すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

2007 JFL前期第13節 vs FC岐阜 (AWAY 中津川公園競技場)

FC岐阜1-0 FC刈谷


負けました。
今日は良く闘いましたが、点の取れる決定機に点を取れなかったのが痛かったと思います。
岐阜は緑のユニフォームになってから、個人技偏重のきらいがあったのですが、今日のゲームはこちらのよさを消してきて消耗戦に持ち込みチームとしての戦いの上手さを見せてきました。
ただ、後ろからのタックルとか危険なプレーは相変わらずでしたが・・・

20070527215239.jpg

前半、秋田のヘディングシュート。惜しくも枠をそれる。
----------------------------------------------------------------
20070527225652.jpg

開始前、雲はあるものの日差しは厳しくなかなか暑い日でした。

スタメンは
    中山  伊藤

      秋田
 原賀        高橋
    西原  篠川

  酒匂  浮氣  石橋

      来栖

サブ:GK盛田、DF西村、小林、MF日下、社本、FW:宮田、平林

今シーズン初!?のベンチ7人でした。
気合が入っていると見ていいでしょう。

20070527230408.jpg

ホイッスルする前。
今日はピッチが逆スタートでした。


この日は前半、岐阜がボールを支配。中盤でボールを持って大きくサイドチェンジを繰り返すことで、FC刈谷のディフェンスを揺さぶってくる。
FC刈谷の選手がサイドチェンジによってスペースをつかれ走らされ消耗していく、またFC刈谷の側も、前半は岐阜の試合運びを研究していたのか、あまり前へつっかけてプレッシャーをかけることなくセンターサークルあたりから守り始める。
共に消耗度の激しいサッカーが展開された。

前半5分すぎ、それまで防戦が多かった刈谷、ロングボールで相手のDFの裏を突き中山が仕掛けゴール前でFKを貰う。
20070527235624.jpg

20070527235633.jpg

このあと倒される。小峰は黄色1枚目。この日中山の仕掛けに小峰はついていけていなかった。
スピードで揺さぶられると岐阜DFはもろさを見せた。
中山の足の状態が万全であったらもっと違った展開だったかも。


前半15分くらいに片桐の突破から、来栖がかわされ一瞬ピンチになるも石橋がスライディングでカバー。見事とめる。
20070528000534.jpg

20070528000627.jpg

20070528000544.jpg

この日の片桐は他にも突破からFKのチャンスを掴んでいた。
ボールを持たせたらやはり恐い。

20070528001023.jpg

FC刈谷はこんなチャンスもありましたが、残念ながら得点ならず。

また、前半最後の方左からのクロスボール篠川がゴール前触るも・・・
20070529001302.jpg

20070529001310.jpg

わずか、枠をはずれポストに・・・

20070528001559.jpg

前半は通じて岐阜が長短のパスとグランドを広く使った展開にふらされる感じだった。長い距離を走ることが多いとやはり守る方が攻める方より消耗してくるので元J組が多くフィジカルの強い選手の多い岐阜の方が後半有利に展開するとみえた。それだけに嫌な攻撃だった。
こうした展開でゴール近くまで進攻してくるまでは良かった。
しかし、その後のフィニッシュがやっぱり強引な個人プレー頼みが苦しいところ。
クロスの精度も今一歩。
ただ、この辺を岐阜が狙ってやったのならば、最近の1-0のスコア連発と言うのはある程度納得がいった。

20070528002113.jpg

高橋良太、今日はサイドからの攻撃にキレがあった。
高橋だけではないが全体的にアーリークロスが多かったような感じ。
ただ、前半は前に行くのを抑えていた感があったので中とあってなかった。

前半は消耗戦の末0-0で折り返した。


後半開始
両チームとも選手変更はなく始まる。
この試合も岐阜の選手は危ないタックルとか結構見せてくれました。
練習試合の時も、無意味に後ろからタックルとかかましてくれていたので、あの時はあまり行かないよう指示が出ていたとか。
負けられないのはわかりますけど、無茶なプレーで退場者が多く出るのは避けられないところか?
ケガだけはして欲しくないところです。

まぁ写真をいくつか。
20070529001738.jpg

岐阜の選手の後ろからのチャージシーン。良く見るとスパイクの裏を見せて行っている。危ないんですけどノーファール・・・

20070529011932.jpg


20070529002359.jpg

間に合わないのに片桐足を出して来栖を引っ掛ける。
これカードで無いんですか?

試合の方は岐阜が先に動き後半12分くらいに小島投入される。
後半に入ってから刈谷のディフェンスが危ない位置で相手を捉まえきれなくなってくる。

20070529004635.jpg


失点シーンはカウンターからサイド深く切り込んだ28番佐藤からのパスを後ろから来た小島がエリア内フリーでシュート。
先手を取られる。
この先制点の前にも刈谷陣で速攻を浴び捉まえられなかったことがあったので、2列目からの飛び出しにつききれなかったのが敗因。

20070529003344.jpg

20070529003352.jpg

20070529003359.jpg

後半15分このシュートが見事に決まる。

この9分後に小峰が遅延行為で2枚目の黄色を貰い退場。
2枚目の黄色はボールが空中に有る時点で笛が吹かれてるのにその笛が終わったあとボールが小峰のところに来てそのボールを大きく蹴ってしまったことが原因。本人100%悪いから仕方が無い。

20070529004912.jpg

笛が吹かれ審判がよっていく。「エー!?」って言う小峰の顔

20070529004650.jpg

赤紙が出る。

この後、岐阜はFW和多田を下げ、DFを投入して逃げ切りを図ってくる。
しかしこの試合、岐阜DFの一番の穴は小峰であった。
中山のスピードについていけず、決定的に振り切られるシーンもあった。中山は64分に交代したものの変わりにもう一人のスピードスター宮田が入っていた。
小峰が退場し、FWを下げDFを入れることで目的がはっきりし、自陣に引きこもってきたため逆に刈谷は攻めるのに苦労しだす。
決定的なシーンが作れなくなっていった。
岐阜も攻撃はカウンター1本に絞ってきた。

20070529005637.jpg

片桐の単独ドリブルにつく原賀。

20070529010048.jpg


20070529010055.jpg

走る宮田と小峰の換わりに入った3番菊池。ここはクリアーされる。
小峰だったら・・・

20070529010102.jpg

DFの山。かなりラインを下げて守りに来た。

20070529010753.jpg

競る平林。

20070529010800.jpg

なんどかCKはあったが・・・

20070529011043.jpg

結局1点を取り返せないまま試合終了。
敗れてしまいました。

20070529011051.jpg

試合終了後のあいさつ。残念そうな礼でした。


20070529011341.jpg

公式記録。シュート本数は8対8互角。
決定機はこちらの方が多かったと思われる。
ただ、岐阜は2列目からの飛び出してのシュートは小島の得点のシュートのみ。
後はFWしか打っていない。
地域決勝の時もこんな感じでFWしかシュートが無かった試合があった。
相手の2列目、3列目の飛び出しに対しての警戒が薄かったかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク