すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007 JFL後期第4節 vs TDKSC (AWAY 西目カントリーパークサッカー場)

TDK SC 5-2 FC刈谷




「1からやり直せ!」





冗談抜きで酷すぎた。
失点シーンが。
掲示板に書いたとおり直接の敗因と言ってもいいのは、来栖がエリア内で相手キックのボールを足で保持して寄せてきた相手FWをひきつけよう?としたところかっさらわれて無人のゴールに決められたのが痛い。

しかし、全体の感想から言えば他の失点シーンやシュートを打たれるまでの過程が悪すぎる。
1.中盤でボールにプレッシャーが掛けられない(中盤3枚だからしかたないは通じない)
2.中盤でボールが奪えないから、勢いに乗って最終ラインまで相手が来る。
3.そのため、ずるずる下がる&両サイド(特に左)がついても振り切られる。
4.サイドが振り切られた場合、クロスが上がってフリーで打たれる。
(DFがついてもいない&ついていてもフィジカルで負ける。中央で空中戦に勝てるのが酒匂一人)
5.全員がずるずる下がるから、バイタルエリアがフリーになってこぼれたりしても拾えない&パスを出される、そして精度の高いミドルをドンドン打たれる。

結果、失点を重ねた。
根本から守りを考える必要があると思う。
この日の被シュートは24本(前半9/後半15)・・・



「2試合連続でシュート20本以上打たすな!!」



20070723181015.jpg

TDKSC3点目。喜ぶ相手選手(ゴールは右端の選手)。

20070723181407.jpg

公式記録・・・厳しい数字が突きつけられてます。

気持ちは出てる、普段声を出さないような酒匂、来栖始め皆が声をドンドン出していた。
選手が下を向いていないのはいいが、現在降格圏内。結果が最重要で求められる。
--------------------------------------------------------------------
20070723203523.jpg

試合前、雨が降りそうだったものの持ち直し徐々に晴れ間が。
奥に見えるのは日本海。

20070723203541.jpg

練習中の浮氣監督とオイサー伊藤。
浮氣監督は選手に「ショートパスは弱いと取られる!」など声を掛けながら練習を進めていた。

20070723203740.jpg

メンバー表。フリガナが振って有るものの、ウェンツが間違えて振ってあった。試合前の選手紹介で場内アナウンサーがそのまま間違えてました。”ミヤタ トヨヒロ”はないやろ~。
フォーメーションはいつもの4-3-3
前節スタメンの平林→中山でスタート。


試合はややTDKのペースで立ち上がる。
刈谷も攻めるのだが、最終ラインを割ることが出来ずに決定的チャンスをつかめない。
TDKは前節8得点の影響か、FWや攻撃的MFの調子がよさげ、シュートも枠の近くを何度か掠める決定的なものが多い。
クロスバーなどに当たっていなければ前半で勝負が決まっていたかもしれない。

20070723205129.jpg

このあたりから先が・・・

20070723205019.jpg

開始早々のセットプレー、来栖ここはきれいにパンチング。

20070723205028.jpg

競り合ってこぼれたボールを追う啓輔。


前半の惜しいチャンス
前半15分ごろ左サイド深くからFK→中央こぼれ→宮田→酒匂シュート

20070723210812.jpg

20070723210822.jpg

惜しくもサイドネット。そこそこ攻めてはいたものの前半のチャンスらしいチャンスはこれともう一つ酒匂のヘッドと下の伊藤のシュートくらい。シュート3本打ったものは惜しかった。
中山がかなり警戒されつぶされるシーンが目立った。

20070723211607.jpg

前半20分すぎ中央、中山→伊藤と通してシュートもGKキャッチ。

20070723212231.jpg

20070723212242.jpg

前半30分くらい右CK→酒匂ヘッド。惜しくもそれる。

20070723211307.jpg

前半途中くらいまでは早く中央へ出して組み立てていたが、徐々にロングボールが増え始めチャンスが減っていく。

どちらつかずだった流れが刈谷のチャンスが減ることでTDKが押し始める。
20070723211835.jpg

20070723211846.jpg

決定的ピンチ。1対1、来栖見事にとめる。

20070723212834.jpg

20070723212845.jpg

左サイドスペースへ相手26番が走りこみそのままシュート。クロスバーのわずか上。

そして、前半39分
20070723213206.jpg

20070723213216.jpg

20070723213226.jpg

中央やや左サイドからアーリー気味に入ったボール。岡戸がっちり抑えているも物ともせずに打たれ先制点を取られる。
拓己や来栖はオフサイドを主張してたが・・・

そしてこのまま前半終了。1-0ビハインドで折りかえす。


後半、選手交代は無しでスタート。
開始直後、右サイド深くで篠川がボール取り後ろの岡戸へ
そして中央伊藤がトラップしてシュート。
それほど早いシュートでは無かったもののコースが良く、そのままゴールへ。

20070723220548.jpg

20070723220602.jpg

20070723220619.jpg

20070723220632.jpg

ギリギリ入る。フェイントっぽく入った。

そしてその2分後、右サイドから中山の切りかえし→走りこんだウェンツが押し込む。

20070723221107.jpg

20070723221118.jpg

20070723221134.jpg

20070723221146.jpg

20070723221421.jpg

コレもゴール隅へ。これで一気に逆転1-2となる。

この逆転劇で流れがFC刈谷の方にやってきた。

20070723222155.jpg

篠川エリア内で深く切り込みセンタリング。この後は惜しくもクリアされる。

20070723222209.jpg

直後のCK。
流れはあったのだが、TDKDFもここは集中して守りきっていた。

そうして刈谷の時間は長くなかった。
後半20分、左サイドから切り込まれセンタリング→中央ドンピシャヘッド。で追いつかれる。

20070723225805.jpg

20070723225548.jpg

DFがだれも体を寄せきれずにフリーで打たせている。
この直後5分で3点目、その2分後に4点目と立て続けに失う。
4点目もエリア内でボールを回され最後フリーで打たせている。

20070723223305.jpg

5点目を取られるちょっと前にマリオを投入するも・・・

20070723223320.jpg

最後必死に追う西原と岡戸。

20070723223518.jpg

結局後半40分にも点を取られ、5-2で試合終了。
がっくりうなだれる選手も・・・
失点シーンの殆どがフリーで打たせてしまっているのではやはり勝てない。

20070723223743.jpg

試合終了後のスコアボード。


この日原賀のサイドは完全にやられてしまった形。
何度か振り切られて良いクロスを供給されてしまった。
またサイドばかりでなく、中央からも何度かシュートを打たれた。
中央に、DF原賀、岡戸両名が来てもフィジカルに不安が有るため中にきて競り合いをしても負けるし、そもそも付ききれて居ないことも多くポジションどりが悪い。
やはり両名とも攻撃の方に光がある分、前で使いたいところだが・・・

今後の試合、4バックでするならDFの専門職西村、酒匂をサイドにおいて西原、(復帰したら)石橋を中央においてサイドに蓋をするか
サイドを捨て3バックで西村、西原、酒匂と2人はストッパーを置いてクロスを入れられても中央ではじき返す。中盤ダブルボランチにしてバイタルエリアをかならずケアするなど、何らかの守備構築の手段を取っていかなければ今後も手ひどい失点を重ねてしまうかもしれないと思われる。
次節は前期に中盤で「わかっていても止められなかった(服部元GM談)」高松率いる三菱水島が相手。
後期に入り調子を落としているものの、今の刈谷に”必ず勝てる相手”は存在しない。
浮氣監督がどういう修正をしてくるか期待したい。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク