すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007(事業計画的に)刈谷市長杯決勝 + 練習試合vs名古屋グランパスセカンドチーム ~ウェーブスタジアム刈谷~ ※更新しました

本日は午前中刈谷市長杯決勝、午後から名古屋グランパスセカンドチームとの練習試合を観戦しました。
結果

●刈谷市長杯
FC刈谷 7-2(2-0、5-2) 豊田自動織機

●練習試合
FC刈谷 0-1(0-0、0-1) 名古屋グランパス

本日はどちらかというと試合をじっくり見るより応援のカンみたいなものを取り戻すような感じで見ていたので市長杯はあんまり試合見てませんでした。
特に後半開始15分くらいちょっとなれない太鼓を叩いてみたのですが、コール忘れ気味でした。3ヶ月のブランクは大きい(笑)。
しかも後半の5点中4点が太鼓叩いてる時だったので、得点シーンがあんまり撮れませんでした(爆)
あと、1日いたので体力的に疲れてきたグランパス戦はやや引いて見てましたが、前半は健闘したものの、後半力の差がやっぱりでてしまいました。

試合1

刈谷市長杯7点目、俺達の笠木のシュート

試合2

練習試合vs名古屋、古巣の選手と競る平林
--------------------------------------------------------------------------------

この日は朝からとてもいい天気でした。

試合3

青空のウェーブスタジアム。

10時から刈谷市長杯の決勝、豊田自動織機との対戦。
この日は市長杯も練習試合も4-3-1-2のような感じで、3ボランチっぽく中盤の3人が近い距離で動いていました。浮氣監督によるといろいろ試したとのことでした。

前半のメンバー

    宮田  伊藤

       山田
  那須  篠川  社本

小林  坂脇 松田 岡戸

       盛田


試合は前半、時々攻められはしたものの、徐々に点を挙げ2点を取り、前半は2-0でリードで折り返し。この形だと、ボランチの真ん中の広い範囲の動きとサイドの攻撃参加がかなりキーになるか?

試合4

守る刈谷

試合7

ゴールマウスを守る盛田

1点目左サイドから山田→篠川とわたりシュート
試合5


試合6


試合8

ゴールに突き刺さる。


後半しばらくして、練習生FW15番(鄭)とGK29番(河合)が出場。
また原賀、田上、笠木が交代で出場した。
後半に入ると、猛攻を見せ開始15分で4点を取り試合を決定付ける。
伊藤や練習生が得点を上げた。

試合12

15番はこの日ゴールも上げて、良さをアピール。

試合10

ドリブルで持ち込む山田。刈谷は後半攻める時間が多かった。

試合16


試合11

篠川、攻め上がり、守りといろいろなところに顔を出した。

試合13

この日は中盤で出場、那須。

試合14

試合は7-2で勝利した。

試合15

優勝杯を受け取った坂脇。



午後からは名古屋グランパスセカンドチームと対戦した。
午前中と同じフォーメーションで試合に臨んだ。

     宮田   和多田

        平林
   日下  石川高 酒井

 松田  酒匂  原賀  社本

        石川扶

原賀がCBのスィーパーのような位置で出場。
中盤の真ん中に石川が入り、トップ下に平林。
前半は刈谷も守るだけでなく攻める時間があった。

試合18

左サイドからドリブルで切れ込む松田。

試合25

和多田のロングスローで中央エリア内まで投げて

試合26

平林のシュート。

試合28

前線で競り合う。

試合27

MF中央に入った石川。

ただ、徐々に名古屋にボールを支配されゴール前まで持ってこられるシーンが増えていった。
試合21

サイドで守る酒井康平

試合20

DFの中央で守る原賀。

試合22

エリア内へ持ってこられここからシュートを浴びる。

試合23

空中戦で何度か支配され名古屋増川にシュートを打たれる。

試合24

松田がヘディングでクリア。

前半の20分くらいに酒匂が負傷(足がつった?)で田上と交代。松田がここから中央へ入って田上が左サイドへ。田上の守りはやや不安を見せたが・・・
結局前半は7-3ぐらいで攻められるも名古屋の決定力不足によりなんとか0-0で折り返した。


後半
社本→森山
酒井→篠川
2名の交代でスタートした。
森山がトップ下、MF左に平林、中央に日下、右に篠川
DF左から田上、松田、原賀、石川の布陣

後半になるとさらに名古屋ペースになり12分に田上がエリア内で倒したかっこうでPKを与えて先制される。
試合31

石川扶よく読んで同じ方向へ飛んだが、枠ギリギリに蹴られ決められる。

試合30

ゴール前への攻撃参加は目をみはる田上。

試合32

FW和多田、後半は見せ場が無かった。

試合33

後半トップ下に入った森山。

試合35

ワンツーで切り崩しに入るも、きっちり守りきられた。

試合34

平林のドリブルも途中で防がれる。

試合36

結局0-1でそのまま終わった。
後半になり結果的に力の差がそのまま出てしまったが、守りの面では完全に崩されたわけではないので今までの成果が出ていたと言ってもいいのかもしれない。
ただ、攻撃の面では完全に手詰まり感があった。
15番の選手が2戦目は配られたメンバー表には登録されてなかったので、彼が入ったら流れを変えられたかもしれない。
怪我無く終えられたので練習試合としては上々か?

試合37

試合後に挨拶に来た選手。
今週末にはJFLが開幕するので、どういう戦いを見せてくれるか楽しみ。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク