すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

女子サッカーを見に行ってみよう~! ~第八回 第17回全日本高等学校女子サッカー選手権大会その①~

7月27日(日)に全日本高等学校女子サッカー選手権大会へ行ってきました。
この大会は、磐田市でこの時期に毎年行われていて、いくつかの会場に別れて試合が行われています。
今回は一番大きいゆめりあグラウンドへ行ってきました。
ゆめりあはサッカー専用と多目的グラウンドの2面+2面の計4面のピッチがある競技場で、グッズから、食料の売店など結構な賑わいを見せていました。
今まで、陸上競技場の方しか行った事無かったから、ゆめりあすごいなぁとちょっと関心。
磐田市の方でも「女子サッカーの聖地」を目指しているそうで、こういう大会を近場で毎年やってくれるのは歓迎したいところです。

試合1
富山県立高岡商業(北信越第2代表:富山県(茶))vs常葉学園橘(東海第2代表:静岡県(青))昨年は10人しか選手がいなかった常葉橘、今年は10人以上いました。
-------------------------------------------------------------------------------


試合6
この日は天候は晴れ、抜けるような青空でした。

試合7
入り口には食べ物の売店、パンフ売り場などなど。

試合8

試合9

試合10
うわさの浜松餃子・民民(栃木のとは無関係?)が出店。

試合11
帰りに買って、車の中で食べました。
試合12
ひさびさに美味い餃子食べました。

試合14
民民の前には”豚足”入りカレーが販売。
オイオイオイ・・・・ちょっと二の足を踏んでしまいました(笑)

試合15
カレーの隣にはいわた茶の試飲と販売が。
試飲は冷たくしてありおいしかったです。

試合16
パンフ販売。

試合18
グッズは、サッカーグラウンド観客席の裏っかわで販売。

試合19

試合20

試合21
大会シャツやハンドタオル、出場高校の名前の入ったバスタオルなどが販売されていました。
僕はパンフ以外にはシャツを買ってきました。

試合2
写真はサッカーグラウンドの方。ピッチにはスタンド有り

こんなにいい天気でしたが、第2試合の途中で急遽落雷が。
そのため、中断をはさんで試合が運営されていました。

試合4
中断中。

試合17
中断中、全ての選手がサッカーグラウンド入り口の建物の軒下に。


試合5
サッカーグラウンドの横には、2002の日本代表のキャンプ地として足型が。

試合3
隣には多目的グラウンドがありました。

試合22

試合23
サッカー場と多目的グラウンドの真ん中の裏っかわの下の方にピッチ2面(たぶん人工芝、フットサルっぽい?)と隣に駐車場。
ピッチでは次の試合とかに出るチームがアップとかしてました。

試合24
こちらは多目的グラウンドの方、ピッチレベルでの観戦。

試合26
仮設の席が少々あるのみでした。

試合25

試合27
大会イメージキャラクターの「さっちゃん」。一緒に並んで記念撮影とかしてる子もいました。


・・・さて、そろそろ試合の方の紹介。
試合のレギュレーションから。
やっぱり普通のJFLとかの試合とはやや異なり、特に・・・
・試合時間は前後半35分ずつ。
・給水タイム有り。
・控え選手は5人まで。
・入れ替わりが自由(一回外に出てもまた入れる)
この辺が決定的に違うでしょうか。
レギュレーションをあげたところで、試合の紹介。

1試合目は昨年度チャンピオン女子サッカーの雄、鳳凰高校(九州第1代表:鹿児島県)vs北海道文教大学明清高校の対戦。試合にやや遅れていったので20分過ぎくらいから見たのですが、鳳凰がかなり苦戦。
文教は広島の兄弟校も出場しており、かなり女子サッカーに力を入れている模様。
ただ、それでも鳳凰が前半だいぶすぎたところで1点も取れていない光景はかなりびっくりしました。
正直圧倒だと思っていただけに・・・

試合28
ボールは支配しているのですが、ゴールが・・・

試合29
結局0-0で折り返すことに。

試合30
後半開始前の円陣。

後半に入り、立ち上がりに文教が惜しいチャンスが2つ。
試合31

試合32
ミドルシュート。鳳凰GKがはいじいて止める。

文教右からのクロスボールに・・・
試合33
GKはじく・・・

試合34
ボールがこぼれて

試合35
こぼれダマにつめてシュート。ゴールがからっぽだけど・・・

試合36
惜しくも枠をそれる。

鳳凰はここから反撃、攻める鳳凰、守る文教の形で試合が進みました。

試合38
押し込む鳳凰。

試合39
中央からサイドへ展開
試合40
右からクロス
試合41
文教GKキャッチ。


試合42
左からクロスが入り・・・
試合43
5番(写真右)の選手が合わせてシュートするもゴールの枠をそれる。

試合44
粘る文教DF。

試合は膠着したまま後半21分ついに均衡が破れる。
10番がシュートしたボールをGKが一回防ぐものの、そのこぼれダマを押し込まれ鳳凰が先制。
意地で押し込み先制した。
試合46

試合47

試合48

試合49
ガッツポーズで喜ぶ鳳凰10番。
これで勝負が決まった。

気が楽になったか、この後も鳳凰は攻め続け、後半34分に追加点2-0として勝利を挙げた。
試合51

試合52
スコアボード。

公式記録
公式記録。

1試合目はこれで終了。
次はとなりのサブグラウンドの試合を観戦するため、移動しました。



・・・つづきます。


スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク