すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008第13回愛知県サッカー選手権大会(兼 第88回天皇杯愛知県代表決定戦) 準々決勝 vs中京大FC ウェーブスタジアム刈谷※更新しました

中京大FC 1-3(1-3、0-0) FC刈谷
得点者:原賀×2(前半12分、23分)、武末(前半38分)


まずは一つ目の難関突破。


相手は中京大2軍の中京大FC、試合の支配率は高くできたが、支配率のわりにチャンス・得点が取れなかった印象。
PKで先制されながらも前半のうちに追いつき、逆転、突き放すところまでは良かった。
後半、それに甘んじたかダメ押しができなかったのが残念。
もう少し早く、選手交代のカードを切ってもよかったとも思う。
そして明日は今日東邦高校に9-1で快勝した中京大学(1軍)が相手、ウェーブスタジアムで11時から試合。
正直、JFLの下位相手より難敵であることには間違いない相手。
気を引き締めて闘ってほしい。

試合1
前半23分、FC刈谷2点目。平林のシュートのこぼれダマを原賀がヘッドで押し込む。

試合2
両手を天に掲げて喜ぶ原賀。

試合3
試合後全員で万歳。
------------------------------------------------------------------------------
試合4
この日は曇り/雨模様。試合開始前は何とか持ちこたえていたものの、試合中に降ったりやんだりの様子だった。
また風が強く、右から左へかなり風が吹いていた。
今回はアウェイ扱いなのでいつもと逆の位置での観戦は久しぶり。

試合5
記念撮影

メンバー表
メンバー表

日下の代わりに篠川がスタメンに入った以外は特にいつもどおりのメンバー。


試合はFC刈谷が支配して攻める。
風上ということもあり、刈谷主導のパス回しで相手陣内に攻めて序盤からシュートをいくつか放つ。
平林や原賀、酒井もミドルシュートなどで積極的に打っていた。
ただ、ハーフコートのサッカーであったかと言われるとそこまででなく、中京大FCも果敢に攻めてきて刈谷を脅かす。
試合6
前半立ち上がりの平林のシュート

しかし、フィニッシュまでには行かせなかったので、刈谷としてはまずまずの展開と思われた矢先の前半7分高橋が相手選手をエリア内で倒してしまいPKを与えてしまう。
試合7
この位置で高橋、倒してしまう。

試合8
PK、石川扶、逆をつかれ失点。

ただ、失点5分後に今度は右サイドからのクロスにエリア内で原賀が相手DFに倒されPK得る。
ボールはかなり上を通過していたのでラッキーと言えばラッキー。
試合9
石川高のクロス

試合10
原賀、相手DFに倒される。ボールは結構上。

試合11
それを、原賀きっちり中央上に蹴りこみ同点。

同点を機に刈谷がさらに攻めに出る。ショートパスのつなぎで相手を切り崩していく。
中京大FCは裏スペースへの放り込みからぐらいしかチャンスがつかめなくなっていった。

試合12
前半20分くらい篠川1対1、相手GKに弾かれる。

試合13
その後カウンター中京大FC裏へ走りこむ

試合14
サイドからクロスを上げられたがなんとか、ゴール前シュートを打たさず。

そして、前半23分平林がエリア内切込みシュート、GKの弾いたボールを原賀がヘッドで押し込んで逆転する。
試合15

試合16

試合17

試合18
逆サイドに走りこみ。見事にゴール。

試合19
その後は中京大もシュートシーンをいくつか作り、攻めに出てくるも刈谷が38分に追加点を上げる。
追加点はやはりエリア内、平林がシュートしたこぼれダマを武末が押し込んで得点。
試合20

試合21
相手DFがゴールマウスでクリアするも

試合22
武末がこぼれダマに反応してシュート。
3-1となり、前半を折り返す。


後半は選手交代無しでスタート。
後半に入ると、立ち上がりから25分ぐらいまでFC刈谷が中京大FC陣内で攻めているもののシュートまで持っていくことができずに流れを掴みきれない。
中京大FCは必死の守りから、攻勢に出る時間も多少あったが、刈谷との力の差を埋めるところまではいかなかった。
結局後半は、刈谷がボールを持ちながらも得点までいたることのない、やや漫然とした試合展開だった。

試合23
攻める武末。前半1得点、後半は結構前を向いてボールを持つシーンがあったと思うが、なかなか決めきれず。

試合24
後半15分ぐらい、相手にシュートを阻まれる。これ以外にもこういうシーンがあった。

試合25
後半20分ぐらい、原賀が中央へドリブルで切り込んだところ、相手に倒されFK。

試合26
それを平林蹴るも枠を外す。

試合27
中盤でつなぐ、篠川。前半の決定機は決めたかった。

試合28
ドリブルで切り込む平林。この日得点シーンの前のプレーがほぼ個人突破に近いドリブルでチャンスを作っている。なかなか切れているので、明日の試合も期待。

後半25分過ぎごろ、平林からのパスに原賀ゴール前へ、相手GKに倒されるもノーファール。
これはPKだと思うが・・・
試合29

試合30

試合31
ボールにGKが触ってないと・・・
この後立ち上がってボールをキープするも得点にならず。

試合32
この日2得点の原賀。ボールと逆サイドのフリーの位置でボールを受けてチャンスにつなげるシーンが多かった。ここから爆発するか?

FC刈谷は
後半28分に平林→森山
後半31分に武末→和多田
後半36分に酒井→坂脇
と交代していった。坂脇は今シーズン公式戦初出場?

試合33
後半35分ぐらい、相手にシュートを打たれる。
後半は2本しか打たせていないので、ピンチらしいピンチは少なかった。

試合34
後半途中出場和多田。ボールを必死に奪いに行く。今日はあまり出なかったので、明日スタメンか?

試合35
MF坂脇、ボランチで出場。出場時間が短いのであまりボールに絡めなかった。
個人的にはとっても期待してる選手。

試合36
FW森山、ゴール前で前を向いてボールを持ったらシュート!を打って欲しい。
エリア内でのパスはやや積極性がなかったか?

試合37
試合はそのまま3-1で刈谷が勝利、明日の試合が正念場といえる。

試合38
試合後サポーターのコールに応えて煽る石川扶。明日は完封で!!

公式記録
公式記録。
シュート本数は多いが、枠を捉えたのがやや少なかった印象。
先週の国体の敗戦ショックはなさそうなので、明日と来週の決勝は絶対に勝ち抜きたい。

スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク