すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL第16節 vsソニー仙台(AWAY 七ヶ浜サッカースタジアム)※更新しました

ソニー仙台 0-1(0-0、0-1)FC刈谷
得点者:篠川(後半4分)



気迫の勝利!


苦しみながらも、後半立ち上がりに入れた1点を守りきり勝利を挙げた!
地震で交通機関が麻痺して来るたびに何かある鬼門の仙台で勝つことができたのはとてもいいです。
試合は前半は風下で守りを強いられ、後半も得点後は守勢な展開が多かった。
シュートはソニー仙台が15本、FC刈谷は6本
ポスト、クロスバーに計4度助けられながらも、全員が厳しい守りをしてしのぎきった。
闘う気持ちの見える試合だった。

試合1

FC刈谷1点目、伊藤がヘッドで落とした裏へ抜けたボールに篠川が反応しシュート

試合2

少ないチャンスをものにした篠川

試合3

勝ってよろこんで引き上げてくる選手たち。
-----------------------------------------------------------------------------
試合4

この日、14日はご存知の通り岩手・宮城内陸地震が朝発生して、宮城県内は鉄道が完全にストップ。
僕は金曜日に夜行で東京まで行って、朝の新幹線で8時37分着の一番速く着く列車に乗っていたので缶詰にされることなくぎりぎり仙台駅につくことができ、駅構内で震災に遭いました。
特に怪我をすることもなく無事に帰って来れたので、僕自身は良かったですが、亡くなられた方や怪我などに遭われた方には謹んで哀悼の意を表したいです。
(写真はJR多賀城駅構内に立てられていた看板)


試合5

天候は雲も大きかったものの晴れということもあってか、日差しが強い感じだった。

メンバー表

メンバー表。

ほぼ、いつもと同じメンバーだが、小林が田上に代わり出場。
ウェンツ、和多田がサブに入ってサブが6人中4人がFW・・・強気すぎ(笑)

試合6

記念撮影。


試合は、風下に立たされた刈谷は守りを強いられた。
かなり風が強く、裏へのボールが伸びる&高いロングボールは風で押し戻されるという状態だった。
ソニーの出足もよく、刈谷はほとんど相手ゴールまで迫ることなく時間が過ぎた。
刈谷はそれでも相手への前線からのチェックが早く、ソニー仙台の攻撃を苦しめていた。
しかし、時間が進むにつれサイドから中央へ入ってくる時に時折危ないシーンを作ってしまっていた。

試合7

空中戦競る、松田。

試合11

左サイドで出場、小林。守備に追われたが頑張っていた。

試合13

DF石川高大、逆サイドまでボールを処理に。

試合8

ここからソニー仙台、中央の選手がシュートを打つ。

試合9

前半20分くらい、CKからフリーでヘディングシュートを許す。

試合10

枠を掠めるシュート。ポストやバーだけでなく、こういうシーンも何度か・・・

試合12

攻撃の方はあまり人数を裂いていなかった。

試合14

相手のセットプレーシーン。

この日は何度か、バーに助けられたことも・・・
前半30分すぎ、エリア内で大久保をフリーにしてシュートを浴びる・・・
試合15


試合16

しかし、ポストに辺り強く跳ね返る。

試合17

そのこぼれダマをシュートされたが、これはふかしてくれた。

前半は、この後40分過ぎに原賀のシュートがあったが、枠を捉えきれず。
そのシュート1本のみに終わった。
前半は0-0で折り返した。
風下ということを考えれば、守りを重視して、無失点で切り抜けられたのはプランどおりだったかも。


後半、選手交代無しで開始。
立ち上がり、後半4分いきなりチャンスが来て、それを篠川がきっちり決めてくれた。
試合19


試合20

シュートは綺麗に左隅に。

前半の終わり間際から、やや刈谷の方に流れが来て、上手くチャンスを物にした。
そしてその5分後、エリアやや外側で原賀が倒されセットプレー。

試合21


試合22

原賀のへディングシュート
試合23

GKこぼして、松田がつめたが・・・
試合24

ゴールにボールは入ったもののオフサイド。

で、さらに前でのボールの支配率を高めるため、後半12分伊藤選手から和多田選手へ交代。
この辺りまでは、刈谷にやや流れが来ている感じであったが、ボールを保持できているという感じではなかったので、この交代は理にかなっていたと思う。

試合25

2試合の出場停止からあけて出場、和多田。後半35分すぎに惜しいシュートがあった。

試合26

それでも、後半20分前後から、ソニーの大きくピッチを使う展開に刈谷の方はラインがずるずる下がりだし、ゴール前の攻防を余儀なくされていく。
特に両サイドを何度か切り込まれ、センタリングを何本か入れられた。
ただ、刈谷の方はそれを織り込んだか、両サイドの方に守備の重点をおかずに中央を固めて、弾き返す守りをしていた。

試合27

クリアするディフェンス。

試合28


試合29

ゴール前中心に守る高橋。必死の表情。

試合31

エリア内での危ないシーンは何度か・・・後半にもポストやクロスバーに当たるシーンが出て、前・後半で4回、そのうち3回はフリーで打たせてしまっている。

そんな中でも、攻撃的なカードを切って攻めの姿勢を見せる。
宮田が後半28分に原賀と交代で入った。
試合36

宮田のシュート。これは防がれる。
主にカウンターを低いラインから何度かやっていたが、点にはならず。

試合30

後半、攻撃は和多田にあわせる感じで何度かボールを入れている。

試合32


試合33


試合34


試合35

後半35分セットプレーから、和多田のボレーシュート。GKが止める。
この後CKも点は入らず。
後半42分には篠川から武末へ交代していった。

そして、後半44分に相手選手が、2枚の黄色をもらって退場となる。
試合37

ラフプレイ+異議で一気に退場。こちらは助かった。

試合38

その後はなんとか、逃げ切り0-1で勝利を収めた。

試合39

全員喜びながら戻ってくる。

試合40

サポーターのコールにこたえる篠川。

公式記録

危ないシーンは何度かあったものの、なんとかかんとか守りきった。
最近勝ちきれていなかったので、結果完封できたのは大きい。
次節からホーム2連戦。3連勝目指して勝ちたいところ!
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク