すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東海リーグ第8節 FC岐阜SECOND vs FC刈谷(AWAY 浅中公園陸上競技場 岐阜県)

FC岐阜SECOND 2-3(1-0、1-3)FC刈谷
得点者:大石×2(後半16分、後半36分)、中山(後半28分)


転機・・・つかんだか!?


劇的な逆転ゲーム。
2点を失いながらも、大石が複数のDFをものともしないドリブルシュートを決めてから形勢が逆転。
押せ押せで3点を奪い取った。
この日は、前半立ち上がりから各々のやることをきっちり固めてやっていて、久々に流れのよい前半を見た。
流れが良いながらもなかなか点を奪えなかった前半だったため、徐々に相手に流れが。
前半39分の失点はオフサイドを見逃されて失点した。
後半になっても、相手に流れはいったまま、追加点を奪われこの日も・・・と思われたが、大石のゴールをきっかけに守りたい岐阜の焦りと運動量の低下をついて中山がどんどん裏へ。
チャンスを作り出して後半28分、36分に得点を挙げて逃げ切った。
4-3-3のフォーメーションと中盤の高橋を中心とした酒井、庄司との連携・距離感もよく中盤が機能したことと、両サイドの征矢、小林からのフィードもパターンの一つに組み込める戦術は期待が持てる。
ようやく転機が見えてきた・・・次週の全社東海予選が今年の最初の山場。
ここで、全社の切符を勝ちとり上へあがるチャンスをなんとか物にしたいところ。

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND1
FC刈谷3点目、後半36分中山の右サイドからのクロスに大石がボレーで岐阜ゴールにたたきこむ。

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND2
GK1歩も動けず。

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND3
大石が両手をかかげ喜ぶ

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND4
FC刈谷1点目、大石がDFを背負いながらドリブルで強引にシュートを放つ。

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND6
FWで出場、大石。1点目の局面打開と3点目をきっちり決め勝利に大貢献。これでチームとして流れをつかみたい。

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND5
FWで出場中山。スピードのあるスペースへの走りこみと2点目の裏へぬけての1対1で中山の良さが出た。
もっと積極的にいってもいいところもあったが・・・これもいつも通り(笑)

2011東海リーグ第8節 vsFC岐阜SECOND7
全員で万歳

公式記録vsFC岐阜セカンド2
公式記録



スポンサーサイト

2011東海リーグ第7節 shizuoka.藤枝MYFC vs FC刈谷(AWAY  静岡県)

shizuoka.藤枝MYFC 4-2(2-0、2-2)FC刈谷
得点者:大石(後半22分)、北川(後半45+3分)



繰り返される前半



この日は雨が降ったりやんだりの中試合が行われた。
DFラインがほとんど急造でGKも初出場の櫻井、立ち上がりの悪さと相まって簡単に相手に裏を取られまくって、失点シーンはDFがつききれずにフリーで打たせまくり失点を重ねた。
相手はラインをあまり上げずに刈谷側のDFの裏をつくるようにしていたのと、刈谷の最終ラインorボランチでボールを持った時に前線から厳しくプレッシャーをかけ、奪うと同時に3人ぐらいでカウンター。
連敗中何度も相手にやられたことをこの日もやらせてしまった。
後半に入り刈谷が前線からプレッシャーをかけていくとようやく流れをつかむ。
前半相手にやられた事を逆にやり返したような形で相手を攻め込む。
そうした中1点を取り返して前がかりになった所を、相手に裏を取られ3点目を失う悪循環。
終了間際に1点を取り返すもこの日も大量失点で敗れてしまった。

2011東海リーグ第7節 vs藤枝MYFC1
後半22分大石がCKからヘッドで叩きこむ。

2011東海リーグ第7節 vs藤枝MYFC2
1点差に追いすがるも、わずか5分後に失点、後半36分にも失点した。

2011東海リーグ第7節 vs藤枝MYFC3
後半45+3分、北川のシュートが決まる。

2011東海リーグ第7節 vs藤枝MYFC15

公式記録vs藤枝MYFC
公式記録
続きを読む

2011東海リーグ第6節 FC鈴鹿ランポーレ vs FC刈谷(AWAY 石垣池公園陸上競技場 三重県)

FC鈴鹿ランポーレ 5-2(3-0、2-2)FC刈谷
得点者:大石×2(後半16分、後半45分)



迷走、狙いはどこに?



完全にチームが迷っている。選手個々の闘う姿勢にも問題はある。
ただ、毎試合のごとくスタメンやフォーメーションが変わるのもどうしたことか。
この試合スタメンがわかった時点で、前に北野、鈴木、中山の3トップ。
DFに小林や斉藤。前線にスピード豊かな選手、後ろにフィードの得意な選手。
前を走らせるサッカーを展開するかと思っていた。
実際蓋を開けてみると、トップにパスを当ててパスをつなぐ展開していくサッカーをやりだした・・・
このサッカーを4-3-3で行うならくさびになれる大石は必須と感じた。
鈴木もよくはやっていたものの、くさびのプレーをさせるに大石には及ばない。
また、中央3枚が遠く、高橋が孤立。ボールを持った時点で相手に囲まれ苦しい突破をしいられる。
なぜかサイドバックの酒井がフォローにいくと裏を取られ数的不利をつくる。
また、前線の中山とも距離があり効果的な攻撃参加が作れない。
中盤の福谷は3トップのウィングのような動きで外に前に行き過ぎ、中盤にスペースを相手に与えて高橋、庄司が2人で守っている感じになりいいように相手にスペースを使われた。
正直修正する前に簡単に先制点を許すと、前半のうちに次々と追加され前半で勝負がほぼついた。
後半盛り返すも時遅く、審判のジャッジもおかしな所はあったが、それを言い訳に出来ないくらいの完敗ゲームになってしまった。
この段階でリーグ優勝どうのとは言わない。ただ、上にいけるチャンスのある全社大会に向けてチームを作り上げなければならないところで、試行錯誤が過ぎると、正直この先苦しく感じる。
何か一つに絞ってチームがまとまらないと、全社東海予選も敗退必須・・・

2011東海リーグ第6節 vsFC鈴鹿ランポーレ1
後半16分、後半から出場した大石が相手GKをかわしてシュートを決める。
この日くさびになってボールを上手くためて展開してチャンスを作ったり、最後のフィニッシュの場面でシュートをきっちり決めるなど出場した選手の中で唯一良かった。

2011東海リーグ第6節 vsFC鈴鹿ランポーレ2
FC鈴鹿2点目CKから競ったDFに当たって入ってしまう。この失点は致し方ない所もあるが、ほとんどの失点が完全フリーにしてやられている。

2011東海リーグ第6節 vsFC鈴鹿ランポーレ 3
中盤で出場、高橋。相手をなんとか振り切ろうと奮闘するも・・・

2011東海リーグ第6節 vsFC鈴鹿ランポーレ4
この日中盤で出場、庄司。正直酒井と場所が変わっていた方が良かったのでは・・・

2011東海リーグ第6節 vsFC鈴鹿ランポーレ5
最後、スタンド前で挨拶する選手たち。

2011東海リーグ第5節 FC刈谷 vs マルヤス工業(HOME ウェーブスタジアム刈谷 愛知県)

FC刈谷 0-4(0-2、0-2)マルヤス工業



完敗・・・全社へ全力を尽くすべき・・・


前半から確実に加点され試合が終わってみれば4失点。
守備の要西原を欠き連携不足の面を見せ簡単に突かれまくった。
また、攻撃でもいいところなく、得点源の大石を複数人でつぶされるとほとんどチャンスを作ることがなかった。
後半、高橋、北野らが入った直後10分ぐらいは何度かカウンターで相手ゴールへ迫ったが、そこで点を取ることが出来ずに、逆に追加点を加点され大敗につながった。
リーグ戦を捨てろとまでは言わないが、JFL復帰を本気で目指すならリーグ戦を使い全社を全力で勝ち切れるようにチームを作り上げた方がいいと感じる。
この時点でいまだに選手があれこれ変わるようでは厳しい・・・

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業1
後半から出場の北野、カウンターから惜しい所まではいったが・・・

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業3
後半立ち上がり、北野が相手GKと1対1をとめられるもこぼれ球にいち早く動いてシュートをするも外れる。

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業2
ボランチで出場高橋。怪我からあけて復帰戦。彼がフル出場で働けるようになればチームも上向くはず。

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業5
FWで出場大石。マルヤスはキーマンには確実につぶしに来ていた。ほとんどいいところを作ることが出来ず。

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業4
後半シュートを打つも止められる。

2011東海リーグ第5節 vsマルヤス工業6
試合後の挨拶

公式記録vsマルヤス工業
公式記録

2011東海リーグ第4節 トヨタ蹴球団 vs FC刈谷(AWAY トヨタSCサッカー場 愛知県)

トヨタ蹴球団 0-2(0-1、0-1)FC刈谷
得点者:鈴木(前半12分)、大石(後半42分)


雨の日のプラン通りに。


大雨の人工芝の中、きちんとやるべきことをやって勝ち切ったゲーム。
セオリーとしては
・先制点
・自陣ではセーフティ
・ボールを取ったら前へ出せ
この辺をきちんと守って、相手のDFの裏へ裏へでチャンスをつかみ、相手のクリアボールを刈谷が何度も拾って2次攻撃につなぐことが出来ていた。
後半危ないシーンもあるにはあったが、刈谷時間(笑)の後半42分にダメ押しして勝利を挙げることが出来た。

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団1
後半42分、相手GKのクリアボールを那須が拾い那須→鈴木→大石と渡り、大石がGKの頭越しにループシュートを決める。

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団2

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団3
今シーズン初得点に喜ぶ大石。

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団19
加藤監督とも抱き合う大石

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団16
FWで出場、新加入の鈴木翔悟。1ゴール1アシストの活躍。球際に顔を出す得点感覚が頼もしい。

2011東海リーグ第4節 vsトヨタ蹴球団20
試合後万歳する選手たち

公式記録
公式記録
続きを読む
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。