すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008JFL第6節 vs SAGAWA SHIGA FC(HOME ウェーブスタジアム刈谷)※更新しました

FC刈谷 2-1(2-1、0-0) SAGAWA SHIGA FC
得点者:田上(28分)、篠川(30分)


連勝!!!ホーム今シーズン初勝利!!!!!


相手は昨年覇者SAGAWA、そこを相手に先制されたものの、前半のうちに一気に逆転。
後半危ないシーンは何度かあったものの、守りきり勝ち点3を取ることに成功。
粘り強いディフェンス、チャンスをきっちり決めきる強さ。
これが付いてくるようになった今の刈谷はかなり強い。
序盤の上位対戦を3勝2敗1分け勝ち点10で乗り切った今年はこれからますます楽しみだ!

試合1


試合2

前半30分、FC刈谷2点目、左田上のファーへのクロス→原賀ヘッドで落とし→伊藤がくさびにはいり→篠川のシュートが見事にSAGAWAゴールへ突き刺さる。

試合3

勝利に喜ぶ選手たち。
-------------------------------------------------------------------------------
試合4

この日はまぁまぁな天気でしたが、芝の状態がやや悪い様子でした。

メンバー表

メンバー表。
スタメンは前節と同じ。サブが森山外れて5人に。

試合5

記念撮影


前半はどちらの展開ということなくボールがやや落ち着かないまま試合が進む。
刈谷はあまり無理せず、フォアチェックはそこそこに中盤に入ってきたところでボールをつぶす。
MF、DFがいい守りをしていたので、佐川は中盤を省略したロングボールを多様してきた。
しかし、単純な縦パスが多すぎて刈谷の最終ラインは落ち着いて処理できていた。

試合6



試合7

カウンターから攻める時間もあった。

試合8

CB松田。西原と共に堅い守りを展開する。

試合13

CB西原、この場面は相手FWを篠川とかこんでつぶしクリア。

試合は21分、SAGAWAが先制する。
ペナルティーエリアぎりぎりのところで競った田上がファールを取られFKを与える。
それを、SAGAWA中払が見事に決め先制点。

試合9


試合10

倒れたところがエリア内だったのでPKかな?と思ったが、競ったところはエリア外なのでFK。

試合11


試合12

石川扶飛びつくも届かず。

しかし、今年の刈谷はここから違う。
わずか7分後同点に追いつく。
CKからゴール前混戦クリアボールを日下が拾いすぐさまセンタリング。
それを田上がヘディングシュートで決め同点に。

試合14


試合15


試合16


試合17

喜ぶ選手たち。

そして、押せ押せになった2分後
追加点、篠川が見事なシュートを決め逆転に成功する。

試合18


試合19

伊藤が競ってボールは篠川の前へ。

試合20


試合21


試合22

シュートを決めガッツポーズの篠川

試合23

MF篠川。この日は前に後ろに広い範囲で攻守に絡む。早くもエンジン全開か?

前半は2-1でこのまま終了した。



後半は選手交代は無しでスタートした。
後半は、SAGAWAが攻勢を見せる。しかし何度かチャンスを作るがフィニッシュの精度が悪く枠の外に外れるシュートが多かった。
そうこうしている内にSAGAWAの動きが悪くなり、刈谷の方もカウンターで決定機をつかみ相手ゴールを脅かしていった。

試合25

後半開始直後、GK石川パンチングで防ぐ。

試合26

50分すぎ、伊藤カウンターで持ち込み、中へ走ってきた平林へパス(シュート?)するも合わすことが出来なかった。

試合27

FWオイサー伊藤、ここ2試合はキャプテンマークを巻いて出場。

試合28

55分手前、クロスボールをはじき出す。

試合29

60分過ぎ、ゴール前の攻防。
この時間帯は刈谷が耐えてカウンターというパターンで進行。

試合30

日下→平林が前に走り、シュートは防がれる。

試合31

65分過ぎ、右からクロス→ヘディングシュートを打たれるがポストのわずか外。
この直後にもミドルシュートを許し、ポストのわずか外のシュートが続いた。

試合32

75分手前にも左端の15番にシュートを浴びる。
これもわずか外。かなり危ない。

試合36


試合37

75分過ぎ、CKからニアの選手がヘディング。なんとかはじき出す。

危ないシーンを見せながらも、逆襲でチャンスは何度か作った。
試合35

75分中央へ切れ込み篠川シュート。GKはじいて原賀つめるも得点ならず。

試合34

かなり走ってプレーしたFW原賀。76分に交代。

試合33

ボランチで2試合続けて出場MF高橋。

試合38

ゴール前、左から来たボールを追う伊藤。

試合39

80分すぎ、左CKから中央こぼれたボールを田上シュート。これはGKに取られる。

そして85分手前、篠川が日下の裏へのパスに反応、抜けてGKを交わすところまで行ったが・・・
試合40


試合42


試合43


試合44


試合45

わずかに枠の外・・・ここで息の根を止めたかった。


試合47

それでも試合はそのまま2-1で終了。刈谷が逃げ切った。

試合48


試合49

試合後、引き上げる浮氣監督。満足そうな表情。

公式記録

公式記録

勝ちを収め、勝ち点は10に、6節終了時点で6位と健闘。
ここから下位チームとの対戦に入るが油断なきよう戦って勝って欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク