すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007 JFL前期第14節 vs ジェフリザーブズ (AWAY 市原臨海競技場)

ジェフリザーブズ 2-0 FC刈谷


「かみ合わぬ歯車・・・」


こういう表現が一番あっているような気がします。
起用された選手は全力で持って闘う。
起用する側は最大限の力を発揮できるように起用する。
昨日はどちらも出来ていませんでした。
チーム戦術どうこう以前の問題な気がします。

なぜ、思い出したかのごとく簡単に軽い試合をしてしまうのだろう・・・・・

20070604194921.jpg

ジェフリザーブズ2点目、来栖、石橋かわされ決められる。
-----------------------------------------------------------------
この日はいい天気でした。
前日まで関東は天気が良くなかったので、僕の日ごろ行いが・・・は前やりましたので割愛(笑)

20070604202321.jpg

スタジアム入り口入ったところ。

20070604202513.jpg

この日はジェフサテライトとダブルヘッダーだったのでお客さんの入りが去年の秋津より良かったです。

メンバー表

20070604203917.jpg


   矢野  伊藤

     秋田
原賀        高橋
   西村  篠川   

 酒匂  浮氣  石橋

     来栖

久しぶりに、矢野がスタメン。伊藤と2トップ。
この辺で、あれ?と思うのはやはり矢野と伊藤両方並べて機能するのか?
と言った所。矢野を使うなら中山・宮田辺りがパートナーであった方が良かったと思われるが・・・
試合が始まると、さらに斜め上の想定外の展開だった。

20070604204414.jpg



前半立ち上がりは刈谷ペース。
ジェフのプレッシャーがあまりなく中盤でパスを回して裏へ走って相手を攻めるもしくはサイドへ展開してサイドからクロスで中央へ攻める。

20070604204817.jpg

原賀がグラウンドでセンタリングするも矢野間に合わず。

20070604204942.jpg

伊藤競り合う。

20070604210502.jpg

高橋、前半は何度かいいクロスを供給。後半は目立てず。もっと動けるはず。

20070604205402.jpg


20070604205409.jpg

秋田裏へ抜けシュートもGKにはじかれる。

20070604205416.jpg

そのこぼれ球を矢野シュートにくるもDFにはじかれ、そのこぼれ球を再度シュートに行くもGKにとめられる。


序盤は良かったものの、試合が進むにつれて刈谷がだんだん押され始める。
前節岐阜戦もそうだったが、今節でもディフェンスのしかけが遅い。
センターライン来るまでは追わず、その後自陣にボールが入ってから追い始める、そして中盤でのプレッシャーも弱く、相手楽にパス回しをさせ、大きくサイドチェンジされ、空いているサイドを突かれ出す。
そして試合はジェフペースに。

20070604205801.jpg


20070604210606.jpg

自陣で守ることが増え始める。

試合は前半41分
ジェフが先制する。
中央20番から2番へあっさりパスを通され、2番がフリーでミドルシュート。見事ゴール隅へ決められる。
20070604210917.jpg

20070604210928.jpg

20070604210935.jpg

シュートは見事なものでした。

こうして前半は1-0で終了する。


後半開始、刈谷は伊藤と矢野を下げ平林と中山を投入。
裏を突くボールと平林の個人技に期待する。
しかし、流れはジェフに行ったままで、こちらにほとんど来ることは無かった。
前半の立ち上がりのゆるいプレッシャーは無く、相手に中盤でつぶされ何度もゴール間へまで攻め立てられる。
たまに相手陣までカウンターで行くも、中盤のパスの出し手と前の受ける選手が合わず、決定的なシーンを作れずに相手に渡してしまう。

20070604211742.jpg

後半は2桁のシュートを浴びた。

20070604211749.jpg

中盤でボールを奪われる。

20070604212537.jpg

20070604212545.jpg

中山の抜け出しを体を張ってとめに来た。

そうこうしている内に、後半12分に追加点を奪われ2-0となる。
そして後半15分に高橋→宮田と交代する。
この日ここまでは中盤秋田、篠川などはあまり活躍の場が無く高橋がサイドで攻撃の基点となっていた為、この辺から見ていて勝利が全く見えなくなってきた。

20070604221524.jpg

必死のディフェンス。

20070604221532.jpg

ゴール前空中戦。

20070604221634.jpg

大きな声で指示を出す浮氣。

20070604213206.jpg

CKからたまにチャンスも来たが、これは外れてしまう。

20070604221759.jpg

アップダウンを激しく行い、最後の方はバテてしまった原賀。

20070604221841.jpg

ディフェンスに周りボールを追う宮田。

20070604221953.jpg

宮田このシュートは強く打てずGKに止められる。

20070604222114.jpg

結局、そのまま2-0で敗戦となった。

20070604222227.jpg


公式記録
20070604222300.jpg



前半の矢野・伊藤のコンビに裏へのボールを多用したり、後半その2人をそっくり入れ替えた後中山に足元へボール送っても仕方ない。
中盤から裏へパス出しても前が反応できていなかったりもした。
このような中盤の意図と前線の意図があってないパスが多く見られた。
また、後半試合が進むにつれてかなりの選手が試合を諦めているかのような動きしか見えなかった。
昨日ほど声出しても届いてないな・・・って思わされた試合は無かった。
起用も疑問があれば、選手の奮起も無い。これでは勝てる要素は薄い。
試合後バスに乗り込む選手に気落ちを見せる選手は少なかった。
上へ行きたいという選手の気持ちとは裏腹に試合に対する気持ちと結果を出しきれて居ないのが現状。

関東には刈谷を応援に来てくれる人も多い。昨日も関東在住の方が何人も応援に来てくれて声や手を叩いて応援してくれた。
そういう人たちのためにも、どんな試合でも最後まで闘う姿勢を見せて欲しかった。
次に繋がるものを見せられないのならばやらない方がいい。
上へ上がるのならばよりそういう面を回りから要求される。
昨日の試合はチームも選手個人も楽観視できる状況ではないということを突きつけられてしまった気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク