すすめ!かりサポ遠征隊

FC刈谷を応援するいちサポのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010東海社会人リーグ第8節 浜松大学FC vs FC刈谷(AWAY とこは浜松グリーンフィールド 静岡県)※更新しました

浜松大学FC 1-5(0-0、1-5)FC刈谷
得点者:日下×2(後半3分、33分)、大石×2(後半27分、ロスタイム3分)、征矢(後半38分)


久々の快勝


後半に一気5点を挙げて勝利した。
人工芝のグランドに雨で完全にスリッピーなグラウンドの中、
前半は相手の裏をついて攻める姿勢を見せたが、攻撃のフォローが遅く相手を決定的に脅かす所までいかなかった。
相手のDFもよく統率がとれていて、オフサイドにひっかかりまくった。
後半、中山を入れてかきまわす勝負に出た所、完全に策がはまる。
相手DFは中山のスピードについていけず、ファールで止めるシーンが連発。
その都度、良い位置でFKをもらい、そのFKを生かして点を取る。
FKばかりでなくCKからも点を挙げまくり、最終的に5点のうち4点がセットプレーからとった。
日下のFKもさえわたりまくったが、この日は後半から入って流れを呼び込んだ中山がMVPと言っていい活躍を見せてくれた。
前節にSHIZUOKAに競り勝ち、今回大勝したことでチーム状態が上向いていることが見てとれる。
来週は全社出場がかかる大切な試合が土日連戦で行われる。
勝ち切って、東海地区代表の座を奪い取りたい。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC1
FWで出場中山。この日は中山がボールを持ってDFと1対1勝負になるとほとんど相手はファールで倒していた。完全にやりたい放題になっていた。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC2
後半3分先制点、中山が倒されFKを得てそのFKを直接ゴールへ叩きこむ日下。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC3
ゴール右隅に入って、ボールが中で動いた。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC4
サポーターに手を挙げる日下と小林。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC5
FC刈谷2点目、右CKからドンピシャで合わせてヘディングシュートする大石。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC7

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC6
サポーターに手を挙げる大石。手を挙げるのがはやっているらしい(笑)

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC8
最後全員で万歳。

2010東海社会人リーグ第8節 vs浜松大学FC9
アマラオが最後サポーターに腕を上げて喜ぶ。

公式記録?
公式記録・・・つっこみどころ満載です。
欄外に書かれた警告とか、後半2点挙げた大石の後半シュート数とか、今節のところとか・・・
続きを読む
スポンサーサイト

今日のスロベニアさん

……負けました。
早くもワールドカップが終わってしまった。
監督の選手交代が悪すぎる。
ただ同じポジションの選手を入れ替えてるだけに見える。
厚くするべき所と、リスクを負うべき所の見極めができてないというか…
出足は良かったのに、先手取られてから動くまでがかなり遅かった。
ノバコビッチも低調で結局1点も取れなかったしなあ・・・虚しい。。。


あとNHK公共放送だというのに放送が偏りすぎ。
スロベニアを応援している側からして実況を聞いててかなり腹たった。
続きを読む

2010東海社会人リーグ第7節 FC刈谷 vs SHIZUOKA.藤枝MYFC(HOME ウェーブスタジアム刈谷 愛知県)

FC刈谷 2-1(1-0、1-1)SHIZUOKA.藤枝MYFC
得点者:熊田(前半29分)、OG(後半45+2分)


劇的に勝ち越し!


首位SHIZUOKAに劇的に勝ち越し。
後半ロスタイムにFKから相手選手がOGで2点目を挙げて逃げ切り。
酒井をアンカーに入れ、やや守備的に守って戦いながらもカウンターで相手を脅かし先制点を取っていい流れで試合を進めた。
後半に入ってからシュートが減りより防戦になり、後半44分追いつかれた。
ただ、この日の刈谷は最後の最後で勝ち越す勢いがあった。
首位との勝ち点差はこれで2点。自力での優勝の目が残りまだまだ希望が持てる試合だった。


2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC0
GK河合。初スタメンでナイスセーブをいくつも見せた。

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC1
後半ロスタイム日下のFKからボールが絶妙な所へ入り、相手9番が自陣ゴールにヘディング。

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC2

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC3
ゴールの隅に決まりOGとなる。

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC4
勝ち越しを決め喜ぶ選手たち。

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC5
試合後万歳をする選手たち。

2010東海社会人リーグ第7節 vsSHIZUOKA.藤枝MYFC6
マイクアピールする河合

公式記録
公式記録

今日のスロベニアさん

アメリカと2-2のドローでした。
惜しかったですね、ビルサのバイタルエリアからの見事なミドルシュートやリュビヤンキッチのすばらしい飛び出しで2点先制した時は勝てると思ったんですが・・・
後半運動量が落ちて中盤を支配されだすと防戦になってしまいました。
アメリカの2点目は飛び出してきた選手をボランチのコレンが捕まえ切れなかったのが残念。
後半運動量が全体的に落ちた所ででコマッチを投入してボランチを厚くするのも手だったとは思うんですが。
まぁイングランドも0-0でドローだったようなのでまだまだグループ1位かつ、次引き分けでも16強へいけるやや有利な状況。
それでも引き分けで良しと思わずスロベニアには勝利を狙ってほしいですね。

今日のスロベニアさん

1-0で勝ちましたね!
アルジェリア相手とはいえW杯初勝利!!
スロベニアサポとしてはうれしい限りです。
選手がガチガチに固くなって昨日の刈谷のように選手の動きが無くてはらはらしましたが
コレンが決めてくれてよかった。
ワンバウンドしてからの球足がやたら早かったような気がします。
これで固さも取れてグループリーグ突破してくれると嬉しいです。

2010東海社会人リーグ第6節 藤枝市役所 vs FC刈谷 (AWAY 藤枝市民グラウンド 静岡県)

藤枝市役所 1-0(0-0、1-0)FC刈谷


無策・・・完敗。


刈谷はいいところなく完敗。
確かに前半の藤枝市役所は自陣に来た刈谷の選手に対して厳しく寄せてきていた。
しかし、このカテゴリーの場合どうしたって相手が守りを固めてくるのは予想が付いたこと。
それに対応しきれず、動いてボールを受けに行く選手が少ない。
ビルドアップする時点で出すところに困ってロングボール放り込みでは簡単に対処される。
後半動きが落ちてくると思われた藤枝市役所にFKからあっさり先制を許すとなすすべなく完敗。
選手交代カードを早め早めに切ってはいたが、効果的なものが少なく劣勢を挽回するまでにはいたらなかった。

2010東海社会人リーグ第6節 vs藤枝市役所1
MFで出場した篠川、中盤中央でボールを受けに動いていた数少ない選手。
交代した後、前線と最終ラインの間が開き中盤がスカスカになっていた。

2010東海社会人リーグ第6節 vs藤枝市役所2
後半17分セットプレーからオウンゴールで失点を許す。

2010東海社会人リーグ第6節 vs藤枝市役所3
最後挨拶に来た選手達。

公式記録
公式記録

2010東海社会人リーグ第5節 FC刈谷 vs 中京大学FC(HOME ウェーブスタジアム刈谷 愛知県)※更新しました

FC刈谷 2-1(1-0、1-1)中京大学FC
得点者:日下(前半43分)、原賀(後半44分)


土壇場で勝ち越し!


後半ロスタイムにようやくFKからニアの原賀がヘディングシュートで決勝点。
なんとか勝利を収めた。
前半は左サイドを中心に攻め込み、日下が中央ミドルシュートで先制。
後半に入り立ち上がり同点に追いつかれたものの、最後は勝ち越した。
前半からショートカウンターを中心にパスをつないで攻めていて、日下や熊田が豊富な運動量でボールにからんでいた。西原がアンカーでいるうちはボランチの位置でボールを取れていたが、ケガで退場するとだんだんボールを奪う位置が下がりだす。
後半に入ってからもその傾向は変わらず、カウンターの際に走る距離が延びてなかなか最後までいかない。
ロングボールなどを使って攻める時間帯もあったが不発。
押し込んでいる割にあまりいい展開ではなかったが、最後の最後で勝ち点3を取れたのが大きい。
まだまだ東海リーグの厳しい戦いが続く。

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC1
後半44分日下の左FKから

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC2
原賀がニアでヘディングシュート

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC3

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC4

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC5
ボールがバウンドして逆サイドのゴールへ吸い込まれる

2010東海社会人リーグ第5節 vs中京大学FC6
最後全員で万歳

公式記録
公式記録

続きを読む

第4節の公式記録です

第4節マルヤス工業vsFC刈谷の公式記録を頂きましたので載せます。

公式記録vsマルヤスA
プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
karisapo@excite.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。