すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

練習試合 vs 関西大学選抜A(桃山学院大学グラウンド) ※更新しました。

今日は練習試合を見てきました。
大阪岸和田和泉へ行く途中三重県周辺ではものすごい雪が降っていましたが、大阪は積もることなく(それでも途中降ったりしましたが)試合は行われました。
佐川守山の佐川の練習試合や、岡山の西日本社会人大会は雪のため中止になったようなので、大阪は中止にならなくて良かったです。

FC刈谷 2-1 関西大学選抜A(1-0、0-0、1-1)30分×3
得点者1本目:和多田(12分)、3本目:伊藤(3分)※FC刈谷の選手のみ
得点時間はだいたいです。

1本目の内容がかなりよかったです。
今年の浮氣監督のやりたいサッカーを見せてもらった気がします。

1.jpg

本日1本目のみ出場の和多田。強力なFKやシュートなど学生相手に違いを見せた。
本人によると、まだあと20~30%上げていくとの事。期待したいところ。
----------------------------------------------------------------


本日は、晴れたり曇ったり、風がかなり強く観戦にはとても寒い感じ。

2.jpg

観戦はバックに座席が数段あってそこで観戦。柵も何も無いのでピッチレベルでの観戦も可能。

試合は13時から30分×3本で行われた

●1本目

    和多田  山田(12分→宮田)

田上  酒井  篠川  平林

小林  松田  西原  原賀

       石川扶

4-4-2のフラット3ラインのフォーメーション。
前線から最終ラインまでラインをコンパクトにして自分の持ち場をしっかり守る攻める。
エリアに来た所を各人がプレッシャーをかけに行き、
2列目で奪ったら最終ラインでボールをゆっくり回し展開、どちらかのサイドで右なら平林・原賀が左なら田上・小林らが複数でボールを保持して攻める。
サイドからアーリーでFW和多田にボールを集め、和多田がそのまま攻めるか山田・宮田
がフィニッシュ。
もちろんボランチの2人もサイドに絡みながら、FWへのパス供給、サイドハーフの選手もたびたび中へ入って攻める。
昔、大宮アルディージャが菅野監督?だったころ4-4-2の3ラインでやっていてあの時のイメージに近い感じ。
1本目の最初こそラインがズルズル下がることが少しあったものの、徐々に中盤からプレッシャーがきっちりかかりラインの上げ下げも綺麗に出来ていた。
去年までのポジションチェンジはFW以外ほとんど無いものの、システマチックになった印象を受けた。
型にはまれば結構いけるのではないかと思った。

3.jpg

1本目のDFライン。松田が最終ラインで統率を取り、DF全員が連携が出来て安定した守りを見せた。

4.jpg

中盤右サイドで出場、平林。去年までは有る程度フリーマンの立場でプレーで、今日のように型にはめると良さが消えていたが、この日は主に右サイドでドリブル等技術の高さと存在感を見せた。

5.jpg

中盤左サイド田上。サイドの攻撃に良さを見せた。
2本目、右サイドバックで出場した時は守りでやや不安なところも見せた。
たぶん本職でないところなので、守りはやや苦しいか?

6.jpg

和多田シュートシーン。これは入らなかったものの、左からのFKで惜しいところを見せたり、12分にはエリア内やや右から強力なシュートで得点。
前線でのくさび役やシュートなどはやはり良い。

7.jpg

CBで1本目に出場、西原。ミスなく安定した守りでレギュラーの一角として今年もプレーできそう。

8.jpg

1本目右サイドバックで出場、原賀。彼も守りが安定していて、平林と絡んだサイドの攻撃参加もあった。いい感じでプレー。
2本目にFWで出場、トップにはってくさびになるシーンが何度かあったものの、くさびになるのは彼のスタイルではないような・・・

9.jpg

中盤で守る篠川。

10.jpg

ボランチで守る酒井。
篠川・酒井のボランチは中盤で相手にプレッシャーかけるだけでなく、前線への飛込みなど攻撃参加も多く求められるはず。両名とも大変だけどやれるはず。

11.jpg

1本目はほとんど相手にいいようにやらせず、自分達のペースのまま試合は進行した。
12分に得点後FW山田→宮田と交代。ちょっと山田にトップのポジションは違うような感じであったので修正が早かった。
もう少しシュートが有っても良かったかなとは思うものの、全体的には良いところが多く、いい内容のまま1本目は1-0で終了した。



●2本目


     原賀  伊藤

宮田  日下  篠川  森山

那須  松田  坂脇  田上

       石川扶

2本目以降、やや雑になって悪いところが目立ってしまった感じ。
関西選抜は刈谷の右サイドから何度か深く攻めてきて、チャンスを作っていた。
風が強いので、ややクロスに正確性を欠いたため、失点は免れた感じ。
刈谷の方は本職がそこのポジションをプレーするのでなく、いろいろ試しでやった感じ。
ボールの回し方が雑になった感じで、綺麗に回らなかった。
あと、ラインが崩れることしばしばで、1本目はほとんど出番の無かったGKもここから出番が回ってきていた。

13.jpg

ゴール前混戦、パンチングでクリア。

14.jpg

2本目はゴール前の攻防が増えた。

15.jpg


16.jpg


17.jpg

2本目10分くらい、日下のFK、DFを巻いて誰も触らず(しいていうとDFがかすったか?)そのままゴールへ入ったもののオフサイド判定でノーゴール。
誰も触ってないし、ゴールでも良かった気がする。

19.jpg

そのFKを蹴った日下。今年は小林・和多田も蹴れそうなので、いろいろバリエーションが出来るか?
チームとしてのセットプレーの策のバリエーションが欲しいところではあるが・・・

18.jpg

守る、那須・宮田。
宮田の1本目はともかく、2本目のサイドハーフはちょっと違うかな・・・
那須の方も不完全燃焼でいいところはあまり見せられず。

20.jpg

2,3本目CBで出場坂脇。本人いわくDFは(攻めの時のパス展開とか)余裕があってやりやすいとのこと。
本職ボランチなので、特に守りに違和感ないよう、今年はここが主戦場か?リーグ戦の出番に期待。
ただこの日は特に3本目のCBの片方が練習生で本職じゃない選手がやったので大変だった模様。


2本目は危ないながらも0-0で終了。攻めの方でも守りの方でもやや精彩を欠いた。



●3本目


      伊藤  練習生1

小林   山田  日下  社本

那須  練習生2 坂脇  岡戸

        盛田。

この回は6-4くらいで関西選抜が攻めた。
中盤での寄せがあまりなく、結果最終ラインまで勢いに乗ってきてずるずるラインが下がった。そのため、苦しい展開を強いられたことも。
しかし、先制したのはFC刈谷、3分、練習生1が右サイドからドリブル突破でDFを抜き去り、エリア内逆サイドフリーでいた伊藤へパスが通り、きっちり伊藤は決めた。

22.jpg

15番練習生が4番を振り切り、ここから速いグラウンダーのクロスを出す。
決定的な仕事をした。
これ以外にもサイドの独特なリズムでのドリブルで相手を脅かした。

23.jpg


27.jpg

3本目始めぐらいから、雪が降ってきたグラウンド。

24.jpg

寄せる、社本3本目のみ出場。やや見せ場が無かったか。

25.jpg

3本目出場の盛田。この日は10分に1失点したものの、全体的に見たら落ち着いてプレー出来ていた。

26.jpg

山田と伊藤がボールに寄せる。
山田はやはり中盤の方が適職か?
伊藤は空中戦での存在感はやはりある。
FWは今年は激戦になりそう。

28.jpg

結局3本目は1-1で終了し、トータルは2-1となった。
3本目もやや全般的に寄せが甘く、2本目のように苦しい時間帯を作ってしまった。
失点はエリア内に人がいたものの、ミドルレンジの相手への寄せが無く、シュート?(パスかも)をエリア内の人間に合わされて失点した。
DFをしていた練習生2が本職がFW(土曜日の練習試合(vs桃山学院大)では点を結構取ったらしい。)でやや不慣れを露呈していた。致し方なしか。
この回の見所は途中からFWの練習生1に長いボールを入れてドリブルで持ち込む攻めを何度か見せた。練習生1を試合の途中の流れを変える役で使うと言うのは面白いので攻めのパターンに入れてもいいと思う(そればかりはダメだが)

この日はいいところ、悪いところさまざま見られたので、よかったと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク