FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
北海道ですか・・・orz
また今年も遠いですね・・・

地域CL2018組み合わせ
スポンサーサイト
今日抽選ですね
先週行われた、全国社会人サッカー選手権で準優勝を勝ち取り
地域CLの挑戦権を得られたのはよかったと思います。
本日例年通りの抽選があり、たぶんまた一部のサッカーオタクの間で盛り上がりますね(笑)
会場は岐阜に行ければいいんですが、北海道となったらどうしたらいいのやら・・・
近場になることを祈ります。
2018年  東海社会人リーグ第14節 FC刈谷 vs 鈴鹿アンリミテッド(ホーム:ウェーブスタジアム刈谷)
FC刈谷 3-0(0-0、3-0)鈴鹿アンリミテッド
得点者:河野(後半13分)、中野(後半38分)、浜田(後半45+5分)


相手の迷いに乗じて快勝


試合は完全に刈谷が握った試合。
刈谷は前半から相手の攻めのキーマン前線の2人を楽にやらせることなく完全に抑え込んだ。
守備の連係がきっちり取れていたと思う。
鈴鹿は前の二人が抑え込まれると攻撃に迫力を欠き、決定機を作れない。
刈谷は前半をいい流れで終えると、後半早い段階で先制点を挙げた。そしてカウンターを含めた攻めを見せ相手をさらに押し込む。
鈴鹿は正直どっちつかずの戦術だった、特に失点してからは攻めて追いつきたいのか、守って最少失点で終えたいのか迷いが見えた。選手の迷いが守備にほころびを見せ、攻守の切り替えが遅れていた。
刈谷の方が絶対勝つという攻めの姿勢を最後まで捨てずに攻めきったことで得点差が開いたと思う。
刈谷はやれることをやったので、あとは最終戦で元刈谷の山下がスーパーセーブを連発してくれることを祈る(笑)

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-1
得点を挙げて喜ぶ中野

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-2
FC刈谷2点目、中野がゴール前押し込み得点を挙げる。

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-3

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-4
FC刈谷3点目、カウンターから坂本→浜田と渡り浜田は1対1をきっちり決めた。

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-10
最後全員で万歳。

2018東海リーグ第14節vs鈴鹿アンリミテッド-11
マイクアピールした中野

続きを読む

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2018年  東海社会人リーグ第13節 FC刈谷 vs Chukyo univ.FC(ホーム:ウェーブスタジアム刈谷)
FC刈谷 4-1(2-1、2-0)Chukyo univ.FC
得点者:水木(前半28分)、藤本(前半30分)、河野(後半20分)、西原(後半33分)


勝つには勝ったが・・・


残り1試合で1試合消化の少ない鈴鹿との勝ち点が並んだ状態で得失点差が開いてしまった。
かなり苦しい状況に追い込まれた。
地域リーグ特有の直接対決での結果が重くのしかかるパターンに見事はまったとも言える。
この日は先制されながらも、前半のうちに何とか逆転し後半突き放した事で良かったとは思うが、点を取り切れないシーンも多くもっと点をとっていてもおかしくなかった。
そういう意味では厳しい試合結果ともいえる。
残りの一試合では絶対勝利が目標となる。
勝って棚からぼた餅が落ちてくる事を祈る。

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-1

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-2
FC刈谷先制点、左サイド菅原からのパスに水木が中で合わせて先制。
スタジアム内の最初の得点者発表はなぜか中野翔太に。たぶん記録者の方が背番号6と8を見間違えたと思われる。
今後ユニフォームの背番号はわかりやすく見える書体にしましょう(笑)

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-3

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-4
FC刈谷4点目、西原がゴール前相手DFをかわしてシュートを放つ。

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-5
全員で万歳

2018東海リーグ第13節vsChukyo univFC-6
試合後の水木のマイクアピール
2018年  東海社会人リーグ第12節 FC.ISE-SHIMA vs FC刈谷(アウェイ:伊勢フットボールヴィレッジAピッチ)
FC.ISE-SHIMA 1-3(1-1、0-2)FC刈谷
得点者:OG(前半19分)、水木(後半19分)、河野(後半33分)


まずまずの出来で勝利


前半はあまり機能しなかったが、後半はボールが回りだし、チャンスを量産きっちり勝ち切る事が出来た。
惜しいチャンスがあと2回はあったので、それさえ決めきっていれば得失点の上でも良かったのだが。
前半はいつものメンバーで4-5-1の布陣だったが、形的には左サイドの酒井が高い位置に張り、浜田がインサイドハーフっぽく構えた3-6-1のようにも見えた。
ただ、浜田がバランスをとったか下がり過ぎて攻撃に転じた時にボールを拾えずチャンスが広がらなかった。
後半河野、萩野が入ったあたりできっちり4-5-1の形で流れをつかむ事が出来た。
真ん中に内田、水木、陽平がきっちり入るとボールが回り攻めが機能するところも見えたので、残りの2試合できっちり同じ形を作る事が出来たらチームとしてはいい方向に行くと思われる。

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-1
FC刈谷3点目、ごっつあんゴールを決め喜びサポーターのところに駆け寄る河野

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-2

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-3

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-4

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-5
セットプレーから酒井のヘッド、GKにはじかれるもこぼれた先に河野がプッシュして試合を決定づける。

2018東海リーグ第12節vsFCISE-SHIMA-16
試合後全員で万歳

公式記録2018東海リーグ第12節FCISE-SHIMAvsFC刈谷
公式記録

続きを読む

プロフィール

Mマスター

Author:Mマスター
ARB。(Aizma River Boys)会計事務所も兼ねてます(笑)

ご意見ご要望は
kariya_slovenia_denso@yahoo.co.jp
へお願いします。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク