すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008第13回愛知県サッカー選手権大会(兼 第88回天皇杯愛知県代表決定戦) 決勝 vs愛知学院大学 ウェーブスタジアム刈谷※更新しました

FC刈谷 0-2(0-1、0-1) 愛知学院大学


予選で散る・・・


FC刈谷は試合を通じて攻めながらも、要所でゲームの流れを掴まれカウンターから愛知学院に2失点。
前線の力のある選手にやられてしまった。
それ以前に刈谷の中盤がぼろぼろでボールを繋がせて貰えない&足元の悪いピッチでいつものつなぐサッカーを意識しすぎて回せなかった。
相手が刈谷のウィークポイントを的確に攻めてきたということか。
刈谷の選手も固さが目立って消極的な選手が多かったが・・・
愛媛であの時の借りを返すのがまた先になってしまったのが悔しい。

試合1
前半40分、愛知学院1点目。カウンターから見事決められる。

試合2
雨のグラウンド、その状況をうまく利用してきたのは愛知学院の方だった。

メンバー表
メンバー表
公式記録
公式記録
----------------------------------------------------------------------------------



ちょっとショックが大きいので、更新が遠ざかっていました。
あまり負け試合の事を見たがる方も少ないでしょうから簡単に。

試合3
天気は雨、グラウンド状態がスリッピーで不安定な状態だった。

試合4
記念撮影。


試合は、FC刈谷が大体の時間で攻めるものの、中盤~前線の選手へ入るくさびのボールホルダーを愛知学院が集中的につぶしにきた、そのため刈谷は敵陣でボールを持ちながら効果的な攻撃ができなかった。
ボールを持っても足元に納められず、もたつくところも。
愛知学院は前半最初のうちは積極的に攻めず、守りに力を入れていたが、時間が進むにつれて一瞬のカウンターで前線の選手が攻めてくる。
特に失点の前後5分ぐらいで3回鋭いカウンターをもらい、前半の失点はそこから生まれた。

試合5
FW伊藤とマッチアップする相手外人FW。くさびだけでなく、独特の間合いでプレー。

試合8
前半の原賀の惜しいシュート。

試合6
平林のFK、いい位置でのFKは試合を通じて何度かもらったが・・・

試合9
相手FWと相対する石川高。

試合10
前半40分、前からプレッシャーをかけられ相手にボールを奪われた後、カウンターで失点。

前半は0-1で終了した。

後半、刈谷は前半より高い率で相手ゴールに迫った。
しかしながら、ポストやクロスバーに3度ほど当たり、絶好の得点機が取れない。
そうしているうちに、後半24分に中央やや左をスルスルとドリブル突破され、エリア内シュートのこぼれダマを押し込まれた。
これで試合の趨勢が決まった。

試合12

試合13
後半は立ち上がりから攻めていた。

試合14
後半15分ぐらいの宮田のシュート。ここから打つもGKに弾かれる。

試合15
そのしばらくあと、ペナルティエリアやや前でFKをもらうもシュートはポストなどに嫌われ入らない。

試合16

試合17
後半24分2失点目。右から25番が切れ込みシュート。GK石川弾くも、つめてきた17番にシュートを決められる。

試合18
その後は刈谷もチャンスはあったが得点ならず。0-2で終了。

試合19
表彰式。


試合は相手が一枚上だったということ。
とりあえず、もうリーグ戦に集中して1つでも勝ち星を重ねて欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク