仙台が刈谷のクリアボールを拾って、そのままシュート。
GK石川扶の頭越しにシュートが決まる。
試合8

試合9
扶、手を伸ばすが届かず。

その後も流れはソニー仙台。
刈谷の攻撃は厳しいチェックでパスを思い通りに通させてくれないので、なかなか攻撃がつながらない。
方やソニーは奪ってから、速いうちにミドルレンジでもシュートを積極的に狙い刈谷ゴールを脅かす。
その流れで22分、40分に刈谷は失点を重ねてしまう。

試合13
石川が原賀にワンツーでパスを出すが、ソニーDFに阻まれる。

試合10
複数でチェックに来るソニー仙台。

試合11

試合17
防戦の時間が多い。

試合12
CBで出場、諸江。フィジカルの強さは見せたが、3失点のいくらかを防ぐまでには至らなかった。

前半22分失点シーン
試合14
17番大久保がペナルティエリア外から浮かしてシュート。
試合15
扶の頭越しにゴールへ。

試合16
前半40分、エリア内で相手にシュートを打たれて失点。
この段階で0-3となってしまう。
前半はそのまま0-3で折り返した。


後半、ハーフタイムで篠川と宮田を交代してスタート。
篠川も攻撃というより、守りに回る時間が多かった。
後半は前半ほとんどなかったシュートシーンなどチャンスはやってくる。
しかし、ソニー仙台に集中して守られ得点にいたるどころか、惜しいと思わせられるようなシーンも多くなかった。
刈谷の側に大事に行こうとしすぎて、プレーが委縮していたり、ボールを受けいったり、フォローにいったりする動きが少なく、積極的に動く姿勢のみられる選手が少なかった。
このあたりで勝負があった感じで、後半は大半の時間その流れのまま盛り返せなかった。

試合18
立ち上がり、右FKから伊藤競りに行くが、相手にクリアされる。

試合19
その後のCKもクリアされた。

試合21
ボールを必死に取りに行く伊藤。

試合23
途中交代した宮田が攻めるも、ソニーDFが最終ラインで守り切る。

試合20
中盤で出場高橋。この日は目立った仕事がなかった。
この日は中盤とDFがやや開いていたような感じで、もう少し連携を取って守らなければ苦しい。

試合22
FWで出場原賀、相対的にみると攻撃チャンスにからんでいた。ただ、決定的な仕事はあまりできなかった。

この日はチャンスで枠を外すシーンが多かった。
後半10分過ぎ右石川高→原賀競って落とす→伊藤フリーでシュートも枠を外す。
試合24

試合25

試合26

試合27

試合28
無情にもそれていった。

後半20分過ぎ、右FK日下→ニア原賀シュート。これも枠を捕えられず。
試合29

試合30

試合31
この辺で点が入らないのは、勝ち目がなかったと・・・

試合32
MFで出場平林。前目のポジションでフリーにさせたいところだが。

試合33
後半30分ごろ、宮田切り込んでシュート。これも枠はとらえられず。

試合34
後半29分に平林と交代出場した森山。得点に至ることはできなかった。

試合35
後半はシュートをいくつか打たれたが、何とか守り切っていた。

後半40分過ぎ、田上が中に走りこんでシュート。相手GKにはじかれる。
試合36

試合37

試合38
右サイドバック田上、後半終盤になるほど、ゴール前、攻撃に絡んできた。

試合39
試合はそのまま0-3で終了。
ホーム最終戦を飾ることはできなかった。

試合40
試合後にセレモニーが行われ、JAあいちさんよりお米が贈られた。

試合41
その後、サポーターや山下元デンソー監督、ご家族からメッセージシートや、お花などの贈呈が行われた。

試合48

試合42
最後、長女の子が泣いてしまったのが印象的。

試合43
その後、伊藤選手、酒井選手、浮氣監督の順で挨拶が行われた。

試合44

試合45
そしてサインボール投げ。

試合46
ボールを投げる日下選手

試合47
そして、最後例年恒例の選手のお見送りで終了。伊藤選手は最後になる。

試合は残念ながら敗れてしまった。
アウェーでの流れを持ってこれなかったのが残念。
1000人以上の観客に動きが硬くなってしまったのか・・・?
最終節に目標の勝ち点52以上を目指すしかない。
絶対に勝って有終の美を飾って欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク