すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL後期第9節 vsガイナーレ鳥取(AWAY 米子市市営東山陸上競技場)※更新しました

ガイナーレ鳥取 1-3(0-1、1-2)FC刈谷
得点者:日下(前半6分)、原賀×2(後半10分、後半42分)


ガイナーレ撃破!6位浮上!!


上位進出を争う眼下の敵、ガイナーレ鳥取を見事ねじ伏せた!!
前半立ち上がりは狭いエリアでショートパスをつないで相手を翻弄し、先制。
しかしながら、鳥取はピッチを広く両サイドを攻めてくることで、刈谷を徐々に追い詰める。
扶のファインセーブなどで刈谷は何とかしのぎ、カウンターから流れを掴んで後半追加点。
一時はPKを献上し1点差につめられるも、終盤に再度突き放して快勝した。

試合1
FC刈谷2点目、平林のロングフィード(クリアとも言う(笑))を受けて自陣からドリブルシュートをする原賀。

試合2

試合3
得点を上げてサポーターに向かって吼える原賀!!
(こういうのを撮りたいんですよボクは!(笑)特にプロ(J)を目指す選手はみんなサポーターにアピールして欲しいです!!サポーターにアピールできる選手はやはりJでもかっこいいし人気あると思います。またサポーターとしても選手と一緒に喜べるのはうれしいこと。)

試合4
ちなみにダメ押しの3点目も来てくれてユニフォームをひっぱりアピール!

試合5
田上がおぶさってきてみんなで喜ぶ。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録
----------------------------------------------------------------------------------
試合6
この日の試合前12時ごろは大雨が降っており、天候が心配されたものの、試合前にはなんとかやみ試合中雨が降ることはなかった。
(写真は試合中。メインスタンドと相手側ゴール裏芝生席と、バックの芝生席は人が満席状態)

試合7
試合前、アップするひさびさ登録の加藤。

スタメン
 平林  武末  原賀

   日下   高橋
      酒井

田上 松田  西原 石川高

      石川扶

サブ
盛田、篠川、和多田、加藤、宮田、森山

加藤が怪我からひさびさの復帰。
ここまで攻撃的な駒ばかりだとかえって潔い(笑)
登録上は4-3-3だけど、いつものように平林はやや下がり目。
後半はかなり田上サイドの守備のフォローに入っていたので大変だったかな。


試合は前半立ち上がりは刈谷がペースを握る。
ショートパスをいつものようにつなぎ、チェックに来る前に翻弄、相手が対応しきれない。
ところどころ試合前の雨から水しぶきが上がっていたが、それをものともしなかった。
右サイド高橋の復帰により石川がガンガン上がっていく様はかなり圧巻だった。
試合10
高橋、石川コンビのサイドはなかなか連携もいい感じに。

この日立ち上がりは右サイドだけでなく、左サイドの田上も積極的に上がり攻撃ができていた。
試合11

先制は6分、日下。ミドルレンジからのシュートが枠のぎりぎりのところに決まった。
このシュートも見事なものだった。

試合8
中央やや左から日下がシュート。
(シャッタースピードが辺に切り替わってて・・・かなりぶれてます)

試合9
(かなりぶれてる写真その2、GKが飛びつくのをあざわらうようにゴール右隅に見事決まりました。まあ雰囲気だけでも(笑))

先制後も流れは刈谷。前半20分ぐらいまではこちらのペースだったと思う。
しかし、時折くる裏へのボールに対して処理しきれず危ないシーンを作ってしまい、扶がファインセーブなどで防いでいた。
ただ、こうしたところからシュートまで持っていかれ、大きなサイドチェンジを含めた広いサイド攻撃によって(相手両サイドもなかなか出来が良かった。)徐々に流れは鳥取へ。

試合15

試合16
前半25分手前、右サイドからシュートを浴びる。扶、弾いてゴールを割らせない。

試合12
この直後、CKをゴール前で競って防ぐ武末。

試合13
その後も防戦、高橋と高大が相手に当たる。

試合14
松田、スライディングで防ぐ。

前半30分、相手ゴール前からのロングボールになぜか誰も対応せず、GKと1対1を作られたが、扶が左足になんとか当ててピンチを脱する。
試合17

試合18
この日の扶はかなり当たっていた。

試合19
前半40分ぐらい、パンチングでクリアする扶。

試合20
前半ロスタイム、右サイドからシュートを浴びる田上飛び込んだが間に合わず。しかしサイドネットで助かって前半はここで0-1で終了。


後半、選手交代無しでスタート。
後半の立ち上がりもやや鳥取の流れで試合がスタート。
しかしながら、ここでも点を先に奪ったのが刈谷。
ゴール前から大きく出したボールに原賀が受けてそのまま疾走→シュート。
見事カウンターが決まって0-2と突き放した。
試合23

試合24

試合25

試合26

試合27

試合28

試合1
このシュートが、見事ゴールに突き刺さった。


この後、刈谷は守りを固めゴールを守る。
鳥取は後半から出場した外人ハメドを中心に攻めてくる。

試合29
後半20分、9番ハメド、エリア内でシュート。松田、高大、扶が体を張ってクリアした。

試合30
その後も守り、平林もサイドのフォローに対応する時間が増える。

試合22
FW平林、この日は守る時間も多かったが、2点目と3点目は平林のパスから得点を上げている。

試合31
MF日下、この日の先制点はビューティフルゴールだった。親戚の方が観られていた中、結果を出した。

試合32
守る時間の多かった後半26分、相手DFが原賀にファールをして2枚目の黄紙で退場。
これで流れが来るかと思われた3分後、エリア内で相手をフリーにして扶がそれに飛び出し止めにいくも相手選手を倒してPKを献上してしまう。

試合33
扶、エリア内で黄紙を貰ってしまう。相手に裏を取らせてしまった時点で致し方なし・・・

試合34
真正面に決まってしまった。

その後も耐える時間が続く、しかしその後は得点を与えずに耐え続けていると、後半40分すこし前辺りから、刈谷のカウンターが何本か決まりだし、相手陣内で試合を進めることが増えていった。
この辺で人数のビハインドが効いてくる。

試合35
サイドを突進する田上。

試合36
後半40分過ぎ、平林のシュート。これは惜しかった。

試合37
この時間帯、CKやFKなどこのあたりでプレーすることが多かった。
他にもシュートがあって流れが刈谷へ来ていた。
そして、後半42分決定的な3点目が、平林がぽーんと浮かしたパスに原賀がそのままシュート。
見事相手ゴールに突き刺さり、刈谷側ゴール裏はお祭り騒ぎに(笑)

試合38

試合39

試合40
綺麗にシュートして、鳥取を叩き落した。

試合42
サポーターに手を振りながら原賀と田上が応える中、高大もやってきて原賀に飛びついて喜ぶ。

その後は、最後ゴール前でフリーでヘディングシュートを打たれるも枠の外へ・・・
試合43
11番途中出場の秋田のヘッドは枠の外へ。

試合44
そして、宮田が原賀と交代して入ったところで試合終了。1-3で刈谷が勝利した。

試合45
サポーターに挨拶に来る選手達。
試合46

試合47
原賀はもっと声が欲しいと要求(笑)こういうのもいいですよ!

試合48
全員で万歳。後ろには浮氣監督がうれしそうに見つめる。

で、この日は原賀と日下にマイクを。
試合49
・・・で、原賀の第一声
「刈谷って強いだろうううう!!!」

その通り刈谷は強いんです!(笑)

試合50
そして日下にもマイクを渡して来ているサポーターにアピールしてもらった。


この日の試合後浮氣監督に天皇杯のショックを引きずらなかったことを聞いたところ、
選手が気持ちを入れ替えてくれたことと、「隼人(矢野)がみんなを上手くまとめてくれた」と
選手と矢野コーチに最大限評価をしていたことに印象が深かった。

それにしても引きずらずに、いい流れで中断期間に入れるのはいいこと。
リーグ戦一つでも勝って上位に食い込む刈谷がみたい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク