すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL後期第1節 vsジェフリザーブズ(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷 1-0 ジェフリザーブズ
得点者:和多田(前半32分)


和多田古巣に厳しい一発!


雨でイベントが中止になりました。
募金活動もやれなくて募金しようと考えられていた方申し訳ありません。

試合の方は、前半にものすごい雨模様となったものの、どさくさまぎれに(笑)点を取ってそのまま逃げ切り。
こういう展開だと、どこでなにが起こるかわからないので、最後まではらはらしました。
勝ちきることができて何より。

試合1

前半32分、和多田ゴール前混戦でシュート。

試合2

試合後サポーターの前でマイクアピール。
------------------------------------------------------------------------------
試合3

この日は雨模様、試合前半中がものすごい雨で、視界がかなりさえぎられるような感じだった。

メンバー表

メンバー表
スタメン、ベンチともに前節と同じメンバーが名前を連ねる。

試合4

記念撮影。

刈谷は試合立ち上がりから、短めのパスをつないで相手ゴールへ迫ろうと攻める。
最初のうちは雨も降っていなかったので、小刻みに攻めることができた。
また、ジェフの攻撃も相手右サイドから突破を図ろうとするも、よく守り相手に決定的なものを多く与えない。

試合5

立ち上がりジェフ中央からシュートを放ってくるもGK正面。この後ぐらいから、サイド攻撃が増える。

試合6

開始5分ぐらいの石川のシュート。右サイドから中央へ攻め上がり惜しいところを見せる。

試合7

CB西原。CB松田と双璧をなしている。

試合開始から15分ぐらいで雨が降り出し徐々に強くなっていく。
そのため、ボールが予想以上に伸びたり、水たまりに止まったりしていき、運任せの要素が増えていく。
試合8

前半20分ぐらいの様子。この状態でも繋いで攻めようとするジェフ。

試合9

方や刈谷も囲い込んでボールを奪い、繋いでいこうという姿勢を見せた。

試合10

攻撃の起点となる高橋。

試合11

サイドへのボールを追いかける石川高

試合12

前半のうちに、もはや水球状態のグラウンド。

試合は前半32分に動く。
刈谷左セットプレーから、中央松田が競って落としたボールが相手DFにあたりこぼれたところを和多田がつめてゴールを奪う。

試合13

試合14

試合15

試合16

試合1

試合17

試合18

GKがシュートをはじくような感じで右隅にボールが決まる。
かけより喜ぶ選手たち。

試合19

得点後、ややさがってゴール前での守る場面があったものの、なんとか0点でのりきった。

試合21

ゴール前で競る原賀。

試合20

スリッピーな難しい状態ながら0点におさえた石川扶

前半は1-0で折り返した。


ハーフタイムには選手交代は無し。
しかし、後半4分に小林→田上と交代。
後半は、雨がやみ視界は開けてきた。

試合23

水溜りが残る後半。

試合24


試合25

後半立ち上がり6番に切り込まれエリア内でシュートを打たれるも扶が止める。

後半に入ると、立ち上がりこそジェフにも攻めるシーンがいくつかあったが、徐々にゴール前までに厳しく守りきり、ほとんどシュートを後半打たせることが無かった。
また反対に刈谷には決定的なシュートチャンスがいくつか巡ってくる。
しかしながらダメ押しをするにはいたらなかった。

試合26

FW和多田、この試合は前節に比べ、空中戦や中央・サイドでボールにからむシーンが増えた。
ゴールも上げ、最後のマイクアピールも「これから刈谷に貢献したい」とのこと、これから上げてくるか?

試合27

後半20分すぎの原賀のシュートシーン。こぼれダマを拾ってシュートするもGKに止められる。この日原賀は他にも惜しいシュートシーンがあった。

試合28

後半から出場、田上。相手サイドのマッチアップにスピードをかわれての起用?無事にこなした。
怪我明けそろそろフル出場を狙う。

試合30

後半30分過ぎゴール前の攻防、こぼれダマを拾って攻めたり、何度か攻め立てた。

試合32

やはり後半30分前後エリア内で落としたボールを伊藤がうしろへ流して高橋が走りこんでシュート。

試合31

後半28分和多田に代わって入った武末。最近は積極的なプレーがややかけていたような気もしたが、この日は積極的にボールにからむシーンが見られた。今の刈谷のFWはがつがつ行かないと出場できない気がする。

試合33

試合34

試合35

試合36

後半35分過ぎ、右サイド伊藤がボールを持って、そのサイドを日下が走りこみ、突破。
そのまま切れ込んでシュートをするも惜しくも枠をそれる。
これ以外にも複数人でサイドから突破を図るシーンが見られた。

試合29

MF日下。この日も得点時のFKを蹴った。この日もゲームキャプテンとして出場。

試合37

結局試合は1-0のまま終了し、FC刈谷が勝ち点3を上げた。

試合38

スコアボード。

公式記録

公式記録

ややジェフの攻撃に迫力を欠いたものの、それでもこのような雨の日はいつもと勝手が違うので、終わるまでは怖かった。
後半、どこかで追加点を取っておくことができたとも思うが、逆に集中につながったか?
平林が次節出場停止なので、全員で頑張ってカバーして欲しいし、代わりにスタメン入る選手はより一層奮起してくれることを期待。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク