すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

天皇杯愛知県予選1回戦 vsマルヤス工業 (AWAY 口論義)

形的にはアウェイ・・・
結果
マルヤス工業 3-0 FC刈谷

とりあえず一言。



「死ぬ気で闘え!」





vsmaru1.jpg

シュートを決めて喜ぶマルヤス工業の選手
---------------------------------------------------------
完敗です。
選手、監督双方に原因があります。


選手の方からすれば、本当にやる気があったのか?
若手は使われたらがむしゃらにやるしかないんじゃないのか?
サポーターからあれほど「補強する必要があるんじゃないか?」と言われても、「今いる選手を育てて行きたい」と強く答える監督に少しでも応えるのが選手じゃないのか?
そんなことで「Jを目指したい」なんて言えるのか?
この試合は全くバラバラ、試合の最初10分くらいと中山のフリーラン、康平のFKぐらいしか見るとこがなかった。

そして、監督の責任とすればそういう「甘い」選手を使ってしまったのが原因。
また、配置も少し不可解。岩元は元々トップ下とは聞いているものの、FC刈谷へ来てからはボランチもしくはDFくらいしかやっていない。なのに攻撃的MFの位置でプレーしていた。
岡戸にしてもFWかSBしかしていなかったのにボランチでプレーしていた。
いくら流動的に動くのが安原刈谷のサッカーとはいえ、基点となる中盤に普段してないポジションの人間を2人も置くのはムリがある。
また、タダでさえ脆いDF陣のレギュラーを2人も抜いたらそこを攻めてくださいといわんばかり。
相手20番はどうどう吉田、西原がいる中央をドリブルで抜きにかかって置き去りにしてしまうなんてこともあったが。
また、トップが原賀、宮田と高さに勝てる人間がいないのにもかかわらずサイドから放り込んだって勝てっこない・・・
原賀は競るもののほとんど相手DFにクリアされていた。
得点の匂いが有るわけも無かった。

スタメンは
GK:ルーカス
DF:春田、吉田、西原、那須
MF:康平、岡戸、岩元、田尻
FW:宮田、原賀

Sub:来栖、西村、脇、浮氣、社本、日下、中山
(Subはコレでよかったかな?)

vsmaru2.jpg

入場

vsmaru3.jpg

康平のFK

前半の初めの方はそれなりに相手陣地まで攻め込みチャンスはあったものの決定的なものはなし。
ルーカスが前半15分過ぎごろに負傷交代してからは、相手陣地へ攻め込む回数も減った。
そうしているうちに前半35分ごろ右サイドFKからファーサイドの選手に合わされ先制される。

vsmaru4.jpg

見事なボレーシュート。誰もついてない(怒)

先制されてから春田を下げ、日下を投入するも流れ変わらず前半終了。

後半開始早々、田尻を下げ中山を投入。中山は切れの有る動きで相手陣を脅かすものの得点にはいたらなかった。

vsmaru5.jpg

裏へ抜け出しループシュート

vsmaru6.jpg

相手GK見事はじく。

その後は相手ペースのまま、失点を重ね1点も取れないまま敗れた。

vsmaru10.jpg


結果、一回戦敗退。
マルヤス工業の強さが目立った。
そもそもマルヤス工業は今年の6月に見た東海地域リーグを圧倒的に勝ち上がっているFC岐阜戦でもゲームを支配していた。勝てなかったのは、チームの完成度では完全に上でも選手個々レベルで圧倒されたからで、FC岐阜のDFがJクラスの個人技を持ち合わせるDFだったからなのと個人技のFWのレベルが高かったから。
得点経過も終盤まで0-1とがんばっていた。
今のFC刈谷が普段のレギュラークラス(伊藤、加藤、篠川、浮氣、西村、小林)を5人も6人も抜いたら勝てる見込みはものすごく薄い。
結果は至極当然といえる。

今後のリーグ戦は死に物狂いで戦い、残留することが求められる。
チームの一段と上の頑張りを期待したい。


vsmaru8.jpg

FW:中山、走りで刈谷の意地を見せたが得点には結びつかず。

vsmaru9.jpg

FW:原賀、必死に競るも、空中戦では勝てず。

vsmaru11.jpg

MF:酒井、守備に奔走。中山が入ってから縦にいいパスを出した。

vsmaru7.jpg

DF:吉田、守備時に声を出していたが・・・後半最後の方は最前線で電柱要員にいて欲しかった。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク