すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2008 JFL前期第1節 vs ジェフリザーブズ(AWAY 成田市中台運動公園陸上競技場)※更新しました

ジェフリザーブズ 0-3(0-2、0-1) FC刈谷
得点者:和多田(31分、44分)、伊藤(81分)



「単独首位!」




FC刈谷になって初の得失点+、さらに首位の座につきました!!
(書ける時に書いておこう!!(笑))


試合内容は去年の開幕戦アローズ戦のアローズの立場がFC刈谷で、刈谷がジェフといった感じでした。
ボールの支配はジェフのほうが高く、ピッチを広く使ってサイドから何度も刈谷陣内へ攻めてきていました。
ただ、ジェフの方は決定力がなく、シュートが枠に入らない。
一方、刈谷はしっかり守り、長いボールで前線和多田に集め展開していくため、あまり最初のうちはチャンスが無かったのですが、決めるところをきっちり決め先制してからは、何度か決定的チャンスを迎え、得点を重ねました。

試合1

勝どきの声

試合2

前半、FC刈谷1点目、右からロングボールのクロスに和多田が綺麗に頭で合わせて先制。

試合5

前半劣勢の中、GK石川扶をはじめとして、西原、松田らしっかり守ったディフェンス陣
------------------------------------------------------------------------------

試合7

この日は天候も曇りから晴れへ。程よい暖かさで、長袖シャツにレプリカユニの2枚で十分でした。去年の富山で迎えた開幕戦の寒さ(ダウンジャケを着ても寒かった)はなんだったのか・・・

本日のフォーメーション

   和多田   伊藤

      平林
酒井   日下   原賀

松田  西原  酒匂  石川高

      石川扶

サブ:盛田、小林、坂脇、社本、田上

メンバー表↓
メンバー表

コーチに矢野隼人の名前が!

試合8

記念撮影


試合は前半立ち上がり、最初のうちはどちらともいえない展開だったものの、FC刈谷が長短のパス精度を欠いて、DFからのビルドアップにカットされたり、ロングボールを前線に当てた後にボールを拾いきれず、ジェフにボールを拾われ、徐々にペースを持っていかれた。
前半頭から、得点の入るまでくらいは和多田を除くすべての選手が刈谷陣内で守ることを強いられる苦しい展開が多かった。
試合9


試合10


試合22

体を張って守る松田、なかなかよく守っていた。

試合11

平林も攻撃だけでなく守備にかなり奔走していた。

試合12

市長杯の時と同じく3ボランチっぽい形で中盤がやや中央に絞るような形。
ややそのためサイドの方にスペースを与える格好。
サイドを守るとき、両サイドの酒井、原賀がしかけ、中央の日下がややフォローになる形で守った。

特に刈谷の左サイドをかなり狙われ、深い位置まで攻め込まれるシーンがあった。
ただ、この日決定的に危ないシーンを2度ほど守ったのが西原。

試合16

西原がサイドのカバーに入り体を張ってクリア。

試合17

後半にも2対2くらいの状況で危ういところを守った西原。

試合18

この日のDF陣は全員が集中していた。

試合19

ボールの奪い合いでクリアした酒匂。



もちろん攻めるシーンも和多田中心にあった。
開始5分過ぎくらい、伊藤→平林→和多田が前へ走りシュート。
試合13


試合14


試合15

このシュートはGKにとめられた。

前半20分過ぎくらい、和多田が相手DF2人に囲まれながらもボールをキープ。
走りこんだ伊藤にパスを出し、伊藤がシュート、これも惜しくもGKにクリアされた。
試合23


試合24


試合25

枠内シュートもGK左に飛んでボールをはじく。伊藤は前半もう一つ裏へ抜けた決定的なものを枠外へ外した。この日はだめかと思われたが・・・

前半31分、意表をつく形で先制。右、原賀からの浮き球のパスを和多田が頭で決める。
試合26


試合3


試合4

3人で喜ぶ。

このあたりから刈谷の攻める時間が来はじめ、流れをつかんだ。
前半も終わるかと思われた44分には相手GKがクリアしたところ、そのボールがチェイスした和多田に当たってそのままゴールへ。思わぬ形で2点目を奪って前半を終えた。

試合28

2点目、ゴールを上げて喜ぶ和多田。

前半は0-2刈谷リードで折り返し。


後半、特に選手交代なしでスタート
刈谷は前半和多田がかなり動いていたので、どこまでもつか心配されたのと、最後のほうで点を取ったものの、サイドの守りにやや不安を見せた。なので、後半全体の動きが止まったときにどうなるか心配された。
しかしながら後半に入ると、ジェフの選手があせりだしたのか、ラフなプレーが出始める。
特に足の裏を見せてのタックルなど危険なプレーがあった。
後半はよく笛が拭かれだした。
こういう展開になっていったためか、ジェフの方に形を作られること無く、刈谷の方が流れを損なうことなく、何度か決定機を作っていく。

試合30


試合31

60分くらい、ジェフ陣内で平林がファールをもらい和多田がFKを蹴った。

65分原賀、伊藤が裏へ走り2対3(GK含む)伊藤はエリア内でシュートを放つも、これも決まらず。
試合32


試合33


試合34

シュートまではよかった。

試合35

67分、平林がドリブルで持ち込んでシュート。惜しくもこれも入らず。平林はここで田上と交代。

試合36

後半はかなり攻撃参加が増えた原賀。

試合37

ジェフ陣内で試合が展開されていった。

試合38

72分、ジェフの18番が田上にラフプレイで黄紙2枚目をもらい退場。
ますます刈谷有利な展開へ。

試合39

しかし、酒匂が76分に相手選手と接触で負傷交代となってしまう。社本がサイドに入って、松田が中央へ。
酒匂は試合後はかなりテーピングをしていた。


そして、81分待望の追加点が入る。
和多田からのボールに伊藤がDF2人を振り切り、ボールを押し込み3点目を奪った。
試合40


試合42


試合43


試合44


試合45


試合46

吼えるオイサー伊藤。
これで試合が決まった。


試合47

その後は反撃も集中して守りきり、結局0-3で勝利を挙げた。

試合48

引き上げてくる選手。一様に仕事をした表情。

試合49

田上選手のはじけっぷりがいい。

試合50

今日、2ゴールと3点目のお膳立て和多田、刈谷へ来て挨拶代わりの大活躍。

試合51

石川扶。特に前半は危ないところをすばらしい反応で守った。これから期待。

試合52

サポーターのコールに手を上げる浮氣監督。試合後、満足そうな表情で挨拶してくれた。

公式記録

公式記録。
シュート本数は刈谷の方が上。決定的なものも多かった。
後半、ファールが倍増しやや荒れた。

この試合はしっかり集中して守りきれた。シーズン明けからの練習が実を結んだ。
ケガ人が出てきているが、全員で乗り切ってほしいところ。

また、この日はアウェイながらも我々遠征隊と共に刈谷側で応援してくれた関東のサポーターもたくさんいた。本当にありがたかった。また次の機会も一緒に応援して欲しい!

時節は首位攻防戦!栃木とホームで対戦。
去年はやられてしまったが、今年は違うところを見せてほしい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク