すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008第13回愛知県サッカー選手権大会(兼 第88回天皇杯愛知県代表決定戦) 準決勝 vs中京大学 ウェーブスタジアム刈谷※更新しました

FC刈谷 1-0(1-0、0-0) 中京大学
得点者:平林(前半36分)


難関第2関門突破!


県内最大のライバルと見ていい中京大をねじ伏せ、勝ちきった。
試合の全体としては攻めるFC刈谷、守る中京大学といった感じで、今までよりは守りの強い感じのチームだった。
平林のすばらしいFK直接叩き込んだシーン以外に得点を上げることができなかったのが残念だったが、勝ち上がるという最大の目的を果たしたことは◎
来週はトヨタ蹴球団を4-1で下した愛知学院大。
なかなか難敵なので、油断せず愛知県代表の座を勝ち取って欲しい。

試合1
前半36分、相手陣内で得たFKを直接叩き込む平林。

メンバー表
メンバー表

公式記録
公式記録

--------------------------------------------------------------------------------


試合2
この日は前日と異なり天候が良かった。

試合3
記念撮影

スタメン

 原賀 伊藤 宮田

  平林  高橋
     酒井

田上 松田 西原 石川高

     石川扶


試合はFC刈谷が立ち上がりから攻めた。
ただ、この日はいつもに比べて立ち上がりパス回しの流れが悪く感じた。
平林が完全に中盤なので(いつものようにトップの一角で下がるのではなく)、ボールを持っていたのと、宮田が久しぶりスタメンなので回りと若干あっていなかった印象。また、相手の守備も厳しかった(ラフなプレーもあったが)といったところだとは思うが。
中京大学は前日の中京大FCと同じく守備重視できたのと、GKの守りの総合レベルが高くなかなか点を取らせてくれる感じではなかった。
GKはフィードがあまりよくなかったので流れを持っていかれるところまではなかったが・・・

試合4
中京大の選手をかわす原賀。

試合5
前半15分ぐらい、宮田がエリア内フリー、シュートを放つも相手GKに阻まれる。

試合6
中盤でボールを持つ高橋、攻撃のつなぎ、酒井と同じくミドルシュートも打ってみせた。

試合8
DF西原、守備で松田とのコンビは安心できる。完封に貢献。

試合9
DF石川高、ラストパスのクロスでは得点を作り出せなかったが、守備でかなり貢献した。
このサイドからの突破はあまりゆるさなかった。

試合10
FW宮田、この日は前半あまり周囲とあっていなかった印象。エリア内でのビックチャンスは得点を狙えた。

試合7
前半25分過ぎ、伊藤のシュート。ボールは枠をそれていった。

このあたりから流れはあって、前半36分に刈谷が先制する。
ペナルティエリアのやや外側でFKを貰い、平林が直接シュート
試合12

試合13
GK飛びつくが、届かずゴール。かなり勢いのあるFKだった。

試合14
喜ぶ選手達。

しかし、前半終了間際、立て続けにピンチを迎える。
前半40分すぎごろ、左からのクロスに中央でヘディングシュートを浴びるものの、ポストに当たる。
試合15
相手のヘディングシュート

試合16
石川扶届かないが、ポストに当たって跳ね返った。

試合17

また、その1分後くらいに右からクロスを入れられ・・・
試合18

試合19
フリーにしてヘディングを打たれたが、ポストにボールが当たって跳ね返った。
その後、なんとかクリア。

前半はこのまま1-0で終了した。


後半、選手交代無しでスタート。
前半と同じく、刈谷優勢の流れで試合は進む。
大半が中京大陣内試合であったが、得点を取るまでには至らなかった。

試合21
立ち上がり、右サイド石川高からのFKに平林が中であわせてヘディングシュート。
惜しくも枠を捕らえられず。

試合22
FW伊藤、空中戦では存在感も、前半のふかしたシュート以外シュートがなかった。

試合23
中京大は人数をかけて守ってきていたので、なかなか崩せなかった。
後半14分に中京大に退場者が出たので、その傾向は強かった。
そして、時折、セットプレーやカウンターから刈谷ゴールを脅かした。

試合24
後半15分過ぎ、右FKから石川扶がパンチングでクリア。セーフティ第一の守り。

試合25
後半25分ごろ、中央ドリブルで切り込まれてそのままシュートを許す。
ボールはぎりぎり枠をそれてくれた。
ただ、後半のピンチはこのぐらいで、後は刈谷の時間帯が続いた。

試合26
ドリブル突破からチャンスを作る平林。膠着した試合だと、前半のFKでの得点はお見事。

試合28
ボランチで出場酒井、前日よりはやや守備に時間を割いていた。

刈谷は後半23分に伊藤→武末
後半33分に宮田→和多田と交代していった。

試合27
交代出場した武末。この日は得点に絡めず。

試合29
FW和多田、この日はロングスロー→原賀シュートで魅せてくれた。
もう少し出場時間が欲しいかな。

その後半40分ごろの和多田ロングスロー→原賀シュート
試合30

試合31

試合32
ノーバウンドで、エリア内原賀打ったが惜しくも入らず。

試合33
さらに後半40分すぎ、和多田エリア内1対1のチャンスがあったが、物にできず。

試合34
ロスタイム、右から切り込み武末シュートも角度なく枠を捉えられず。

試合35
試合はそのまま1-0でFC刈谷が勝利した。

試合36
試合後全員で万歳。


点をあまり取れなかったが、難敵中京大学を振り切れたのは大きいし、ほとんど刈谷ペースで試合していたのでその面でも良かった。
ただ、まだ決勝戦が残っているので最後まで勝ちきって天皇杯本戦へ出場できるように頑張ってほしい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク